佐世保工業高等専門学校 > カリキュラム・ポリシー

カリキュラム・ポリシー

カリキュラム・ポリシー

本科カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

■機械工学科

ディプロマ・ポリシーにおいて掲げた能力を育成するために,以下の科目群で教育課程を編成する。

1) 【一般科目】のカリキュラム・ポリシーに記載された,理数系の基礎・応用力,豊かな教養と人間性,国際性を育むための共通基礎科目
2) 機械工学の基礎・専門に関する講義科目:機械工作法,材料学,情報工学等の基礎専門科目や材料力学,機械力学,熱工学,流体工学,電気・電子工学,制御工学等の専門科目
3) 技術修得に関する科目:実践的な機械工学実験,機械工作実習,設計製図,ものづくり総合実習,創作実習などの実技科目
4) 課題解決能力育成科目:卒業研究や文献購読,機械工学特別演習,社会人基礎力育成セミナーなど,基礎・専門知識や技術を活用して自ら課題を探求し解決できる能力,自主性や協調性,等を総合的に育成するための科目

■電気電子工学科

ディプロマ・ポリシーにおいて掲げた能力を育成するために,以下の科目群で教育課程を編成する。

1) 【一般科目】のカリキュラム・ポリシーに記載された,理数系の基礎・応用力,豊かな教養と人間性,国際性を育むための共通基礎科目
2) 電気電子工学の基礎・専門に関する講義科目:電気回路や電気磁気学等の基礎専門科目や電気機器,電力工学,情報通信工学等の専門科目
3) 技術修得に関する科目:実践的な電気電子情報工学実験,知識活用型教育,電気電子製図演習,情報工学基礎演習などの実技科目
4) 課題解決能力育成科目:実技科目や卒業研究など,基礎・専門知識や技術を活用して自ら課題を探求し解決できる能力,自主性や協調性,等を総合的に育成するための科目

■電子制御工学科

ディプロマ・ポリシーにおいて掲げた能力を育成するために,以下の科目群で教育課程を編成する。

1) 【一般科目】のカリキュラム・ポリシーに記載された,理数系の基礎・応用力,豊かな教養と人間性,国際性を育むための共通基礎科目
2) 情報通信系,電気電子系,機械制御系の基礎・専門に関する講義科目:電気工学,電気・電子回路,ソフトウェア科学等の基礎専門科目や通信工学,制御工学,ロボット工学,画像工学等の専門科目
3) 技術修得に関する科目:実践的な情報・電気工学実験,情報処理,工作実習,製図などの実技科目
4) 課題解決能力育成科目:実技科目や卒業研究など,基礎・専門知識や技術を活用して自ら課題を探求し解決できる能力,自主性や協調性,等を総合的に育成するための科目

■物質工学科

ディプロマ・ポリシーにおいて掲げた能力を育成するために,以下の科目群で教育課程を編成する。

1) 【一般科目】のカリキュラム・ポリシーに記載された、理数系の基礎・応用力、豊かな教養と人間性,国際性を育むための共通基礎科目
2) 物質工学の基礎・専門に関する講義科目:分析化学,有機化学や無機化学および生物化学等の基礎専門科目や機器分析,有機・無機材料学や応用微生物学等の専門科目
3) 技術習得に関する科目:実践的な物質化学実験(分析化学実験,微生物学実験,有機・無機化学実験,物理化学実験,化学工学実験,化学機器実験),材料化学実験,生物化学実験などの実技科
4) 課題解決能力育成科目:実技科目や卒業研究など,基礎・専門知識や技術を活用して自ら課題を探求し解決できる能力、自主性や協調性、等を総合的に育成するための科目

■一般科目

心身ともに豊かな人間性と倫理観を養成するために,人文・社会・保健体育系科目を編成する。
確かな理論に裏付けられた実践力と創造性を養成するために,実験・実習の体験的学習を重視した理数系科目を編成する。
国際的に活躍できる技術者としてのコミュニケーション能力の向上を図り人間力を養成するために,国語・英語系科目を編成する。

上記のカリキュラム編成は,専門科目学習につながる基礎学力の定着と応用力の養成を目的として,専門科目との連携を図るものとする。


これらの科目群に係る単位修得の認定は主に定期試験によるものとするが,科目等によっては,レポート等の評価結果により認定する。授業科目の成績は,下記の【基準】により評価する。

【基準】
評価(点数) 基準(到達レベル)
A(80点-100点) 十分に満足できる到達レベル
B(70点-79点) 標準的な到達レベル
C(60点-69点) 単位取得可能な最低限の到達レベル
D(60点未満) 単位取得不可の到達レベル

 

 


専攻科カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

■複合工学専攻

ディプロマ・ポリシーにおいて掲げた能力を育成するために,高度科学技術の中核を担う専門職業人としての教養と専門基礎知識を有する技術者の養成を以下の内容で行う。

1) 理数系の基礎・応用力、豊かな教養と人間性,国際性を育むための数学(数理科学)や一般化学などの共通基礎科目および現代物理などの専門基礎科目
2) 地球的視点と技術者倫理に関する科目:日本語表現表、総合英語、応用コミュニケーションの語学教育により、国際的に通用するコミュニケーション能 力を養う科目.技術と哲学、環境論、国際関係論など、地球的視野で技術と社会の共生を追求しグローバルな視点をもつ技術者を育成する科目
3) 課題解決能力育成科目:技術者総合ゼミ、総合創造実験、総合創造演習など,4つの系の専門分野をコラボレートし、システム創成能力と複眼的な問題解決能力を養う複合科目.特別研究など,基礎・専門知識や技術を活用して自ら課題を探求し解決できる能力、自主性や協調性、等を総合的に育成するための科目
4) 各工学系および産業数理技術者育成プログラムの,基礎・専門に関する知識と技術を習得する専門科目

これらの科目群に係る単位修得の認定は主に定期試験によるものとするが,科目等によっては,レポート等の評価結果により認定する。授業科目の成績は,下記の【基準】により評価する。

【基準】
評価(点数) 基準(到達レベル)
A(80点-100点) 十分に満足できる到達レベル
B(70点-79点) 標準的な到達レベル
C(60点-69点) 単位取得可能な最低限の到達レベル
D(60点未満) 単位取得不可の到達レベル