情報公開・個人情報保護

認証評価

本校は平成25年度に大学評価・学位授与機構が実施した高等専門学校機関別認証評価において高等専門学校評価基準を満たしているとして認定証を交付されました。評価結果は以下のとおりです。

認証評価結果

佐世保工業高等専門学校は、高等専門学校設置基準をはじめ関係法令に適合し、大学評価・学位授与機構が定める高等専門学校評価基準を満たしている。

主な優れた点として、次のことが挙げられる。

 ○ 平成19 年度文部科学省「現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)」に採択された「PBLを柱としたキャリア教育システム構築」により、キャリアコーディネーターを配置するキャリア教育支援室を設置し、1年次から5年次のキャリア教育プログラムを策定して、各学科の専門分野に関するテーマについてグループに分かれて調査を行う2年次のグループワーク及び、職業に関するテーマについてグループに分かれて調査を行う3年次のプレジョブハンティング、また、1年次から4年次にかけてキャリアポートフォリオの導入、工場見学を含む段階的なインターンシップの計画的な実施等、キャリア教育の充実を図っていることは、特色ある取組である。
 ○ 専攻科課程1年次(各専攻共通)の「総合創造演習」では、異なる系の学生による班を編成し、競技課題に対して、視点や発想の異なる学生同士の討議を通して、発想の転換や新たな発想の創出を図り、マシン製作や制御プログラミングを行わせるなど、創造性を育む教育方法の工夫がなされている。
 ○ 就職について、準学士課程、専攻科課程ともに就職率(就職者数/就職希望者数)は極めて高く、就職先も製造業及びソフトウェア開発等のサービス産業等、当校が育成する技術者像にふさわしいものとなっている。進学についても、準学士課程、専攻科課程ともに進学率(進学者/進学希望者数)は極めて高く、進学先も学科、専攻の分野に関連した高等専門学校の専攻科や大学の理工系学部や研究科となっている。

主な改善を要する点として、次のことが挙げられる。

 

 ○ 自己点検・評価に関して、中期目標・中期計画に対する年度計画の実施状況をまとめ、自己点検・評価としているが、学校の活動の総合的な状況に対する効果的な自己点検・評価の実施については、評価項目・評価基準の設定には不十分な点があり、自己点検・評価報告書として公表されているものには、評価内容が十分には記載されていない。

選択的評価事項に係る評価結果

佐世保工業高等専門学校は、大学評価・学位授与機構が定める「選択的評価事項A 研究活動の状況」 において、目的の達成状況がおおむね良好である。

 

佐世保工業高等専門学校は、大学評価・学位授与機構が定める「選択的評価事項B 正規課程の学生以外に対する教育サービスの状況」において、目的の達成状況が良好である。
評価結果の詳細については下記をご覧下さい。
平成25年度実施 高等専門学校機関別認証評価 評価報告書

平成25年度実施 選択的評価事項に係る評価 評価報告書

□認定マーク
大学評価・学位授与機構の認証評価を受け、
認証評価基準を満たした大学等に対して
そのことを証する認定証を交付していますが、
そのことをよりわかりやすく社会に示すこと
のできるよう作成されたのが認定マークです。