サイト 佐世保高専新規 > 機械工学科 > 学科案内

学科案内

機械工学科の理念・目指すもの

 人間は社会生活をより快適にするために、多くの「物」を作ってきた。機械工学はこれらの物づくりのための設計・製作とこれらの製品の利用・管理を行う総合的な技術である。

 近年の機械システムの高機能化、知能化に備えて、また技術のグローバル化に対応して、種々の困難な問題に遭遇したとき、独創的発想で解決できる能力を養うため、応用数学、応用物理などの基礎科目、材料力学、機械力学、熱力学及び流体力学などの力学科目ならびに材料学、機械工作法、機械運動学、設計法、計測工学などの開発・設計・加工に関する機械工学本来の専門科目に加え、情報処理、制御工学、電気工学、電子工学、メカトロニクス、工業化学、生命工学など機械工学に関連する周辺の広い分野の科目を取り入れた教育を行っている。

 また知識教育に偏ることなく、設計製図、機械工作実習、機械工学実験などの実技教育を充実させ、豊かな人間性を育むための教養教育を尊重し、さらにクラブ活動を奨励し、人間社会と自然環境の調和を図りながら、真に人間に有用な物づくりとは何かということを、広い視野のもとに的確に判断し、高い理想と信念を持って実行できる心身共に健全でバランスの取れた国際性豊かな機械技術者を育成する。

 実践的能力を育成するため、機械設計技術者検定3級、危険物取扱者検定乙種、実用英語検定2級、工業英語検定2級、情報処理技術者検定2級などの資格が取得できるよう指導している。なお、機械技術に関する国家試験等の資格取得には多くの場合、実務経験を要求されるため、学生時代に取得できるものは極めて少ないが、社会に出て実務経験を積んだとき、容易に資格を取得できる学力が身につくよう教育している。

 

このページの先頭へ