佐世保工業高等専門学校 > 機械工学科 > 卒業生の声

投稿日:2018年06月05日(火)

卒業生の声 来たる水素エネルギー社会を支える新産業の拠点! ・水素エネルギー製品研究試験センター 鶴羽航大さん

来たる水素エネルギー社会を支える新産業の拠点!

鶴羽航大さん

(H23年度卒業,専攻科H25年度卒業)

皆さん、水素の力で走る「燃料電池自動車」のことを聞いたことがありますか?

これまでの自動車では、排出されるガスが地球の環境に悪い影響を与えるとされ問題となってきました。一方、燃料電池自動車とは、水素と空気中の酸素によって生み出された電気を使って走る自動車のことです。電気を生み出す際、燃料電池自動車からは有害なガスは出ず,水しか排出されないので、地球にやさしい自動車として、現在、研究開発が急速に進められており、佐世保高専の機械工学科でも水素関連の研究を進めています。

今回はそうした水素エネルギーに関係した企業で働く、佐世保高専の機械工学科出身の鶴羽(つるは)航大(こうだい)さんにお話しを伺います.

鶴羽さんは、佐世保高専において5年生から専攻科2年生までの3年間、機械工学科で水素エネルギーに関する勉強を重ね、九州大学と連携しながら最先端の研究をし、学会発表も行ってきました。「3年間の研究で得た水素の知識を活かした仕事をしたい」との想いで、H26年度に水素エネルギー製品研究試験センターHyTReCに入社。以来、現在にいたるまで水素社会実現に向けた重要な仕事をされてこられました。

前置きが長くなりましたが、それでは鶴羽さんにお話を伺ってみましょう!

企業から依頼された仕事をする鶴羽さん。

高圧水素ガスで使用予定の製品の実証試験中。

 

☆早速ですがHyTReCとはどのような仕事をするところですか?

現在、環境に優しい新エネルギーとして水素が注目されています。HyTReCでは、高圧水素ガス環境下での利用を目的に開発された、さまざまな製品の実証試験を行っています。

高圧水素ガスには金属の特性を低下させてしまう性質があります。こうした水素の性質に製品が耐えられるかなどを詳細に検査したり、耐えるためにはどうすればよいかなどを企業側に提案したりします。実証試験を行った製品の一部は実際に商品化され、燃料電池自動車や水素ガスステーション等で使用されています。

TOYOTA製の燃料電池フォークリフトを用いた実証試験。

 

☆“高圧”という言葉が出ましたが,高圧水素ガスというとどれくらいの圧力ですか?

燃料電池自動車には70 MPa(700気圧)のタンクが積まれます。これは私たちが生活している空気の圧力の700倍、深海でいうと7000 mの深さの水圧に相当します。

 

☆相当な圧力ですね!水素社会において水素を安全に使っていくために、鶴羽さんの仕事は非常に大事ですね!

☆同じような仕事をしている企業は日本において他にどこがありますか?

日本ではここだけではないでしょうか。世界においても私の働いているHyTRecとカナダだけです。

 

☆貴重なお仕事なんですね!それでは,HyTReCで、鶴羽さんはどのような仕事をされていますか?

私の業務内容は、お客様から依頼された試験を実際にオペレートすることです。企業とのやり取りが伴うので、状況に応じて柔軟で迅速な対応が求められる大変な業務ではありますが、入社当初から私は現場全体の管理を任せられています。

この仕事をしていてうれしいことは、最先端の製品開発という非常に貴重な経験をさせていただいていることです。現在は、実証試験の業務に加え、試験設備の運用および保安管理も一部任せていただいております。さらに、年間の設備メンテナンス計画や設備管理費用の試算等、技術的なことに留まらず、事務的な事柄にも取り組み始めています。

水素タンクに高圧水素ガスを充填している様子

 

☆入社から即戦力として幅広く活躍されてこられたのですね!

☆では、佐世保高専機械工学科で学んだことで、活かされている事は何がありますか?

機械工学科5年から専攻科卒業までの3年間、水素エネルギーに関する研究を行っていたので、学んだ知識をそのまま仕事として活かすことができました。また、佐世保高専の機械工学科は、「工学実験」や「工場実習」を通して、幅広い分野の専門的な知識や、実験器具および工作機械等の取り扱いを学べます。こうした環境で学べたことは、自分の大きな財産だと思います。

特に、私のような職場ではさまざまな業種の方々と関わることが多いため、知識としてはたとえ浅くても、“幅広く知っている”ということが大きな武器になることを日々実感しています。

安全管理に注意しながら高圧水素ガスを使った実証試験をスタッフと共に進める。

 

☆機械工学科で習ったことが幅広く仕事の役に立つということですね!

☆では、高専で習うこと以外に、“これを勉強するべきだ!”と思うことを、ズバリ後輩たちに教えてください。

とにかく英語を勉強しましょう(笑)。英語が話せて理解できるということは、今後どの業種で働くにしても重用されるところだと思うので、時間がある今だからこそ頑張ってほしいと思います。また、専門知識に関しては頭の隅に残る程度で、広く浅く学ぶといいと思います。手当たり次第広く学ぶことで、自分にあった分野が見つかり、就職先を選択するひとつの材料にもできるのではないかと思います。

 

☆機械工学科では国際化にも力を入れており、実際に米海軍基地内の小学校や高校の生徒,シンガポールや中国の方々,ネイティブの講師と会話をする授業も取り入れています(選択制)。英語がますます大事な時代ですからね!

機械工学科で力を入れている国際化の取り組み。

米海軍基地内の小学校Sasebo Elementary Schoolとの理科実験交流Science fair

シンガボールポリテクとの文化交流の取り組み(日本や佐世保について紹介するポスターセッション)

 

☆さて、この機械科のHPはたくさんの中学生が見てくれています。佐世保高専の機械工学科をアピールしてください

機械工学科では、さまざま分野の専門知識を学ぶことができ、かつ「工場実習」等を通して実際に機械を動かしながらものづくりを学べるすばらしい環境が整っています。特に、この“自分で実際に機械(自分の手足)を動かして製品を作る”という経験は、なかなかできることではないので、ぜひ体感していただきたいと思います。また、補習等がほぼ無いので、多くの時間を自由に使えることで、ゆとりを持って勉学や部活に励むことができるのもアピールポイントのひとつです。

 

『中学生の皆さん、何事にも前向きに一生懸命頑張ってください!』と鶴羽さん

 

☆その他、何かしら中学生に対しアドバイスがあればお願いします。

佐世保高専機械工学科のアピールでも少し触れましたが、多くの時間を自由に使える学生時代は、とても貴重な時期だと思います。実際に働き始めると、限られた時間の中で、日々の課題をこなしながら毎日を有意義なものにしていくことは、とても難しいことだと感じます。毎日が有意義であれば気持ちにゆとりができるし、その分物事に関する見方も変わり、より多くのことに気づける自分になれると思います。物事に対していろいろな見方ができるということは、勉学だけではなく日々の生活においても大事なことだと思うので、学生時代の今だからこそ、時間をうまく使うことを心がけて、何事にも前向きに一生懸命取り組んで行ってほしいと思います。

 

☆今日は貴重なお話をいただきありがとうございました!安全な水素社会のために、鶴羽さんの仕事の成功を祈っています。

HONDA社およびTOYOTA社の燃料電池自動車

 

投稿日:2018年04月24日(火)

卒業生の声 メカトロニクスの原点・安川電機 松田悠太さん

メカトロニクスの原点・安川電機

 松田悠太さん

(機械工学科 H25年度卒業,専攻科H27年度卒業)   

   佐世保高専の機械工学科を卒業した松田悠太さんを紹介します。松田さんは,卒業後,”メカトロニクス”の分野で有名な安川電機に就職され,ロボットの周辺機器の設計部署に配属されました。

現在,機械工学科は機械分野にとどまらず,電気工学,制御工学,情報工学を取り込み,ロボットなどを動かすときに必要な『メカトロニクス』を授業に取り入れております。佐世保高専・機械工学科のメカトロニクス授業を学べば,大学レベルを十分に超える知識を習得することができます。そのような機械工学科を卒業した松田さんにインタビューをしてみました。

 

☆安川電機ではどのように活躍してされていますか?         

入社してロボットの周辺機器の設計部署に配属されてから直ぐに、即戦力として設計業務をさせていただきました。入社2年目には、国際ロボット展という大きな展示会の出展担当者に抜擢していただき、企画から準備、当日の説明員までを一貫して任せていただきました。そして入社3年目となる今年度(平成30年度)からは、トヨタ自動車の生産技術部署に出向を命じられ、ユーザーがロボットをどのように使用しているのかを学ばせていただいています。

 

☆佐世保高専機械工学科で学んだことで活かされている事は何かありますか? 

高専の各学科の中でも機械工学科は、他の学科に比べて様々な分野の専門的知識を広く学ぶことができるため、会社での様々な仕事に対応できています。また、工場実習等で培われた“現場力”は、設計や現場作業に活きていると強く実感しています。また、私は機械工学科5年から専攻科2年の3年間,水素エネルギーについての研究を行ってきましたが、専門的な知識はもちろん、仕事の目的に向かうプロセスを学ぶことができました。

☆現在佐世保高専で学んでいる後輩たちに“これを勉強するべきだ”と思うことはありますか? 

自分が得意な分野に関しては深く勉強し、そうでない分野に関しても浅くで良いのでしっかりと勉強に取り組むことが重要だと思います。深い知識は自分の強みになり、広い知識は仕事に対する視野の拡大に繋がります。

☆中学生に対し,佐世保高専の機械工学科のアピールをお願いします.

勉強面に関しては前述の通りです。勉強面以外では、“佐世保高専の機械工学科”はいつの時代も結束力が強いのが特徴です。恩師や同級生の存在は、卒業して社会人となった今でも心の支えや良い刺激になっています。

 

☆安川電機のアピールも含め,その他,アドバイスがあればお願いします.    

安川電機は若手にどんどんチャンスを与えてくれる会社です。会社は大きな組織ですが、その組織は一人ひとりの人間によって形成されています。人と人との繋がりは非常に大切なものだと、社会人になって改めて感じています。人との繋がりを大切にして、勉強も遊びも一生懸命頑張ってください。

☆どうもありがとうございました。松田さんも頑張ってください。

投稿日:2004年11月17日(水)

武村浩道 先輩

2004年11月26日に ”企業が求める人財について”のタイトルで専攻科生・4・5年生を前に貴重な講演をしていただきました。

講演の様子

 

ご経歴

1987年3月   機械工学科卒業(野球部OB)
1987年4月   長崎大学工学部機械工学科3年に編入学
1989年3月   同大学大学院工学研究科機械工学専攻
1991年4月   日本精工(株)材料技術研究所へ入社
2000年8月   自動車軸受技術部へ異動
2004年7月   ニードル軸受技術部・グループ マネージャー(課長)

 

先輩からのメッセージ

 人と人との触れ合いが、社会人として技術者として重要です。信頼は一日で築くことは出来ませんが、失うのは数分で十分です。

 技術者として、自分ひとりの力で、新発見や新製品の開発を行うことが  魅力的に写るかもしれませんが、周りの協力無しには実現不可能です。

 企業から求められる「人財」とは、視野が広く、常に自分の行動にフィードバックをかけることができ、共同で物事を進めることができるリーダーシップ力のある人であると考えます。

 数多くの佐世保高専OBが企業で望まれ、活躍しております。 後輩諸君の更なる飛躍を期待しております。 

 

インタビューにあたって

 在学中は野球部に在籍し、ファストで4番、「野球ばっかしやってました」と語る先輩。思い出は新聞に自分の背番号3がでっかく写て、チームメートに羨ましがれたことだそうです。

投稿日:2001年12月11日(火)

北口功幸 先輩

執務室で撮影

 

ご経歴

1986年3月 機械工学科卒業(第20回)

1996年10月 有限会社亀山電機 創設(本社 長崎)

 

先輩からのメッセージ

 私は司馬遼太郎の”竜馬がゆく”を何度も読んで ”30歳での独立”を夢み、平成8年に一人で会社を創設しました。皆さんの中で夢を持っていない方がいれば、色々な本を読んで”自分の夢”を探すのも一つの手と思います。

  これからの社会人は”経済の知識”、”パソコンの知識”、”英語力”、”専門の知識”が不可欠です。

 皆さんが”夢”を持って、”夢”を実現するための”努力(プロセス)”を考え、毎日を流される事なく”努力”を続け、自分の”夢” に近づく事を期待しています。

 

インタビューにあたって  

 在学時は持ち前のリーダシップで、学生会長として学生会をぐいぐいと引っ張り、現在は地元長崎で自分の夢 “竜馬のごとく”の実現に邁進中の北口先輩です。

 平成8年に創設した会社は、17年現在株式会社となりスタッフ50名。事業内容は、制御系の設計製作・ソフトウエア開発・HP製作・Web開発など。
 
 全社員の技術向上を目標に初級シスアド・TOEICの受験・通信講座・セミナーを利用しての専門知識の習得に積極的に取り組んでおられます。

風頭公園にて撮影 (平成17年4月)

投稿日:2001年12月04日(火)

森山利隆 先輩

コックピット内で撮影

 

ご経歴

1967年 機械工学科卒業(第2回)

1970年 YS11型機 機長    

1976年 YS11型機 機長        

1981年 ボーイング727型機 機長

1987年 ボーイング767型機 機長

1989年 ボーイング747-400(テクノジャンボ)機長

1994年 ボーイング777(トリプルセブン)乗員部部長

 

先輩からのメッセージ

 高専は各科目がびっしり続いていて、気持ちも時間も余裕が出来にくいでしょうが、もっとまわりに目を配れる余裕のある人になって下さい。

 企業で高専卒は優秀との評判ですが、大卒と比べるとどうしても小さく見えます。在校生の皆さんには大らかで柔軟な視野の広い人になる事を期待しています。のびのびと学生生活を楽しんで下さい。

 

インタビューにあたって

 高専卒業後、全日空で皆さんおなじみのボーイング各機種の副操縦士、機長として活躍され、現在は乗員部の部長として後輩パイロットの安全飛行管理あたると共に、月に5・6日は機長として国際、国内線の乗務と重要な仕事に就いておられます。

 テロ後は利用客の激減で大変だそうです。

 

 

 

投稿日:2001年11月16日(金)

島田憲一 先輩

市役所7階の電算管理課で撮影

 

ご経歴

1991年3月 機械工学科卒業(第25回)

1991年4月 九州工業大学情報工学部機械システム工学科3年に編入学

1993年4月 同 大学院情報工学研究科情報システム専攻

1995年4月 佐世保市役所に入庁

2001年11月現在 同 企画調整部電算管理課

 

先輩からのメッセージ

大学に行って感じたこと「何事も自分の意志で行動することの大切さ」

社会人になって感じたこと「仕事をするのも体力勝負」

 

インタビューにあたって

 仕事が楽しい島田先輩です。

 情報化基盤整備の仕事を毎日クタクタになるまで、がんばっておられます。

 仕事の後は、趣味のテニスで汗を流されているそうです。学生時代よりのテニスの腕前は市内トップクラスです。

 

佐世保総合グランドテニスコートで撮影

投稿日:2001年05月01日(火)

古賀公博 先輩

職場で撮影

 

ご経歴

1996年3月 機械工学科卒業(第30回)

2001年現在 長崎菱電テクニカ株 事業開発室勤務

 

先輩からのメッセージ

教科書は大事に使えよ、、、、、、、。

 

インタビューにあたって

 下の写真は、平成13年5月8日に流体中島実験室のメンバー(教官、5M)8名で菱電テクニカのスターリングエンジン試験設備を見学に行ったときのものです。

 古賀先輩は職場のみなさんと”夢のエンジン”の開発に日夜頑張っておられます。

右から4人目が古賀先輩です。