佐世保工業高等専門学校 > ニュース&トピックス

高専説明会

平成31年度入試のための高専説明会を開催します★申込受付中★

中学生と保護者の皆様に、本校の概要を詳しく紹介する高専説明会(学校説明会)を下記のとおり開催いたします。

高専とはどういう学校か、どのような勉強をするのか、最近の就職・進学状況は、といった内容を本校の教員と在学生が説明いたします。

皆様の進路決定の参考になればと考えておりますので、奮ってご参加ください。

なお、参加申込みについて、今年度から個人でwebフォームに入力する方法に変更させて頂いておりますので、ご了承ください。

 

1 対象者:1~3年の中学生及びその保護者

 

2 開催地区・開催日・会場

長崎県(6地区)・・・佐世保市、大村市、諫早市、長崎市、時津町、島原市

佐賀県(2地区)・・・唐津市、佐賀市

詳しくはをご参照ください。

 

※6月24日(日)に本校で実施する説明会は、午前と午後の2回実施。

午前(1回目)9:00~受付、9:30~開始、

午後(2回目)13:30~受付、14:00~開始

 

3 説明会内容

1)受  付              13:30~14:00

2)日程・資料説明           14:00~14:10

3)DVDによる学校紹介        14:10~14:35

4)本校担当教員と在学生による概要説明 14:35~15:05

5)質疑応答              15:05~

 

4 お申し込み方法及び締切日

個人で以下のwebページからお申し込みください。

※スマートフォン、タブレット端末からもお申し込みが可能です。

 

なお、インターネット接続環境がない場合や、webでのお申し込み ができない場合は、
以下のお申込み様式に必要事項をご記入のうえファックスでお送りください。

お申込み様式 「高専説明会お申し込み用紙」

 

申込み締切は、各会場の開催日の3日前とさせていただきます。

 

5 問い合わせ先

〒857-1193 佐世保市沖新町1番1号

佐世保工業高等専門学校 学生課 専門職員(入試担当)宛

TEL:0956-34-8428

FAX:0956-34-8425

Mail:nyusi(at)sasebo.ac.jp

※(at)は@に置き換えてください

平成30年度

学校地区の防火避難訓練を実施しました

前期中間試験最終日の平成30年6月14日(木) 学校地区の防火避難訓練を佐世保市中央消防署日宇出張所署員のご指導のもと実施しました。
訓練は、電気電子・物質工学科棟西側2階実験室からの出火を想定し、①火災通報連絡訓練(事務職員のみ)、②初期消火訓練(自衛消防隊により消火体勢のみを行う)、③避難誘導訓練(教職員及び全学生参加)を行いました。

避難誘導訓練では、学生及び教職員は避難誘導班(教職員)の指示に従い避難場所の野球場に早足で避難しました。避難場所では、学生はクラスごとに、教職員は学科・課ごとに整列し、点呼を取り、対策本部の取りまとめ班に点呼結果を報告しました。

避難訓練終了後には、④消火器取扱訓練を行い、消防署員による消火器の取扱い説明の後、学生及び教職員の代表者が「火事だ!」と大声で周囲に知らせた後、水消火器を使用した消火訓練を体験しました。

訓練終了後の講評では、消防署員から、避難の流れは理解しているが、実際に避難するまでに時間がかかっている。実際に火災を目前にすると普段の行動が取れなくなるため、訓練を重ねること、また訓練と思わずに真剣に取組むことが大切であるとの助言をいただきました。

最後に東田校長から、お忙しい中ご指導頂いた消防署員の皆様への謝辞及び学生に対して防災等に関する意識を日頃から持つようにとの訓辞があり、学生及び教職員は防災に対する意識をより一層深める良い機会となりました。

 

(訓練のデータ)

出火(想定)日時: 6月14日(木)11時10分
出火(想定)場所: 電気電子・物質工学科棟2階 電気電子工学実験室
参加人数: 学生885名、教職員92名 計977名
避難開始時刻: 11時13分
避難完了(点呼終了)時刻: 11時25分

 

 

平成30年度

電子制御工学科の佐当助教が『若手研究奨励賞』受賞

本校電子制御工学科 佐当百合野助教 が電子情報通信学会、ネットワークシステム研究専門部門から若手研究奨励賞を受賞しました。

若手研究奨励賞は、ネットワークシステム研究専門委員会が主催する第一種研究会において行われた若手研究者による奨励講演の内、特に優秀であり今後の活躍が期待できると認められた奨励講演の発表者に対して贈られる賞です。

 

受賞題目:バーストロス環境におけるTCPスループット改善のためのインタリーブを用いた適応型FEC手法

 

参  考:電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会
若手研究奨励賞受賞者一覧

https://www.ieice.org/cs/ns/jpn/wakate-awards.html

 

 

平成30年度

「厳木町教育フェスタ」で出前授業を行いました

実験の予想や感想を問いかけると、必ず誰かが答えてくれる等明るく活発な子ども達でした。水に溶ける金属で色が変化するのは楽しそうでした。

日 時 平成30年6月10日(日)9時45分~11時30分
参加者 小学5年~6年生 35名と保護者
場 所 唐津市立厳木小学校 理科室
内 容 液体窒素を使った超低温実験の体験、水に溶ける金属、
色がついたり消えたりする液体、
コップの水が無くなる等の演示実験数種、発泡入浴剤作り
担 当 技術室 森 晴樹

 

平成30年度

長崎県高校総体に出場しました!

◆陸上◆

女子1500m 迎 真夢 第7位

 

◆ソフトテニス◆

男子団体 1回戦 vs 佐世保北 0-3 敗退

女子団体 1回戦 vs 長崎玉成 2-1 勝利

2回戦 vs 佐世保西 0-2 敗退

 

◆バレーボール男子◆

1回戦 vs 青雲 2-0 勝利

2回戦 vs 鎮西 0-2 敗退

 

◆バレーボール女子◆

1回戦 vs 長崎西 0-2 敗退

 

◆バスケットボール男子◆

2回戦 vs 諫早 65-92 敗退

 

◆バスケットボール女子◆

1回戦 vs 長崎玉成  36-82 敗退

◆卓球◆
男子団体 1回戦   vs 長崎南山 3-1 勝利
2回戦   vs 島原中央 3-0 勝利
3回戦   vs 鹿町工業 1-3 敗退
男子ダブルス 1回戦 宋・池田 vs 大村 3-2 勝利
2回戦 在津・志久 vs 大村工業 3-0 勝利
2回戦 宋・池田 vs 瓊浦 0-3 敗退
3回戦 在津・志久 vs 鎮西 1-3 敗退
男子シングルス 1回戦 吉川 vs 西肥農業 3-0 勝利
1回戦 在津 vs 長崎日大 3-0 勝利
1回戦 松田 vs 創成館 3-0 敗退
2回戦 吉川 vs 瓊浦 0-3 敗退
2回戦 在津 vs 川棚 3-0 勝利
2回戦 宋 vs 長崎西 0-3 敗退
2回戦 碇野 vs 大村 3-0 敗退
2回戦 川畑 vs 小浜 2-3 敗退
2回戦 池田 vs 五島海洋 3-0 勝利
2回戦 志久 vs 小浜 3-0 勝利
3回戦 在津 vs 長崎北陽台 3-0 勝利
3回戦 池田 vs 大村工業 1-3 敗退
3回戦 志久 vs 瓊浦 3-1 勝利
4回戦 在津 vs 瓊浦 0-3 敗退
4回戦 志久 vs 鎮西 0-3 敗退



 

◆剣道◆

男子団体  一次リーグ vs 大村   1-2 敗退

vs 長崎南山 0-4 敗退

男子個人  1回戦 森  vs 長崎鶴洋  勝利

2回戦 森  vs 島原    敗退

2回戦 前田 vs 長崎北陽台 敗退

2回戦 片山 vs 諫早    敗退

2回戦 樋口 vs 向陽    勝利

3回戦 樋口 vs 鹿町工業  敗退

 

◆サッカー◆

1回戦 vs 西彼杵 0-0(PK5-4) 勝利

2回戦 vs 大 村 0-4        敗退

◆バドミントン◆
男子団体 1回戦 vs 五島 1-3 敗退
男子ダブルス 1回戦 田辺・西 vs 鎮西 0-2 敗退
2回戦 岩永・宇野 vs 奈留 1-2 敗退
男子シングルス 1回戦 辛川 vs 長崎西 2-1 勝利
1回戦 中濱 vs 青雲 0-2 敗退
1回戦 津留﨑 vs 長崎明誠 0-2 敗退
2回戦 辛川 vs 海星 0-2 敗退
女子ダブルス 1回戦 安永・供田 vs
総科大付属
2-0 勝利
1回戦 岩切・中村 vs 長崎西 0-2 敗退
2回戦 安永・供田 vs 諫早商業 0-2 敗退
女子シングルス 1回戦 安永 vs 瓊浦 0-2 敗退
1回戦 供田 vs鎮西 2-0 勝利
2回戦 供田 vs 諫早商業 0-2 敗退



 

◆ハンドボール◆

1回戦 vs 長崎北 9-23 敗退

◆テニス◆
男子団体 2回戦 vs 諫早 0-3 敗退
男子ダブルス 1回戦 横山・宮園 vs 諫早 0-6 敗退
1回戦 市原・中川 vs
島原農業
0-6 敗退
1回戦 吉田・小佐々 vs
諫早商業
0-6 敗退
男子シングルス 1回戦 松尾 vs 佐世保東翔 4-6 敗退
1回戦 市原 vs 西陵 0-6 敗退
1回戦 吉田 vs 長崎西 0-6 敗退
1回戦 近藤 vs 長崎日大 1-6 敗退
1回戦 横山 vs 諫早商業 3-6 敗退


◆ボート◆

総合成績 第1位 初優勝

男子舵付クォドルプル 池末・竹下・田邉・大河内・岩本 第1位

男子ダブルスカル 鷲尾・井福 第2位

男子シングルスカル 江頭 平蔵 第3位

 

◆水泳◆

男子100m自由形 江口 亮太 第2位

男子200m自由形 江口 亮太 第4位

男子400m個人メドレー 近藤 澄弥 第6位

 

◆少林寺拳法◆

男子組演武の部(自由) 秋山・澁川  第4位

女子組演武の部(自由) 上笹貫・久保 第1位

 

平成30年度

電気電子工学科の房野教授が『共同利用・共同研究賞』受賞

電気電子工学科の房野俊夫教授が大阪大学接合科学研究所の『共同利用・共同研究賞』を受賞しました。

この賞は、大阪大学接合科学研究所の接合科学共同利用・共同研究拠点における共同研究のうち、研究上の業績が特に顕著であると認められた研究課題を表彰するものです。

 

【研究課題名】アーク溶接における陰極点挙動制御のための基礎的研究

【共同研究者】湯地敏史,藤丸厚志,安井賢太郎,木之下広幸(宮崎大学)

       田中学,田代真一(大阪大学)

 

房野教授は、本校で教育研究に従事する傍ら、様々な難関資格を取得されており、また何でも作れる“ものづくりマスター”のような先生です。今回の受賞では、高速の溶接アーク現象を高い時間分解能で観測できるシステムの構築を担当されたもので、研究のなかで重要な役割を果たしておられます。

 

平成30年度

米軍住宅地内ダービー小学校で「STEM Night」に参加しました

佐世保市針尾米軍住宅地内にあるダービー小学校で開催された「STEM Night」に参加しました。STEMとは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の頭文字をつないだ言葉で、当日はエレクトロニクス、IoT、ロボット、化学、医療等STEMに関連するテーマが出展されました。
佐世保高専からは、パイプ検査ロボットや空気砲、プラズマボールなど6テーマを出展し、参加した高専生たちは、「言葉の壁を乗り越えろ!」をキャッチフレーズに英語で積極的にサポートしたり、子供たちや保護者の方と楽しそうに会話したりしていました。STEM Nightでは、アメリカンスクールの児童や生徒は楽しみながらサイエンスのおもしろさを体感し、本校学生は英語をつかいながら理科実験を通じて交流するという貴重な体験をすることができました。

イベント STEM Night 2018「Breaking Barriers!」
日 時 平成30年6月1日(金) 17:00~19:00
参加者 アメリカンスクールの児童・生徒(参加者数約300名)とその保護者
場 所 佐世保市針尾米軍住宅地内ダービーエレメンタリースク-ル
内 容 パイプ検査ロボット操縦 / Pipe Inspection Robot
紙トンボ作り / Paper Helicopter
ジャイロコプター作り / Flying Gyrocopter
空気砲 / Air Cannon
光るスライム / Gleaming Slime
プラズマボール / Plasma Ball
担 当 牧野一成,原口和子,猪原武士,柳生義人
学生:42名(知活 国際技術者コミュニケーションコース,放課後英会話CAT)

 

平成30年度

学寮にて食育に関する講演会を開催しました

平成30年5月28日(月)に、本校西雲寮において、一年生の寮生を対象とした「食育に関する講演会」を実施しました。食堂で寮生の毎日の食事を提供して下さっているユーレストジャパン株式会社様のご協力の下、「健康づくりに重要な食事バランス~目指せ! ヘルシー男子・ヘルシー女子~」と題して、西洋フードコンパスグループ オペレーションサポート統括部 西日本メニュー開発の管理栄養士 山田 和佳先生に、およそ1時間のご講演を賜りました。

参加した学生は、メモを取りながら山田先生のお話に熱心に耳を傾け、これから5年間にわたる高専生活・寮生活を送っていく上で、自らの能力を根本から支える健康なカラダづくりのいろはを学べたことは、学生たちにとって大きな収穫となりました。
 

専攻科入試情報

平成31年度 専攻科入学試験(推薦)合格発表

平成31年度 専攻科入学試験(推薦)合格発表

詳しくは こちら

平成30年度

本校の学生が平成30年度長崎県高等学校将棋選手権大会で優勝しました

平成30年5月19日(土)、20日(日)、青雲高等学校で開催されました、平成30年度長崎県高等学校将棋選手権大会に、2年生の三森康平君が個人戦に参加し、見事優勝しました。

今大会のの結果、8月9日(木)、10日(金)に長野県千曲市で開催される第42回全国高校総合文化祭2018信州総文祭将棋部門に長崎県代表として参加します。県代表として好成績を残してくれることを期待しています。どうか皆様の温かいご声援を宜しくお願い致します。