佐世保工業高等専門学校 > 学校開放事業 > 出前授業 > 平成25年度 > 全国高専テクノフォーラムにて子ども向け工作教室を出展しました

平成25年度

全国高専テクノフォーラムにて子ども向け工作教室を出展しました

平成25年8月20日(火)、「全国高専テクノフォーラム」が名古屋駅前の「ウインクあいち」で開催されました。
このフォーラムは全国の高専教職員が集まる会議ですが、今回はフォーラムと同じ会場で、全国高専の教職員有志が
子ども向けのイベント「高専ロボコン!実験工作!わくわく大集合!」を実施しました。

工作教室には4高専(豊田高専、岐阜高専、鈴鹿高専、佐世保高専)が6テーマを出展しました。
また同じ会場では、ロボコン展示(豊田高専、小山高専)やサイエンスショー(鈴鹿高専)もありました。
会場に遊びに来た子ども達は、ロボコン展示やサイエンスショーを見たり、6テーマの工作教室のうち2テーマを選んで、工作したりして、とても楽しそうでした。

佐世保高専からは、一般科目物理科の森保仁先生が「Myイライラ棒を作って遊ぼう!」という工作教室を出展しました。
「イライラ棒」というのは集中力をきたえるゲームのようなものです。2つの銅線が触れるとブザーが鳴ってしまうので、銅線が触れないように「イライラ」しながらゴールを目指すものを作って遊んで、持って帰ることができます。
はんだ付けをたくさん行う工作でしたが、みんな真剣に取り組んでいました。
最後に銅線で好きな形の難しいコースを作って、音を鳴らさないようにイライラしながら楽しく遊んでいました。
工作教室に参加した子ども達は、きっと「ものづくり」が大好きになってくれたと思います。