佐世保工業高等専門学校 > ニュース&トピックス > 平成30年度 > 電気電子工学科の房野教授が『共同利用・共同研究賞』受賞

平成30年度

電気電子工学科の房野教授が『共同利用・共同研究賞』受賞

電気電子工学科の房野俊夫教授が大阪大学接合科学研究所の『共同利用・共同研究賞』を受賞しました。

この賞は、大阪大学接合科学研究所の接合科学共同利用・共同研究拠点における共同研究のうち、研究上の業績が特に顕著であると認められた研究課題を表彰するものです。

 

【研究課題名】アーク溶接における陰極点挙動制御のための基礎的研究

【共同研究者】湯地敏史,藤丸厚志,安井賢太郎,木之下広幸(宮崎大学)

       田中学,田代真一(大阪大学)

 

房野教授は、本校で教育研究に従事する傍ら、様々な難関資格を取得されており、また何でも作れる“ものづくりマスター”のような先生です。今回の受賞では、高速の溶接アーク現象を高い時間分解能で観測できるシステムの構築を担当されたもので、研究のなかで重要な役割を果たしておられます。