佐世保工業高等専門学校 > ニュース&トピックス > 平成30年度 > 本校専攻科2年生が日本機械学会九州支部卒業研究発表講演会で優秀講演賞を受賞しました

平成30年度

本校専攻科2年生が日本機械学会九州支部卒業研究発表講演会で優秀講演賞を受賞しました

大 会 名:日本機械学会 九州支部 九州学生会第50回学生員卒業研究発表講演会

受 賞 名:優秀講演賞

受 賞 者:専攻科 複合工学専攻 機械工学系2年 大﨑 悠矢

指導教官:西口 廣志准教授、西山 健太朗助教、福田 孝之教授、藤田 明次教授

受賞題目:異種金属混合コーティングが母材への水素侵入特性に及ぼす影響

研究内容:

化石燃料の枯渇などのエネルギー問題、地球温暖化などの環境問題に対し、水素はクリーンな次世代エネルギーとなる有力候補であり、水素エネルギーを利用したシステム・インフラの整備に向けた研究開発が進んでいます。しかし、水素は金属材料内部に侵入して材料の強度を低下させる、水素ぜい化を引き起こします。
水素ぜい化の対策として水素ぜい化に強いステンレス鋼SUS316Lやアルミニウム合金A6061-T6などの材料を使うことが推奨されていますが、それらの材料は高価です。そこで本研究では、安価な材料の表面にコーティングを施し水素ぜい化の抑制を行うことで、経済的かつ安全な水素社会の確立を目指しています。

受賞コメント:

私は研究を行う前までは、水素といえば水素自動車や次世代エネルギーとして注目されているということぐらいしか水素に関する知識はありませんでした。しかし本研究を通して、水素を使用したインフラやシステムの構築のためには技術革新すべき点や未だ明らかにされていない点があり、現在発売されている水素関連の製品も様々な研究の末たどり着いたものであると感じました。
異種金属混合コーティングは本校で開発中の水素ぜい化に対する新たなコーティングです。この研究では新たな手法を確立することがとても大変で失敗も多く苦労しましたが、無事に実験を軌道に乗せることができました。今後は実験条件を変え、さらに研究を深めていく予定です。