佐世保工業高等専門学校 > ニュース&トピックス > 平成24年度 > 白南風小学校で出前実験を行いました

平成24年度

白南風小学校で出前実験を行いました

 平成24年11月17日、佐世保市立白南風小学校『のびのびデー』にて出前実験を行いました。

のびのびデーは同小学校育友会が主催する行事で、理科実験教室には約100名の小学生が参加しました。はじめに、本校5年生による化学マジック「水が無くなる」「水の色が変わる」を行いました。この後、「カルメ焼きづくり」や「人工イクラ作り」の実験を行いました。参加した子どもたちに楽しく遊んでいただきました。

 実験後、参加した子どもたちからは、次のような声が聞かれました。

「化学マジックは、水の色が変わったり、水が無くなるのが不思議だった。どうしてそうなるのか知りたいと思った」

「カルメ焼きは、砂糖水が、いきなり変わってびっくりした。食べたらおいしかったのでうれしかった」

「イクラの実験は、色水をたらしたら、たらした形そのまま固まって、丸いのや長いのができておもしろかった」

 日  時: 平成24年11月17日(土) 9:00~12:00

場  所: 佐世保市立白南風小学校

参加者: 約100名(小学1~6年生)

担  当: 物質工学科 山崎隆志、越村匡博、5年物質工学科学生、4年物質工学科学生