平成30年度

女子学生講演会を実施しました

平成31年2月8日(金)に、鹿児島工業高等専門学校から塚崎香織教授をお迎えして、本校電気電子工学科4、5年の女子学生を対象とした講演会を開催いたしました。
塚崎先生からは、鹿児島高専が国内外で行っているRobogalsの活動について、お話いただきました。
他高専の女子学生が活発に活動している様子を知り、本校の女子学生にとって刺激を受けた講演会となりました。最後に、理系分野に進む女性の比率を増やすためには「佐世保高専の女子学生さんが将来エンジニアとして活躍し、女子小・中学生のロールモデルなってください!」と励ましのお言葉をいただきました。

※Robogals (ロボギャルズ)とは、女子児童・生徒に将来技術者を目指すきっかけを提供する活動を行う国際学生サークルであり、高専では鹿児島高専と函館高専が認定されています。
 

平成30年度

女子学生制服に、「スラックス」及び「キュロットスカート」を新規導入!

平成31年4月から、女子学生(1~3年生)の制服選択の幅を広げることを目的とし、従来の「スカート」に加え、「スラックス」及び「キュロットスカート」を導入します。各学生の希望によりいずれかを選択(複数選択可)することになります。

「スラックス」については、男子学生用スラックスと異なるデザイン・柄(※ 写真参照)、「キュロットスカート」については、外見は従来のスカートと同じデザイン・柄となっています。

 

 

本科入試情報

平成31年度 本科入学試験合格発表

平成31年度 本科入学試験合格発表 くわしくはこちら

合格発表時刻前後は、アクセスが集中し表示に時間がかかる場合や、ページがうまく表示されない場合があります。
その場合は時間をおいて再度アクセスしていただきますよう、お願いいたします。

平成30年度

陸上競技部の部員と顧問が佐世保市体育協会から表彰を受けました

平成31年2月21日(木)に佐世保市体育協会スポーツ表彰が行われ、一般科目の吉塚一典教授が「体育功労賞」を、機械工学科3年の迎真夢さんが「スポーツ優秀賞」を受賞しました。

迎さんは、平成30年度全国高専大会で女子3000m優勝という優れた競技実績が認められたもので、3年連続での受賞となりました。

吉塚教授は、全国高専大会で多くの優勝者を輩出した優れた指導実績と、永年にわたり県下一周駅伝の選手、監督として佐世保市の競技力向上に貢献した功績を認められたものです。

 

平成30年度

本校電子制御工学科5年生が情報処理学会 九州支部 若手の会セミナーで奨励賞を受賞しました

大会名:情報処理学会 九州支部 2018年度若手の会セミナー

受賞名:情報処理学会 九州支部 奨励賞

受賞者:電子制御工学科5年 志久 寛太

受賞題目:魚市場における自動仕分けのための魚認識

指導教員:志久 修、手島 裕詞

受賞コメント:

受賞することができ大変うれしく思います。今回の研究を行うにあたり佐世保魚市場(株)の方々に画像撮影のご協力をしていただきました。そのため魚市場での問題である仕分け作業の負担を軽減できるようなものを製作し貢献出来たらと考えています。

 

平成30年度

本校専攻科2年生が電子情報通信学会九州支部学生会講演会で奨励賞を受賞しました

大会名:平成30年度 第26回 電子情報通信学会 九州支部 学生会講演会

受賞名:学生会講演奨励賞

受賞者:専攻科 複合工学専攻 情報工学系2年 岡本 凌馬

受賞題目:深層学習を用いた水槽中の魚の抽出

指導教員:志久 修、手島 裕詞

受賞コメント:

私自身、初めての外部での研究発表でしたが、あまり臆することなく発表することを意識しました。結果、このような賞を受賞できうれしく思っています。今年度で本科、専攻科を通した高専での7年間の生活を終え、来年度は新社会人になります。高専生活で得た知識や意識を忘れず、頑張っていこうと思います。

 

平成30年度

地域共同テクノセンター報・技術シーズ集(2018年版)を掲載しました

地域共同テクノセンター報・技術シーズ集(2018年版)を掲載しました。

詳しくはこちら

平成30年度

国際交流イベント「サイエンス・ツアー2019 in SASEBO-Kosen」を開催しました

1月29日(火)に米海軍基地内高校E.J. King High Schoolの高校生達を招待し、「サイエンス・ツアー2019 in SASEBO-Kosen」を開催しました。佐世保高専の工学実験や先端設備、ロボコンなどについて、佐世保高専生が専門的な英語で米高校生に説明しながら校内をツアーするというイベントです。米高校生たちは、ロボコン全国大会で技術賞に輝いたロボットや自校にはない設備を見学することで、科学や高専への理解・興味を深めることが出来たようでした。

このイベントは、佐世保高専独自の授業「知識活用教育」の一環で行われました。エンジニアに必要な専門的な英語を取り入れたコミュニケーションが出来るように、一年間に渡り段階を追って練習してきた成果を発揮できたのではないでしょうか。佐世保高専生と米高校生たちが、笑顔で交流する姿がとても印象的でした。
 

イベント Science Tour 2019 in SASEBO-Kosen
日 時 平成31年1月29日(火) 12:30~14:30
参加者 ・佐世保高専学生:4年生35名(国際技術者コミュニケーションコース)
・E.J. King H.S.学生:80名
場 所 佐世保高専構内
(実習工場→ロボコン実演→海洋環境実験室→材力実験室→走査型電子顕微鏡室
→高圧実験室→電子制御工学科A棟)
担 当 ・佐世保高専:西口廣志,原口和子,柳生義人
・E.J. King H.S. :校 長 Gail H. Awakuni先生
副校長 Lashaunda R. Norman先生
D. Anderson先生、Yutaka Kaneko先生、保護者の方々
・佐世保高専ネイティブ講師:Woodfin先生,Rife先生,Ernie先生,Tim先生

 

平成30年度

ノーベル生理学・医学賞 大隅良典 東京工業大学栄誉教授 による特別講演会を実施しました

平成31年1月31日(木)に、2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞されたました大隅良典東京工業大学栄誉教授をお迎えして「オートファジー研究からみえてきた細胞の営み」をテーマに、本校全学生及び教職員を対象として特別講演会を開催いたしました。

大隅先生からは、オートファジーに関する研究のきっかけから現在までの研究について、研究者としての姿勢、基礎研究の重要性、若者へのメッセージなど、将来、技術者、研究者として活躍する本校学生にとって、大変刺激になるお話しをいただきました。

また、参加学生からは、研究への取り組み方やモチベーションを維持する秘訣など多くの質問が寄せられ、大隅先生からのお言葉に深く感銘を受けていました。

最後に、参加学生代表から、ご講演に対するお礼の花束が贈られ、本校学生、教職員共々大変有意義な、また、大変貴重な特別講演となりました。

 

本科入試情報

入学試験当日の「災害発生時」及び「J-ALERT発令時」の対応について

入学試験当日の「災害発生時」及び「J-ALERT発令時」の対応について

佐世保工業高等専門学校

 

本校入学試験当日に「災害発生時」及び「J-ALERT発令時」の対応につきまして、下記のとおり、お知らせいたします。

(1) 試験当日午前7時45分より前に「災害発生」又は「J-ALERT発令」が発生した場合

「災害発生」又は「J-ALERT発令」のため、佐世保・諫早・長崎・唐津地方で公共交通機関に運休及び運転見合わせが発生した場合は、試験当日午前7時45分までに判断し対応をお知らせしますので、本校ウェブサイトを確認してください。

(2) 試験当日午前7時45分以降に「災害発生」又は「J-ALERT発令」が発生した場合

受検会場到着前の受検生の方は、安全を確認されたあと、検査開始時刻の繰り下げ・検査の延期等の対応を行う場合がありますので、本校ウェブサイトを確認してください。

受検会場到着後の受検生の方は、係の指示に従ってください。状況に応じて避難等、誘導します。

《問い合わせ先》

〒857-1193
佐世保市沖新町1番1号
佐世保工業高等専門学校学生課入試担当

Tel:0956-34-8428
Fax:0956-34-8425
E-mail:nyusi@sasebo.ac.jp