平成31年度

令和元年度 公開講座・一般教養講座を開催します<受付開始>

佐世保高専では、小学生や中学生、社会人を対象に、公開講座・一般教養講座を開催しています。

科学技術に興味のある人、ものづくりをしてみたい人、高専とはどんな学校か知りたい人は大歓迎です。お気軽にお申し込みください。

 

令和元年度開催予定の公開講座・一般教養講座の内容および受講申込みについては、こちらをご参照ください。

 

また、令和元年度 おもしろ実験大公開“ミニ”も受付を開始しております。詳細は、こちらをご参照ください。

平成31年度

令和元年度 おもしろ実験大公開”ミニ”を開催します<受付開始>

ロボットや電気、音、光、化学、機械、低温など、様々な実験やものづくりを通じて、自然の不思議や科学の面白さに触れてみませんか?
興味のある方は、ご家族、ご近所お誘い合わせの上、是非お越し下さい!

 

令和元年度おもしろ実験”ミニ” の内容および参加申込みについては、こちらをご参照ください。

 

 

また、令和元年度 公開講座・一般教養講座も受付を開始しております。詳細は、こちらをご参照ください。

平成31年度

本校の取組みが「日本農業新聞」に掲載されました

工学的手法を用いたジャンボタニシ防除法の研究開発に関する取組みが、日本農業新聞(1面; 2019年5月26日付)に掲載されました。

内容: ジャンボタニシ捕獲にビリビリ有効 おびき寄せて超音波で駆除
掲載日: 2019年5月26日(土)
掲載媒体: 日本農業新聞
記事URL: https://www.agrinews.co.jp/p47758.html

平成31年度

佐世保高専と佐世保市男女共同参画推進センター「スピカ」との共催で「理系女子セミナー」を開催しました

令和元年5月18日(土)に、理系女子セミナー「新年度のスタート!プログラミングで新しい一歩をふみ出そう!」を開催しました。
小中学生20名と保護者が参加し、ロボットを組み立ててコースを走らせるチャレンジプログラミング(対象:小学3~6年生)と、手のひらサイズの小さなマイコンボードを使ったステップアッププログラミング(対象:小学5年生~中学生)を行いました。

参加した子供さん達からは

・じゃんけんやコンパスなどをプログラミングですることができて面白かった
・少し難しいところもあったけど出来たときの達成感がすごくて、とても良かった
・自分でロボットを作って動かせたので良かった
・ロボットがセンサーで止まったりプログラミングした通りに動くのを見てすごいなぁと思った

などの感想をいただきました。また、子供さん達の様子について保護者の方からは

・自分でやりたい!というやる気がみられ興味を持って取り組めていた
・ずっとワクワクしていたようだ
・自ら発展したものを作成したり、とても楽しそうにプログラミングに取り組んでいた

などの感想をいただきました。

講師は、電気電子工学科の猪原講師、大島准教授、技術室の佐竹技術職員の3名が担当しました。学生スタッフとして、電気電子工学科4年生の男子学生7名がサポートをしてくれました。

また当日は、テレビ佐世保の取材が行われました。
 

専攻科入試情報

令和2年度 専攻科入学試験(推薦)合格発表

令和2年度 専攻科入学試験(推薦)合格発表

詳しくは こちら

平成31年度

名誉教授称号授与式を挙行しました

令和元年5月16日(木)、本校校長室において名誉教授称号授与式を行い、佐世保工業高等専門学校名誉教授称号授与規程に基づき、
下野次男 元物質工学科教授に名誉教授の称号を授与しました。

平成31年度

本校専攻科生が「第11回電気設備学会九州支部賞(全国大会優秀賞)」を受賞しました

専攻科複合工学専攻 電気電子工学系 荒木裕太君 および 馬場圭佑君が、令和元年5月17日(金)に開催された電気設備学会九州支部総会において、「第11回電気設備学会九州支部賞(全国大会優秀賞)」を受賞しました。本受賞は、2018年(第36回)電気設備学会全国大会(平成30年9月4日~5日、於 福井市地域交流プラザ)での発表および研究内容が高く評価されたものです。

◆受賞者:専攻科 複合工学専攻 電気電子工学系 2年 馬場 圭佑

指導教員:柳生義人准教授

講演題目:飲料水給水設備用大気圧プラズマ殺菌装置の開発および殺菌特性

発表者:馬場圭佑、柳生義人、川崎仁晴、大島多美子、猪原武士、篠原正典(佐世保高専 電気電子工学科)、脇畑和幸、福島幸男、小山 剛、坂本雅俊、範 暁波(太平環境科学センター)

受賞コメント:

電気設備学会全国大会において、九州支部賞を頂くことができ大変光栄に思っています。電気電子を専攻する私にとって、バイオ分野の知識も必要となる今回の研究は簡単なものではありませんでしたが、多くの知見を得ることができました。また装置を実用化するということの難しさを知り、人の役に立つ研究とは何なのかを考えることが多々ありました。実用化に向けて解決すべき課題はまだまだありますが、これからも真摯に研究に向き合っていきたいと思います。

◆受賞者:専攻科 複合工学専攻 電気電子工学系 2年 荒木 裕太

指導教員:柳生義人准教授

講演題目:活イカの高密度・長距離輸送における輸送水処理用プラズマ源の開発

発表者:荒木裕太、柳生義人、川崎仁晴、大島多美子、猪原武士、篠原正典(佐世保高専 電気電子工学科)

受賞コメント:

電気設備学会全国大会において、活イカ輸送のための輸送水処理用プラズマ源装置の開発を発表し、幸運にも九州支部賞をいただくことができ大変光栄に思います。研究についてご指導いただいた柳生准教授には感謝申し上げます。日頃から「実用化・社会導入」に向けて何をすべきか、現状の課題への対策を考えることを意識しました。これからも意識を高く持ち続け、研究に励む所存です。

 

専攻科入試情報

令和2年度 専攻科入試情報

令和2年度専攻科学生募集要項

 

募集要項が必要な場合は、本校「学生課入試担当」に請求してください。
郵送希望の場合は、あて先・郵便番号を明記し、送料(切手300円)を同封してお申し込みください。
なお、返信用封筒は不要です。

 

出願関係書類の請求並びに出願に関する問い合わせ先

〒857-1193 佐世保市沖新町1番1号
佐世保工業高等専門学校 学生課入試担当
電話0956-34-8428 FAX0956-34-8425
e-mail: nyusi@sasebo.ac.jp

平成31年度

本校の学生が令和元年度長崎県高等学校将棋選手権大会で優勝しました

令和元年5月18日(土)、19日(日)、県立佐世保工業高等学校で開催されました、令和元年度長崎県高等学校将棋選手権大会に、3年生の三森康平君が個人戦で見事優勝し2連覇を達成しました。

今大会の結果、7月30日(火)、31日(水)に佐賀県杵島郡江北町で開催される第43回全国高校総合文化祭2019さが総文祭将棋部門に長崎県代表として参加します。県代表として好成績を残してくれることを期待しています。どうか皆様の温かいご声援を宜しくお願い致します。

 

平成31年度

本校の取組みが長崎政治経済新聞に紹介されました

「人物登場」 産学連携でものづくり、未来のエンジニアを育てる。(令和元年5月18日(土)掲載)