佐世保工業高等専門学校 > 学校開放事業

平成30年度

「第23回おもしろ実験大公開!」参加登録申込の受付を終了しました

定員に達しましたので、参加登録申込の受付を終了いたしました。

多数のお申込みありがとうございました。

出前授業申込書

出前授業等

科学技術に携わる技術者及び研究者が、主に小・中学校を訪問し、自身の研究内容及び体験の紹介並びに社会生活において科学技術の成果がどのように利用・活用されているかなどを、直接児童・生徒に語りかけたり、実際に科学実験等を行うという授業を行っています。なお、出前授業は、県・市等の教育委員会等と連携を図り、実施されています。

<申込方法>

出前授業を希望される方は、事前にお電話でご相談の上、日程が決まり次第、次の申込用紙により下記宛お申し込みください。
申込用紙はwordiconまたはをクリックするとダウンロードできます。

申込用紙 wordicon 記入要領


<問い合わせ先・申込書送付先>

〒 857-1193 佐世保市沖新町 1-1
佐世保工業高等専門学校 総務課企画係
TEL 0956-34-8415
FAX 0956-34-8409
E-mail : kikaku(at)sasebo.ac.jp
※(at)は@に置き換えてください

【平成29年度出前授業一覧】
【平成28年度出前授業一覧】
【平成27年度出前授業一覧】
【平成26年度出前授業一覧】
【平成25年度出前授業一覧】
【平成24年度出前授業一覧】
【平成23年度出前授業一覧】
【平成22年度出前授業一覧】
【平成21年度出前授業一覧】
平成20年度以前の出前授業については、左のカテゴリバーを参照ください。

平成30年度

高専サイエンス支援ネットの活動で体験実験を行いました

<日 時> 平成30年9月22日(土)9:00~16:00
<参加者> 小学生、中学生、保護者 1,000人程度
<場 所> 有明工業高等専門学校
<内 容> 氷がにょきにょき
<担 当> 一般科目(化学) 横山温和准教授、技術室 山北久枝


九州地区の高専の教員で構成されている「高専サイエンス支援ネット」は、九州内の各箇所を周り体験実験教室を出展し、地域の子供達に理科実験の普及を行っています。今回は「有明高専オープンキャンパス」に「ものづくり体験教室」として出展し、佐世保高専、北九州高専、大分高専、熊本高専、都城高専、有明高専が参加して実験教室を開きました。佐世保高専からは「氷がにょきにょき」の実験を出展し、子どもたちと実験を行いました。この実験には本校のサイエンスクラブの部員が参加しています。

「氷がにょきにょき」は過冷却を用いた氷生成装置で、目の間で水が氷の柱へと変わっていく実験です。水だけではなくジュースの氷をつくったり、様々なものを一瞬で氷の柱に変える実験を行いました。当日は小学生、中学生がたくさん訪れ、たくさんの実験に触れ、驚きの表情を多く浮かべていました。

 

平成30年度

11月18日(日)「第23回おもしろ実験大公開!」を開催します

第23回おもしろ実験大公開!

佐世保高専恒例の実験イベント「おもしろ実験大公開!」を、今年は11月18日(日)に開催します。
ロボットや電気、音、光、化学、機械、低温など、様々な実験やものづくりを通じて、自然の不思議や科学の面白さに触れてみませんか?
興味のある方は、ご家族、ご近所お誘い合わせの上、是非お越し下さい!

日 時: 平成30年11月18日(日)
〔午前の部〕9:30~12:30
〔午後の部〕13:15~16:15
雨天決行(荒天中止の場合は、ホームページにて前々日に態度決定)
場 所: 佐世保高専
対 象: 小学生、中学生、高校生、一般
幼児は保護者同伴に限り見学のみとなります。
参加費: 無 料
ご来場(付添い、見学を含む)いただくには、参加登録申込が必要です
(先着2,200名)
下記「参加登録申込はこちらから」よりお申込みください。
整理券が必要なテーマがありますので、希望する方は参加登録申込の際に、あわせて申込みください。
駐車場: 無料(臨時)駐車場がありますが、駐車スペースに限りがございますので、公共交通機関をご利用ください。なお、近隣店舗への駐車はご遠慮ください。
昼 食: 学生食堂も利用できます。
(お弁当をご持参頂いても結構です)
休憩処: 大講義室及び視聴覚教室を開放しています。
(飲食物の持ち込み可能です)

 

申込受付期間:10月5日(金)9時~10月19日(金)17時

 

テーマ一覧(学科別)   テーマ一覧(エリア別)

整理券が必要なテーマ一覧

アクセスマップ   ポスター   チラシ   パンフレット(準備中)

前回の様子

 


本イベントの実施にあたり、ご来場の皆様に、各ブースでの混雑をさけ、実験等を安全にお楽しみいただけるよう、第21回より、これまでの自由参加型から事前登録申込による参加へ変更することと致しましたので、ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

 

<お問い合せ先>
総務課企画係
TEL:(0956)34-8415
E-mail:kikaku(at)sasebo.ac.jp
※(at)は@に置き換えてください

平成30年度

平成30年度公開講座・一般教養講座の開催

佐世保高専では、小学生や中学生、社会人を対象に、公開講座・一般教養講座を開催しています。
科学技術に興味のある人、ものづくりをしてみたい人、高専とはどんな学校か知りたい人は大歓迎です。
お気軽にお申し込みください。

申込多数の場合は、調整させていただく場合があります。
期間内に定員に達しない場合は、募集期間後も引き続き募集を行います。
状況は、このホームページでご確認ください。
台風等の自然災害により講座を延期または中止する場合は、本校ホームページにてお知らせいたします。


公開講座・一般教養講座ポスター(平成30年度)

 

No 講座名・募集要項 開催日時 対象 定員 募集期間 受講申込書
1 小・中学生のための「ものづくり・メカの世界」体験ツアー! 7/21(土) 小学5年生~中学生 40人 5/21(月)~6/29(金) wordicon

9:00~15:30 定員に達しました
2 小型二足歩行ロボットを作ろう 7/21(土) 中学生 20人 5/21(月)~6/29(金)
9:30~15:30 定員に達しました
3 おもしろ化学実験~体験しよう!不思議な化学の世界~ 7/21(土) 中学生 20人 5/21(月)~6/29(金)
13:00~16:00 定員に達しました
4 親子おもしろ工作教室「イライラ棒をつくってあそぼう!」 8/10(金) 小学3年生~6年生と
その保護者
親子16組 5/21(月)~7/13(金) wordicon

14:00~16:00 定員に達しました
5 手作りモーターでミニ電気自動車を動かそう 8/24(金) 小学5年生~中学生 20人 5/22(月)~7/13(金)
10:00~16:00 定員に達しました
6 時を駆けろ 時計反応 8/25(土) 小学5年生~中学生とその保護者 親子
12組
5/21(月)~7/13(金)
10:00~12:00 定員に達しました
7 キミは「雷(カミナリ)」の正体を知っているか!? 8/25(土) 中学生 20人 5/21(月)~7/13(金)
13:00~17:00 (募集中)延長しました
募 集 要 項: 講座名をクリックすると、その講座の募集要項を見ることができます。
受講申込書: wordiconまたはをクリックすると、開催月ごとの受講申込書が開きますので、ダウンロードしてご利用ください。
【申込・問合せ先】
総務課企画係
〒857-1193 佐世保市沖新町1番1号
TEL:(0956)34-8415 / FAX(0956)34-8409
E-mail:kikaku(at)sasebo.ac.jp
※(at)は@に置き換えてください

平成29年度公開講座・一般教養講座ポスター
平成28年度公開講座・一般教養講座ポスター
平成27年度公開講座・一般教養講座ポスター
平成26年度公開講座・一般教養講座ポスター
平成25年度公開講座・一般教養講座ポスター

平成30年度

公開講座「キミは『雷(カミナリ)』の正体を知っているのか!?」を実施しました

公開講座 「キミは『雷(カミナリ)』の正体を知っているのか!?」

【開催日時】平成30年8月25日(土)13:00~17:00

 

平成30年8月25日(土)に,佐世保高専にて公開講座を開講いたしました。
「雷」というテーマで講義や実験を行い、また受講者でライデン瓶を製作しました。

雷に関する講義では、雷の発生の仕組みや近年の雷に関する研究や応用研究について簡単にお話を行いました。また、雷に関する実験では、受講者で静電気を発生したり、静電気をためるライデン瓶を作りビリビリ体験を行いました。静電気という身近な自然現象によって雷が発生していること、そして身の回りのものから簡単に静電気が発生できることを理解してもらいました。

実施後のアンケートからも、「雷についてはじめて知ることも多く、ためになった」、「ものづくりが楽しかった」などの意見をたくさんいただくことができました。

受講者の皆さんにおいては、夏休みの貴重な時間にお越しいただきありがとうございました。

 

平成30年度

一般教養講座「時を駆けろ 時計反応」を実施しました

一般教養講座 「時を駆けろ 時計反応」

【開催日時】平成30年8月25日(土)10:00~12:00

 

一般市民向けの一般教養講座「時を駆けろ 時計反応」を実施しました。一般教養講座は、本校一般科目教員が主となって一般市民向けに開講している講座です。今回は小学校5年生~中学校2年生の13名とその保護者が参加し化学実験を行いました。

本講座では酸化還元反応を用いた「時計反応」を取り扱いました。溶液を2つ準備し、それらを混ぜると少し時間が経ってからいきなりパッと溶液の色が真っ黒に変わります。このように、混ぜた直後ではなく時間が経ってから変化が見られる反応を時計反応とよんでいます。生徒たちは2つの溶液を調整する段階から実験を始め、無事に時計反応を成功させました。また、この反応は温度によって反応時間が変化します。発展課題として反応の温度依存性を調べることで、より高いレベルでの反応の理解に取り組みました。

慣れない実験器具に触れながら、自分で試薬の重さを図り、溶液を調整し、反応時間を計測しました。上手くいくことも失敗することもあり、自分の思い通りに行かない化学反応と悪戦苦闘しながら知恵を絞り、目に見えない分子の世界を一生懸命イメージしながら実験を繰り返していました。実験の後半に差し掛かると、むしろ熱中していたのは保護者の方だったかも知れません。最後に得られた実験結果をグラフにまとめ、そこから分かることを考察することで科学的思考力を養いました。きっと生徒たちも化学の面白さ、難しさ、やりがいを感じてくれたことと思います。

 

講座終了後、参加した生徒たちからは、次のような声が聞かれました。

・学校ではできない貴重な体験ができてよかったです。
・時間と温度のつながりを知ることが出来て楽しかったです。

また、一緒に参加して下さった保護者の方々からは、次のような声が聞かれました。

・日常では体験できないことを親子で楽しく体験することができました。
・何回か失敗したけれど、楽しく講座を受けれました。

 

平成30年度

福石小学校で「LEDミニランタン作り」をしました

平成30年9月7日(金)に佐世保市立福石小学校3年生の親子レクリエーションで「LEDミニランタン作り」をしました。
講師は電気電子工学科の大島准教授と佐竹技術職員が担当し、学生スタッフとして専攻科生2名と電気電子工学科5年生4名が参加しました。

通常は、LEDを点灯させるために1.5Vの乾電池が2本以上必要になりますが、今回は乾電池1本で点灯する回路を作りました。小さなブレッドボードに素子を取り付ける作業は難しかったと思いますが、親子で楽しく取り組んでいただきました。また、ランタンカバーのトレーシングペーパーに好きな絵を描いたり、シールやマスキングテープでデコレーションをしたり、オリジナルの作品が仕上がりました。
最後にLEDを点灯させると、子供達からは「うわぁキレイ」「点いた!」という歓声があがっていました。

平成30年度

松浦市立志佐中学校にて「理科実験教室」を実施しました

松浦市立志佐中学校での訪問授業「理科実験教室」

平成30年9月8日(土)、松浦市の松浦スポーツセンターにて「理科実験教室」を行いました。
これは、2年生のPTA行事「親子レクレーション」として訪問授業を依頼されたものです。
志佐中学校2年生の76名と保護者約20名、中学校の先生4名が参加しました。
講師は、森 保仁教授(一般科目物理科)と、原 久之技術職員(技術室)の2名が担当しました。

実験内容は『マイナス200℃でなんでもカチコチ!』でした。「色々な気体をカチコチにしてみよう!」、
「フィルムケースロケットを飛ばそう!」、「ペットボトルが爆発!?」、「雲をつくろう!」、
「シャープペンの芯が電球になる!?」など、液体窒素を用いた実験をたくさん行いました。
みんな最後まで真剣にたくさんの実験を楽しんでいました。

 

訪問授業終了後、参加した子供たちからは、次のような声が聞かれました。

・今日の実験で理科は面白くてとても楽しいと感じ、理科が好きになりました。
・液体窒素を床にこぼしても、液体なのにぬれなくて、とても不思議でした。
・ペットボトルが爆発したときは、あんなに大きな音が出るとは思いもしませんでした。
・カチコチのマシュマロを初めて食べたけど、思った以上においしくてびっくりしました。

また、一緒に参加して下さった保護者や中学校の先生方からは、次のような声が聞かれました。

・子ども達が見るだけでなく、実際にやってみたり食べてみたりというのも楽しかったです。
・子どもが楽しむ姿を見ながら親も一緒に体感することができ、とても貴重な時間となりました。

 

平成30年度

「中里皆瀬地区公民館サマースクール」で出前授業を行いました

「中里皆瀬地区公民館サマースクール」に出前授業し、「氷がにょきにょき」の実験を行いました。

児童がそれぞれひとりひとつの装置を工作し、過冷却を用いた氷生成装置「氷がにょきにょき」を作りました。目の前で氷の柱が「にょきにょき」と成長する様子を観察し、驚きの声を上げる子供がたくさんいました。また、氷の作成に成功した子供は、次ににオレンジジュースやカルピスで氷柱を作ることにも成功し、 様々なもので「氷がにょきにょき」を楽しみました。

この様子は夕方のニュースでも取り上げられ、TVSテレビ佐世保で放映されています。
 

日 時 平成30年8月28日(火)10時00分~12時00分
参加者 小学生 30名 保護者 10名
場 所 中里皆瀬地区公民館
内 容 氷がにょきにょき
担 当 一般科目(化学) 横山温和准教授、技術室 山北久枝