出前授業申込書

出前授業等

科学技術に携わる技術者及び研究者が、主に小・中学校を訪問し、自身の研究内容及び体験の紹介並びに社会生活において科学技術の成果がどのように利用・活用されているかなどを、直接児童・生徒に語りかけたり、実際に科学実験等を行うという授業を行っています。なお、出前授業は、県・市等の教育委員会等と連携を図り、実施されています。

<申込方法>

出前授業を希望される方は、事前にお電話でご相談の上、日程が決まり次第、次の申込用紙により下記宛お申し込みください。
申込用紙はwordiconWORDまたはPDFをクリックするとダウンロードできます。

申込用紙 wordiconWORDPDF 記入要領 PDF


<問い合わせ先・申込書送付先>

〒 857-1193 佐世保市沖新町 1-1
佐世保工業高等専門学校 総務課企画係
TEL 0956-34-8415
FAX 0956-34-8409
E-mail : kikaku(at)sasebo.ac.jp
※(at)は@に置き換えてください

【平成30年度出前授業一覧】
【平成29年度出前授業一覧】
【平成28年度出前授業一覧】
【平成27年度出前授業一覧】
【平成26年度出前授業一覧】
【平成25年度出前授業一覧】
【平成24年度出前授業一覧】
【平成23年度出前授業一覧】
【平成22年度出前授業一覧】
【平成21年度出前授業一覧】
平成20年度以前の出前授業については、左のカテゴリバーを参照ください。

令和元年度(平成31年度)

広田小学校科学クラブで出前授業を行いました

佐世保市立広田小学校の科学クラブで、オリジナルしおり作りを行いました。
ムラサキキャベツ液で染めた和紙に、酸性・アルカリ性の水溶液や指示薬を使って絵を描き、カラフルに色が変化する様子を楽しんでもらいました。
何色に変化するか考えながら絵や模様を描き、世界で一つだけの素敵なしおりが出来上がりました。
科学クラブの先生方にもお手伝いいただき、誠に感謝申し上げます。

日 時 令和元年11月27日(水)15時15分~16時00分
参加者 広田小学校科学クラブ(5~6年生)40名、先生3名
場 所 広田小学校 理科室
内 容 オリジナルのしおりを作ろう
担 当 藤井奈穂子(技術室)

 

令和元年度(平成31年度)

「鹿島市ものづくりイベント」で出前授業を行いました

【EDGE活動】の一環として、鹿島市生涯学習センター エイブル で開催された「鹿島市ものづくりイベント」に参加しました。

日 時 令和元年11月16日(土)12時00分~16時00分
参加者 約80名
場 所 鹿島市生涯学習センター エイブル
内 容 「3Dペンでものづくり」のテーマで、オリジナルのランプシェード作りや3Dプリンタの実演を行いました。
担 当 入江英也准教授、坂口彰浩准教授(電子制御工学科)
猪原武士講師(電気電子工学科)
機械工学科3年 福永駿輔、山本航汰
電気電子工学科2年 近藤澄弥、中村勇聖、山本壮悟

■会場

■事前準備

■イベントの様子
実習は1回あたり30名、60分(準備時間を含む)として、3回行いました。
1回目は猪原講師が説明を行い、2名の教員と5名の学生でサポートを行いました。

実習中、ネット鹿島波佐見ケーブルテレビによる撮影がありました。

3Dプリンタに興味を持った子供達が説明を受けていました。

2回目以降は学生が説明を行い、参加者も真剣に聞いていました。

 

■参加者の作品

■後片付け
イベント終了後は掃除と後片付けを行いました。

令和元年度(平成31年度)

日宇小学校で出前授業を行いました

体育館の中に5つのエリアを作り、「見る」「作る」「触る」のテーマに関する体験を行いました。

クリップモーターを作ってモーターが回るしくみやプラズマボールが光るしくみなどを学習したり、ライデン瓶では児童、先生、保護者の方も加わって輪になり静電気を体験した際は大きな声でビックリする様子が見られたり、参加者の皆さんに楽しんでもらいました。

学生スタッフとして、電気電子工学科の4年生20名が子供達に電気の楽しさを体験してもらうサポートをしてくれました。本校で取り組んでいる「知識活用型教育」の一環として、電気電子工学科では「知識広報コース」を設け、4年生が各種イベントで広報活動を行っています。

日 時 令和元年11月19日(火)14時10分~16時00分
参加者 小学4年生59名、保護者
場 所 日宇小学校 体育館
内 容 「見る」「作る」「触る」のテーマで、以下の内容を体験してもらいました。

「見る」プラズマボール、マインドストーム
(ライントレースカー、ショベルカー、ベルトコンベア)

「作る」クリップモーター

「触る」ライデン瓶、電気クラゲ、手回し発電機
(カーレース、電球の点灯、綿菓子)

担 当 猪原武士講師、大島多美子准教授(電気電子工学科)
電気電子工学科 4年生20名

 

「見る」テーマ
「作る」テーマ
「触る」テーマ
御礼の挨拶

令和元年度(平成31年度)

日野小学校体育館で出前授業を行いました

液体窒素実験を行いました。雲作りではアンコールがあり数回行うほど盛況でした。
化学マジックでは、色が変わる事にびっくりしていました。
最後は、親子で楽しそうに発泡入浴剤を作りました。
4学年役員の方、先生方にお手伝いを頂き、出前授業を無事に終える事が出来ました。

日 時 令和元年11月19日(火)13時55分~15時30分
参加者 日野小学校4年生98名・先生3名・保護者多数
場 所 日野小学校 体育館
内 容 液体窒素を使った雲作り、凍結実験、風船の膨張収縮、空気砲
化学マジックで液体の色が変わる
発泡入浴剤作り(親子で制作)
担 当 技術室 森 晴樹

令和元年度(平成31年度)

佐世保市立白南風小学校で出前授業を行いました

白南風小学校で開催されたイベント「のびのびデー」で、石けん作りの出前授業を行いました。

参加したのは白南風小学校の1年生~6年生96名で、雪の結晶入りの赤と緑の石けんを作ってもらいました。
今回は、本校物質工学科5年の学生3名も講師として参加し、児童の皆さんは学生講師に作り方を教えてもらいながら、楽しそうに作業していました。
固まった石けんを紙コップの型から外すと、「わぁ!キレイ~!」と嬉しそうな声があがっていました。

白南風小学校育友会の皆様にも準備や当日のサポート等、色々とお手伝いいただき、誠にありがとうございました。

日 時 令和元年11月9日(土)9時45分~12時00分
参加者 白南風小学校1年生~6年生 96名
場 所 白南風小学校 理科室
内 容 クリスマスカラーの石けん作り
担 当 藤井奈穂子(技術室)
梅村知佳(物質工学科5年)
本城麻衣(物質工学科5年)
渡部晶(物質工学科5年)

 

令和元年度(平成31年度)

サイエンスファイトで出前授業を行いました

長崎大学が主催するサイエンスファイト(佐世保市四ヶ町商店街)に参加し、「氷がにょきにょき」を出展しました。会場がアーケード街ということもあり、たくさんの来場者と実験を楽しむことが出来ました。この実験は本校の物質工学科1年生7名と行いました。

「氷がにょきにょき」は水の過冷却現象を用いて、目の間で氷の柱を成長させる実験です。身の回りの簡単なものを使って装置を作成し、普段見ることのできない氷の成長を見ることが出来ます。また、水ではなくオレンジジュースやカルピスなどを使って好きなものを凍らせることも出来ます。来場者からは実験成功とともに驚きの声が上がり、好奇心の旺盛な子どもたちは興味津々に実験に取り組んでいました。

また、同会場で液体窒素を使ったミニ実験も行い、化学を身近に感じる時間を共有できました。多くの来場者に楽しんでもらうことが出来ました。

日 時 令和元年11月10日(日)12時30分~16時00分
参加者 一般市民
場 所 四ヶ町商店街
内 容 氷がにょきにょき、液体窒素実験
担 当 横山温和 准教授(一般科目化学)
物質工学科1年生7名

 

令和元年度(平成31年度)

佐世保市立日野小学校で出前授業を行いました

小学6年生理科の「水よう液の性質」の単元に合わせて、3つの実験を行いました。

実験1: 紫キャベツ液に謎の液体を入れるとどうなる?
謎の液体を紫キャベツ液に加えてみて、色の変化とヒントを手がかりに謎の液体が何なのかを考える。
実験2: 酸とアルカリで金属を溶かしてみよう
小学校の授業で使った酸やアルカリよりも濃い濃度のものを使って、アルミ箔が溶ける様子を観察する。
実験3: 色が変化する不思議な液体
ペットボトルに入った液体を振ってみると・・・?

児童の皆さんはグループで実験を行いながら、紫キャベツ液がカラフルな色に変化する様子や、みるみるうちに溶けるアルミ箔を見て楽しんでいました。謎の液体の正解発表の時には、予想が当たったグループも、外れてしまったグループも大盛り上がりでした。
振ると色が変わるペットボトルの液は、みんな驚きの声を上げ、何度もフリフリしていました。

授業の最後には、「紫キャベツの色が変わるのが楽しかった」「いつもの授業ではできないことができて楽しかった」と嬉しい感想の言葉をいただきました。

日 時 令和元年11月7日(木)8時50分~15時35分
参加者 日野小学校6年生 93名
場 所 日野小学校 理科室
内 容 ・紫キャベツ液に謎の液体を入れるとどうなる?
・酸とアルカリで金属を溶かしてみよう
・色が変化する不思議な液体
担 当 藤井奈穂子(技術室)、森晴樹(技術室)

 

令和元年度(平成31年度)

広田小学校・理科室及び支援教室で出前授業を行いました

ひまわり・たんぽぽ教室の5名の子ども達は、びっくりしながらプラ板キーホルダー作りを楽しんでいました。

科学クラブの子ども達41名(4年生~6年生)には、化学マジックで化学の不思議さを見てもらった後、発泡入浴剤作りを体験してもらいました。

ワイワイ言いながら楽しそうに作っていました。

日 時 令和元年10月30日(水)13時45分~16時00分
参加者 ひまわり・たんぽぽ教室5名、科学クラブ41名
場 所 広田小学校・理科室、ひまわり・たんぽぽ教室
内 容 化学マジック(色の変わる反応)、プラ板キーホルダー作り、発泡入浴剤作り
担 当 技術室 藤井奈穂子、森晴樹

 

令和元年度(平成31年度)

「青少年のための科学の祭典2019」で出前授業を行いました

長崎市科学館で開催された「青少年のための科学の祭典2019」において「電気や磁気で遊ぼう!」というテーマで出展を行いました。
手回し発電機を回して電球を点灯する実験では、親子で参加された方も多く一生懸命に回さないと電球が明るくならないので、電気を作ることの大変さを知った後は「節電しようね」などという会話が聞こえてきました。また、ライデン瓶で静電気バチッに盛り上がる姿や、手回し発電機での綿菓子作りでは回転するアルミ缶から白いもの(綿菓子)が出て来る様子を見守る子供達の楽しそうな姿が見られました。

学生スタッフとして、電気電子工学科の4年生5名が子供達に電気の楽しさを体験してもらうサポートをしてくれました。本校で取り組んでいる「知識活用教育」の一環として、電気電子工学科では「知識広報コース」を設け、4年生が各種イベントで広報活動を行っています。

日 時 令和元年10月19日(土)10時00分~16時00分
参加者 小学生、中学生、高校生、一般
場 所 長崎市科学館
内 容 ・静電気で空飛ぶ電気クラゲの実験
・ライデン瓶で静電気のビックリ体験
・手回し発電機で電球の点灯実験
・手回し発電機で綿菓子作り
・リニアモーターカーの実演
担 当 大島多美子准教授(電気電子工学科)
電気電子工学科4年 江口隼翔、久保田樂、中島巧雅、松崎憧依、山崎大輝