平成28年度

日宇地区公民館にて夏休み親子ふれあい教室を実施しました

日宇地区公民館 夏休み親子ふれあい教室「ペットボトルでミニ水族館をつくろう!」

平成28年8月18日(木)、日宇地区公民館にて「夏休み親子ふれあい教室」を実施しました。
この工作教室は、日宇地区公民館から依頼を受けて、一般市民の親子を対象として実施したものです。
100円ショップにあるものを用いて「くるくる回るストロー浮沈子」を作り、海の生き物のシールを貼ってペットボトルの中に「ミニ水族館」を作りました。
講師は、森保仁教授(一般科目物理科)と原久之技術職員(技術室)が担当しました。

夏休みの自由研究に意欲的な小学生20人(保護者14人)が参加し、にぎやかな工作教室となりました。
親子で協力しながら、ストローに画びょうで穴をあけたり、浮沈子の浮力調節をしたりしていました。
最後に、ペットボトルの外側に色マジックで海草や岩を描いたりして、ミニ水族館を完成させました。
参加した子ども達は、きっと「ものづくり」が大好きになってくれたのではないかと思います。

工作教室終了後、参加した子供たちからは、次のような声が聞かれました。
・ライターを使うのが難しかったけど、作ってみるととても楽しかった。(小学1年生)
・浮沈子が魔法みたいに沈んだり回ったり止まったりしたので、すごかったです。(小学3年生)
・水族館に行かなくてもタダで見れるのが、とてもすごいなーと思いました。(小学3年生)
・浮沈子はなぜ浮くのかなと思ったけど、今日の説明で理解できました。(小学6年生)
また、一緒に参加して下さった保護者の方々からは、次のような声が聞かれました。
・楽しみながら簡単に理科も学べてとても充実した内容でした。家でもトライしたいです。
・浮き沈みする理由を初めに説明してくれたので、家でも作品と触れ合うことができると思います。
・浮力の勉強などもあり、理科にもっと興味を持ってくれるきっかけにもなったと思います。

 

aquqrium_1 aquarium_2

平成28年度

天神小学校にて「理科実験教室」を実施しました

佐世保市立天神小学校での訪問授業「理科実験教室」

平成28年8月3日(水)、佐世保市立天神小学校の体育館にて「理科実験教室」を行いました。
これは、天神小学校の「放課後子ども教室」として訪問授業を依頼されたものです。
天神小学校の参加希望者52名と保護者約10名が参加しました。
講師は、森保仁教授(一般科目物理科)と、原久之技術職員(技術室)の2名が担当しました。

実験内容は『マイナス200℃でなんでもカチコチ!』であり、「マシュマロをカチコチに!」、
「フィルムケースロケットを飛ばそう!」、「雲をつくろう!」、「バナナやバラをカチコチに!」、
など、液体窒素を用いた実験をたくさん行いました。
最後に『水素エネルギーのすごさを体感しよう!』という実験もして、とても盛り上がりました。
みんな最後まで目を輝かせながらたくさんの実験を楽しんでいました。

訪問授業終了後、参加した子供たちからは、次のような声が聞かれました。
・とっても楽しかったので来年もまた来たいなぁと思いました。(2年生)
・理科実験が大好きになりました。雲を作るのが本当に雲だと思いました。(3年生)
・マシュマロの食感がいつもと違って、とてもおいしかったです。(4年生)
・今までより実験が楽しかったです。自由研究でできることはやってみたいです。(5年生)
・液体窒素のすごさや水素のすごさがわかった。今後の学習にいかしたい。(6年生)

 

tenjin_1 tenjin_2

平成28年度

口石小学校にて「理科実験教室」を実施しました

佐々町立口石小学校での訪問授業「理科実験教室」

平成28年6月22日(水)、佐々町立口石小学校の体育館にて「理科実験教室」を行いました。
これは、第4学年のPTA行事「親子レクレーション」として訪問授業を依頼されたものです。
口石小学校4年生の80名と保護者約70名が参加しました。
講師は、森保仁教授(一般科目物理科)と、原久之技術職員(技術室)の2名が担当しました。

実験内容は『マイナス200℃でなんでもカチコチ!』であり、「マシュマロをカチコチに!」、
「フィルムケースロケットを飛ばそう!」、「雲をつくろう!」、「バナナやバラをカチコチに!」、
「超伝導体の性質」など、液体窒素を用いた実験をたくさん行いました。
みんな最後まで目を輝かせながらたくさんの実験を楽しんでいました。

訪問授業終了後、参加した子供たちからは、次のような声が聞かれました。
・ゴムボールはパリーンって音がしてびっくりした! 友達とたくさん笑って面白かった。
・僕は高専に行きたくなりました。これから理科のことを知りたいです。
・今回の実験は、ぜんぶ不思議だなぁと思いました。理科はすごいなと思いました。
・理科はあまり好きではありませんでしたが、今回の実験をしてとても理科が好きになりました。
また、一緒に参加して下さった保護者の方々からは、次のような声が聞かれました。
・子ども達がとても生き生きとした顔で先生の話を聞いており、親子共々とても楽しめました。
・普段生活している中では体験できないことなので、とても良い経験になりました。
・講師の説明が上手で、子ども達が意欲的に楽しく実験できたことが大変よかったと思います。

 

kuchiishi_1 kuchiishi_2

平成28年度

花高小学校へ出前授業に行きました

平成28年7月26日(火)、花高小学校放課後子ども教室に出前授業に行きました。
はじめに化学マジックや液体窒素を使った実験を行った後、「瞬間冷却剤」と「ジャイロコプター」を作りました。 子どもたちはマジックに驚いたり、化学変化に触れて楽しく過ごしました。
1年生から6年生までの教室でしたが、上級生が下級生をサポートしてくれたおかげで、みんな上手に実験ができました。

日 時 平成28年7月26日(火)9時00分~11時30分
参加者 1~6年生(63名)
場 所 佐世保市立花高小学校体育館
内 容 化学マジック、液体窒素の実験、瞬間冷却剤作り、ジャイロコプター作り
担 当 渡辺哲也(物質工学科)
demae_hanataka1 demae_hanataka2

平成28年度

「佐々町神田集会所」で出前授業を行いました

午前に低学年を対象として化学マジック、液体窒素の演示実験を行った後、スライム作りを行いました。
午後は、高学年を対象に低学年と同様な演示実験を行った後、発砲入浴剤作りを行いました。
全員でレクレーションとして、ラムネ菓子作りを行いました。
実験やラムネ菓子作りなど、保護者会役員、保護者の方々に手伝っていただき出前授業を終わりました。

 

日 時 平成28年7月24日(日)10時00分~15時30分
参加者 小学校1年生~3年生 32名、 幼児 6名、

小学校4年生~6年生 34名

場 所 神田集会所
内 容 化学マジック、液体窒素の演示実験、発泡入浴剤作り、

スライム作り、ラムネ菓子作り

担 当 森 晴樹
demae_kouda1
demae_kouda2

 

平成28年度

九十九島水族館で手作り工作教室を行いました

九十九島水族館で手作り工作教室を行いました。
「ぶるぶるロボットをつくろう!~深海生物オオグソクムシ~」というテーマで、オオグソクムシをモチーフにしたぷるぷると動く小さなロボットを製作しました。お弁当などに使うシリコンのカップを逆さまにし、両目を付け、内側から小形のモータを組み込んだ基盤を取り付けます。スイッチを入れると小刻みに振動しながら動きます。細かい作業もあり、小さな子供にとって難しい所はお父さんお母さんと一緒に頑張って組立てていました。取り付けたモータの位置でロボットの動きも変わり、前に進んだり回ったりと一つ一つ違い、参加されたお子さん達も楽しんでいました。

日 時 平成28年6月19日(日)11時~15時
参加者 自由参加20名(小学生とその兄弟)
場 所 九十九島水族館
内 容 ぶるぶるロボットをつくろう!~深海生物オオグソクムシ~
担 当 技術室:茂木貴之、久保川洋幸
pearlsea01 pearlsea02

平成28年度

「理系女子セミナー」にて出前実験を行いました

平成28年6月18日(土)に男女共同参画推進センター「スピカ」主催の「理系女子セミナー」にて出前実験を行いました。色が変わるLEDと電池ボックス、スイッチを繋いで光源装置を作成し、飾りつけしたペットボトルをその上においておしゃれなランプを作成しました。その後、液体窒素を用いて超低温がもたらす様々な現象を体験してもらいました。LEDランプづくりは少し難しかったようですが、親子で協力して作成し、満足のいく作品に仕上がりました。

日 時 平成28年6月18日(土)13時~15時
参加者 小学生(1年、2年、3年)24名 + 保護者17名
場 所 男女共同参画推進センター「スピカ」創作室
内 容 LEDランプづくり、液体窒素の実験
担 当 技術室:茂木貴之、里見暢子、白石博伸
spica01 spica02