サイト 佐世保高専新規 > 電子制御工学科 > イベント情報

投稿日:2017年07月25日(火)

平成29年度 公開講座「2足歩行ロボットを作ろう」を実施しました

平成29年7月22日(土)に、平成29年度 電子制御工学科 公開講座「2足歩行ロボットを作ろう」を実施しました。この講座は、受講する生徒の皆さんに、2足歩行ロボットの製作を通して、モノづくりの楽しさを体験してもらうことを目的に行いました。
 
ロボットのボディとなる金属板の加工から始まり、日常生活では、ほとんど触れることもないような太さ1mm長さ2mm程度のネジ締や、モータやマイコン間の配線など、午前中は、ロボットのハードウェアを製作していただきました。小さいネジを締めるのに四苦八苦しつつも、真剣なまなざしで取り組んでいる様子が見られました。
 
午後は、ロボットの歩行の仕組みと、それを実現させるプログラムの製作に取り組んでいただきました。プログラムを少し修正しては、ロボットの姿勢が目的の位置にくるように、前から見たり横から見たりと何度も何度も細かく調整しているようでした。
 
ロボットに歩行用プログラムを転送し、足を上げてロボットが歩いた時は、教室中から大きな声が上がり、写真を撮ったり、動画を撮ったり、長い1日の集大成を楽しんでいる様子でした。
 
アンケート結果を見ると、モノづくりの楽しさを十分に伝えることができたようで、今回の公開講座は大成功だったと思います。これを機会に、モノづくりにより興味を持ってもらえれば幸いです。
 
最後に、保護者の皆様におかれましては、受講生の送迎など貴重な休みのお時間を頂き、誠にありがとうございました。今後とも、佐世保工業高等専門学校電子制御工学科の取り組みについて、ご理解とご協力を頂ければと考えおります。

 

このページの先頭へ

投稿日:2017年02月17日(金)

平成28年度卒業研究発表会を行いました

 卒業研究発表会が、平成29年2月1~2日の日程で行われました。1年間必死で取り組んだ研究の成果について、全員プレゼンを行いました。プレゼンテーションの練習の成果が十分に発揮されているようで、5年生の皆さん立派に発表していました。

 

 

このページの先頭へ

投稿日:2016年11月08日(火)

高学年向け講習会が開催されました

 平成28年11月1日(火)、長崎大学大学院工学研究科情報工学コースの小林透教授を講師にお迎えして、電気電子工学科、電子制御工学科4年生・5年生及び電子制御工学科1年生を対象に「エンジニアにとって大事な2つの事」という講演会が開催されました。
 
 講演会はアクティブラーニング型の形態で行われ、それぞれのグループで記者会見型の自己紹介を行い、次に自主的に自由に意見を出し合う問題解決型の取り組みが行われました。これらを通して「コミニケーション」の重要性をご教授いただきました。また、小林先生の提案されているいくつかの研究事例を御紹介いただき、現状の固定観念を打ちやぶっていく「イノベーション」の大切さを教えていただきました。学生にとって大変貴重な機会であり、非常に有意義な講演を聞かせていただきました。
 
ご講演いただいた小林先生に深く御礼申し上げます。
 

このページの先頭へ

投稿日:2016年09月05日(月)

電子制御工学科公開講座「2足歩行ロボットをつくろう」を開催しました

22名の中学生に2足歩行ロボットを作っていただきました。

 

 ロボット本体と電気回路の作成では、細かい作業を行い、歩行プログラムの作成では、多くの人が初めてのプログラミングに挑戦してもらいました。学習内容が少し難しい部分もあったり、はじめて行う作業もあったりと、苦労する場面も見られましたが、最後までロボットを作り上げることができました。

 

 スムーズに歩かないロボットもあったようですが、足を上げて歩き出したときには大きな歓声があがりました。参加者の皆さまに満足していただけたかわかりませんが、これをきっかけに科学に興味を持っていただければうれしいです。

 

 さいごに、参加していただいた中学生の皆さん、電子制御工学科の公開講座にご参加いただきありがとうございました。近い将来、皆さんと教室で会えること楽しみにしています。また、お休み中にもかかわらず参加者の送迎等にご協力いただきました皆さま、今後とも佐世保高専の活動に対しまして、ご協力とご理解をお願いいたします。

 


このページの先頭へ

投稿日:2016年05月31日(火)

電子制御工学科公開講座「2足歩行ロボットをつくろう」が2年ぶりに戻ってきます

足を上げて歩く手のひらサイズのロボットを作ってみませんか?

ロボット本体の製作と歩行プログラムの作製を行います。初めての人でも作るのは難しくありませんので、興味のある人はぜひ参加してください。

実施日時 平成28年8月26日(金) 9:30~15:30
対  象 中学生
募集期間 平成28年6月1日(水)~7月15日(金)
(先着順にて受付を行います。)
申請方法 受講申込書を下記の宛先に、郵送、FAX、e-mail にてお送りください。
〒857-1193 佐世保市沖新町1-1
佐世保工業高等専門学校 総務課企画係
TEL/FAX:0956-34-8415/8409
e-mail: kikaku(at)sasebo.ac.jp ※ (at)は@マークに置き換えてください。
なお、申込書は佐世保高専ホームページ(http://www.sasebo.ac.jp/snct/p_open/lecture
よりダウンロードできます。

このページの先頭へ

投稿日:2016年05月02日(月)

公開講座:きみはバレーボールがどれくらい上手??~センサを作って測ってみよう~

バレーボールは得意ですか?オーバーハンドパス(トス)は上手にできますか?

 やわらかいボールタッチが求められるトスはなんとなく「いい感じ」ということしかわからないかもしれません。このプログラムではそれを目に見えるように可視化(かしか)します。実習で製作する「曲げセンサ」を手先やひじなど、体のあらゆるところに取り付けて体の動きを見てみましょう。

工学とスポーツの結びつきを感じてみませんか?

実施日時: 平成28年8月18日(木)9:30~16:30
対象: 中学生20名
応募方法: 佐世保工業高等専門学校・総務課企画係へ申し込み
6月1日~7月15日まで.なお先着順で定員になりしだい締め切ります.

このページの先頭へ

投稿日:2014年12月26日(金)

講演案内

1月15日に自然科学研究機構・核融合科学研究所の大石鉄太郎先生が来校され、電子制御工学科4年生に「核融合プラズマとその分光計測」に関する講演を行われます。

このページの先頭へ

投稿日:2014年12月14日(日)

出張科学イベント in 小値賀町

12月6日(土)に小値賀町で出張科学イベントを実施しました。 幼稚園児から中学生の皆さんの参加がありました。 出展テーマと参加教員は以下の通りです。

参加教員

・中村 嘉男        ・重松 利信        ・志久 修        ・椛島 隆富

・手島 裕詞        ・前田 貴信        ・槇田 諭


佐世保高専の説明です。

初めて聞くような話やロボット製作体験などを通じて、科学の面白さが伝わったのではないかと思います。

また、開催にあたり、ご協力を頂きました小値賀町教育委員会の皆様、図書館長をはじめ図書館スタッフの皆様ありがとうございました。

お礼状を頂きました。

 

このページの先頭へ

投稿日:2014年05月30日(金)

電子制御工学科 公開講座

平成26年度 公開講座のおしらせ

 

 

講座名

写真編集とプログラミング体験

担 当

佐世保高専 電子制御工学科

対 象

キーボード入力ができる小学生以上できない場合は保護者同伴

定員

  10 人

実施日

平成26年7月24日(木) (10:00~15:00)[昼休み12:00~13:00]

場 所

制御A棟演習室

参加費

なし

持参するもの

弁当  上履き(大人用のスリッパで可なら不要)

 

 

募集期間

平成26年6月2日(月)~ 平成26年7月22日(火)(定員になり次第、締めきらせていただく場合があります。)

申請方法

受講申込書を下記の宛先に、郵送、FAX、e-mailにてお送りください。〒857-1193 佐世保市沖新町1-1 佐世保工業高等専門学校 総務課企画係TEL/FAX:0956-34-8415/8409,e-mail: kikaku@sasebo.ac.jp※申込書は佐世保高専ホームページ(http://www.sasebo.ac.jp/kokai/kyoyo/index.html)からダウンロードができます。

 

 

(内 容)

小学生以上を対象にコンピュータグラフィックスの最新技術の紹介やデジタルカメラで撮影した写真を編集するためのコツを教えます。また、写真を編集しながら人物画をイラスト風や水墨画風などに変換し、文字や効果線などを描きながらA4サイズのポスターを制作してもらいます。制作物は印刷をしてフォトフレームに入れて持ち帰ることができます。ポスターはカレンダーにしてもかまいません。また、画像処理のプログラミングを作成してもらいます。

 

Ⅰ グラフィックス技術の紹介

3D映像はなぜ飛び出して見える?   色・形の不思議  など

(1)  写真編集を体験

画像を編集するためのノウハウを教えます。

(2)  顔写真入ポスター制作(または顔写真入カレンダー制作)

画像処理ソフトを使ってみなさんの顔写真を変換し、オリジナルの絵を制作します。

(3)  画像処理のプログラミング体験

プログラミングコードを入力し、簡単な画像処理のソフトを作ってもらいます。

このページの先頭へ