クラブ活動

文芸部

bungei.jpg

 

紹介コメント

詩・小説など文集の形で発行(年間数回/タイトル『新・春夏秋冬』)、各教室・図書館に配布しています。また、演劇活動も行っており、文化祭や高校演劇発表会などに参加しています。そのための基本トレーニングなどを日頃実践しています。低学年の入部が少なく,高校演劇発表会にはオープン参加を余儀なくされていますが、それでも毎年参加していこうとがんばっています。

 

年間行事

年間を通じて創作・合評活動

4月~6月  文集作成・配布
10月  高等学校文芸コンクール
11月  文化祭
12月 文集作成・配布
3月 文集作成・配布

 

主な活動・戦績

私たちの目標は、何と言っても、自分自身が納得のいく良い作品を書くことです。
そして、低学年については、高等学校文化連盟に正式に参加し、文芸コンクールに出品した作品が、県の最優秀作品に選ばれることです。
高学年については、大学生・一般対象の文芸コンクールへの出品を目指します。
まだ、高文連への正式参加が認められておらず、文芸コンクールには、オープン参加という形で、参加させて頂いています。
県下の高校生達との合評会は、とても楽しく充実しています。
早く同じ土俵の上で、九州大会、全国大会への出場をかけて競ってみたいと思っています。
綿矢りささんが最年少で芥川賞を受賞するまでは、仙台電波高専出身の作家・丸山健二さんが、芥川賞最年少受賞者でした。
また、九州内では、久留米高専出身の作家・乙一さんが、現在、大活躍されていることもあり、私たちは大きな刺激を受けています。

 

部員数(平成29年度)

 

学年
4 0
4 0
0 2
1 2
2 0
合計 11 4