佐世保工業高等専門学校 > 学生生活 > 入学料・授業料免除制度

学生生活

入学料・授業料免除制度

平成29年度前期分授業料免除申請に関する説明会についてはこちらをご覧ください

(1)入学料について

≪免除≫
以下のいずれかに該当する場合、入学料の免除を申請することができます。
・入学前1年以内において、本校に入学する者の学資を主として負担している者(学資負担者)が死亡した
・入学前1年以内において、本校に入学するもの若しくはその学資負担者が風水害等の災害を受けた

≪徴収猶予≫
以下のいずれかに該当する場合、入学料の徴収猶予を申請することができます。
・入学前1年以内において、本校に入学する者の学資を主として負担している者(学資負担者)が死亡した
・入学前1年以内において、本校に入学するもの若しくはその学資負担者が風水害等の災害を受けた
・経済的理由によって納付期限までに、納付が困難である

注: 免除及び徴収猶予の可否については、厳正に選考をおこなった上で決定いたします。
必ずしも許可されるとは限りません。

(2) 授業料について

≪高等学校等就学支援金≫
本科1~3年生は、高等学校等就学支援制度により、授業料年額234,600円のうち、家計状況に応じて一定の金額が助成されます。

≪授業料免除≫
4年生以上(専攻科生含む)のうち、経済的理由により授業料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる学生に対しては、選考の上授業料の全額または半額を免除する制度があります。
学生を対象に説明会(前期分2月、後期分8月)を開催していますので、HP・掲示板等でご確認下さい。

また、3年生以下で経済的理由により授業料の納付が困難であり以下の項目に該当する方は、特別措置の対象となる可能性がありますので、学生課へご相談下さい。
高等学校等就学支援金制度の対象となる学科1年生から3年生のうち、授業料の全額が免除されない者で、授業料の各期の納付期限前6月(新入生は入学前1年)以内において当該学生の学資を主として負担している者が死亡した場合若しくは学資負担者が風水害の災害を受けた場合
高等学校等就学支援金制度の36月の支給上限を超える等、当該制度では就学支援されない学科3年以下の者であり、かつ、学業優秀と認められる者
高等学校等就学支援金制度の対象となる学科1年生から3年生のうち、課税証明書が発行されない等の理由により、当該制度による加算が認められない又は申請できない者で、かつ、学業優秀と認められる者