佐世保工業高等専門学校 > 機械工学科 > 学科案内 > カリキュラム > 機械工作法

機械工作法

 鋼の板は、製鉄所にある圧延ローラで何度もつぶされて作られます。また一般的な自動車のボディは、800トン(1トン=1,000kg)もの力で鋼を曲げることで作られます。これらの加工法を総称して塑性加工と呼びます。この授業では、製鉄所での真っ赤な鋼板の圧延からロケット先端部品の作り方まで学習します。

このページの先頭へ