佐世保工業高等専門学校 > ニュース&トピックス

令和3年度

本校教員が製作に携わったキャップが東京オリンピックで使用されました

基幹教育科(体育科)の吉塚一典教授が製作に携わったキャップが東京オリンピック陸上競技にて使用されました。吉塚教授は運動時の体温とパフォーマンスに関する研究が専門で、そのアイディアをもとに、アシックススポーツ工学研究所と共同開発しました。

 

【吉塚教授のコメント】
オリンピックの東京開催が決まった時、猛暑の中での過酷なマラソンになるだろうと予想しました。
暑い時に頭部を冷やせば、パフォーマンスが向上することは分かっていたので、私のアイディアをアシックススポーツ工学研究所に持ち込み、4年かけて帽子を共同研究してきました。
本校の陸上競技部員達も試作品のテストに協力してくれ、それらのデータをフィードバックしながら改良を重ねました。
帽子の中を風が通り抜ける構造を具現化することが一番難しかったです。
私が研究したことが現場に還元されたこと、そしてオリンピックの舞台で日本選手の役に立てて、体育人として嬉しく思っております。

 

校長と吊り天キャップの報告をする吉塚教授 吊り天キャップの機能を説明
東京オリンピックで使用された吊り天キャップ 苦労した帽子の中を風が通り抜ける構造

高専説明会

令和4年度入試のための高専説明会を開催します(受付終了しました)

中学生と保護者の皆様に、本校の概要を詳しく紹介する高専説明会(学校説明会)を下記のとおり開催いたします。
高専とはどういう学校か、どのような勉強をするのか、最近の就職・進学状況は、といった内容を本校の教員と在学生が説明いたします。
皆様の進路決定の参考になればと考えておりますので、奮ってご参加ください。

 

今年度は新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、安心して参加できる環境を整えるため、対象者を【中学3年生1名に対して、保護者1名まで】とさせていただき、午前と午後に分けて開催します。(午前と午後は同じ内容です)。

 

対象者:中学3年生及びその保護者
開催日・会場:令和3年10月24日(日)・佐世保高専
定員:午前の部90組程度/午後の部90組程度(先着順)
定員に達し次第、申込締切前でも受付を終了いたします。
(申込締切:10月15日(金))
説明会内容
〈午前の部〉
1) 受  付(ピロティ)  9:30~10:00
2) 校長挨拶 10:00~10:05
3) 日程・資料説明 10:05~10:15
4) DVDによる学校紹介 10:15~10:40
5) 本校担当教員と在学生による概要説明 10:40~11:20
6) 質疑応答 11:20~11:30
〈午後の部〉
1) 受  付(ピロティ) 13:30~14:00
2) 校長挨拶 14:00~14:05
3) 日程・資料説明 14:05~14:15
4) DVDによる学校紹介 14:15~14:40
5) 本校担当教員と在学生による概要説明 14:40~15:20
6) 質疑応答 15:20~15:30


5 お申し込み方法及び締切日

個人で以下のwebページからお申し込みください。

※スマートフォン、タブレット端末からもお申し込みが可能です。


受付終了しました

受付終了しました

なお、インターネット接続環境がない場合や、webでのお申し込みができない場合は、以下のお申込み様式に必要事項をご記入のうえファックスでお送りください。

お申込み様式 「高専説明会お申し込み用紙」

申込み締切は、10月15日(金)とさせていただきます。

 

新型コロナウイルス感染症対策のお願い
当日の朝に検温し、発熱等の症状がある場合は参加を控えてください。(その際は高専説明会資料を送付させていただきます。)
当日はマスクの着用をお願いいたします。
重要事項のご連絡:
今後の新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、開催を中止する場合がございます。中止の場合は本校ホームページでお知らせいたしますので、来場前に必ずご確認ください。
また台風の接近など悪天候のためやむを得ず中止する場合は、本校ホームページ でお知らせいたしますので、ご確認ください。

 

7 問い合わせ先

〒857-1193 佐世保市沖新町1番1号

佐世保工業高等専門学校 学生課入試担当 宛

TEL:0956-34-8428

FAX:0956-34-8425

Mail:nyusi(at)sasebo.ac.jp

※(at)は@に置き換えてください

令和3年度

「月刊高専」で本校教員のインタビュー記事が掲載されました

これまでに「月刊高専」で本校教員のインタビュー記事が6件、掲載されました。
「月刊高専」とはメディア総研株式会社が運営している高専に関する情報を発信するWEBマガジンです。

 

■ 水素エネルギー研究で地元に貢献! 高専だからこそできる地方創生とは

機械工学科 西口廣志 准教授

https://gekkan-kosen.com/1079/(2021年3月2日掲載)

 

■ 「世のため、人のため」プラズマ研究を軸に地球規模の課題解決を目指す

電気電子工学科 猪原武士 准教授

https://gekkan-kosen.com/1290/(2021年3月26日掲載)

 

■ スイッチひとつでジャンボタニシ撃退⁉ 農家を救う高専のものづくり

電気電子工学科 柳生義人 准教授

https://gekkan-kosen.com/1308/(2021年4月7日掲載)

 

■ 自分の可能性を広げてくれた恩師のように――。 学生とともに研究の道を歩む

物質工学科 森山幸祐 講師

https://gekkan-kosen.com/1753/(2021年6月14日掲載)

 

■ 「工学」+「数学」=「無限の可能性」!? 数学のプロが考える、これからのモノづくり

電子制御工学科 濵田裕康 准教授

https://gekkan-kosen.com/3546/(2021年9月28日掲載)

 

■ 憧れの仕事に全力投球!「リケジョ」を育てて、未来を創る

電気電子工学科 大島多美子 准教授

https://gekkan-kosen.com/3675/(2021年10月5日掲載)

 

 

 

「月刊高専」へはこちらをクリック⇩

令和3年度

本校専攻科生が研究助成に採択されました

専攻科 生物・化学工学系2年の井元乃絵さんの研究が公益財団法人 長岡技術科学大学技術開発教育研究振興会の研究助成に採択されました。

これは、あらゆる研究分野における実践的な技術の研究開発に対して助成されるもので、長岡技術科学大学に在籍している大学院生及び高等専門学校に在籍している専攻科学生による応募の中から選考の結果、12件が採択されます。

井元さんの研究内容とコメントを以下に紹介します。

【研究テーマ】

温和な条件下において作製可能な天然高分子由来ゲル化剤の開発と脂肪組織工学への応用

【研究内容】

本研究では、失われた脂肪組織再建のための組織工学用人工足場材料の開発を目的としております。具体的には、「生体適合性の高い材料を用いた、細胞包括可能な高分子ハイドロゲル」の開発を行っています。この目標を達成するため、本研究では優れた生体適合性を有する生体由来の天然高分子をゲル化剤として利用します。また、高分子ハイドロゲルの作製法として、細胞に対して温和な条件で進行する酵素反応を利用し、生存率を高く保持したまま細胞の包括が可能なハイドロゲルの作製を目指しています。

【指導教員】

物質工学科 森山幸祐 講師

【コメント】

今回、私が取り組んでいる研究につきまして、長岡技技術科学大学技術開発教育研究振興会様より研究助成に採択していただき、大変嬉しく思います。頂いた助成金を最大限有効活用し、よりよい研究成果を出せるよう、日々精進して参ります。実験のみならず、自分自身が研究資金に触れる貴重な機会を頂きましたので、研究がどのように成り立っているのか、ということも考えながら、専攻科修了まで取り組んでいきたいです。

 

体育祭

令和3年度体育祭を開催します(10月17日(日))(終了しました)

昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため開催を断念しましたが、今年度は感染症対策を十分に講じた上で下記のとおり体育祭を開催いたします。

なお、当日の天候により日程が変更となる可能性があります。実施の判断(有無)については、本校ホームページので当日の午前7時までにお知らせしますので各自でご確認ください。

体育祭の実施に当たっては学生や観覧者の距離を十分に確保するため、入場者は学生を通じて事前にお申し込み頂いた5年生のご家族2名、4年生のご家族1名のみとします。一般の方は入場をご遠慮願います。
入場制限を設けることにつきまして、皆様のご理解を賜りたくお願い申し上げます。

ご観覧に当たっては、下記の留意事項をご確認いただき、ご来場いただきますようお願いいたします。

 

1. 日  時 令和3年10月17日(日) 8時50分 開式
(雨天順延10月18日)
2. 場  所 佐世保工業高等専門学校グラウンド
3. 留意事項
ご観覧は事前に学生を通じてお申し込み頂いた5年生のご家族2名まで、4年生のご家族1名までとします。
観覧者は全てマスクの着用をお願いします。
観覧者は朝検温を行い、発熱や風邪などの症状がある場合は体育祭の出席は控えてください。
駐車場は、佐世保自動車検査登録事務所内の駐車場をご利用ください。駐車場は、体育祭当日の午前7時から開門しています。なお、佐世保工業高等専門学校へのご家族の入場は、体育祭当日の午前8時以降に、正門からお願いします。
正門にて受付を行います。受付で検温を行い、観覧許可証(リストバンド)、座席表、プログラムをお渡しします。
観覧席は指定とします。観覧中の移動、大声での会話や声援はお控えください。
昼食は学生と一緒にはとらないでください。自宅通学生は各教室で、寮生は学寮で昼食をとることにしていますので、念のため申し添えます。

令和3年度

「早岐コミュニティセンター」で出前授業を行いました

令和3年8月18日に「早岐コミュニティセンター」で出前授業を行いました。今回のテーマは、「英語de出前授業!水で遊ぼう♪」です。 英語を使いながら、つかめる水やカラフルいくらにチャレンジしました。

ペットボトルに入れた水に粉を溶かすときには、みんなで一緒に“Shake!Shake!Shake!” なかなか溶けずに大変でしたが、子供も大人もみんなで英語をしゃべりながら、楽しく実験に取り組むことができました。

アンケートには、「プニョプニョしているペットができた♪」、「えいごも学べておもしろかった」、「とても楽しかったのでまたやりたいです」「幼児でも楽しんで理科や英語を学べました」といった感想がありました。おもしろ実験を通じて、理科と英語に触れることができたと思います。

「英語de出前授業」の取り組みは、今回がはじめてでしたが、参加してくださった方全員が「😀とても楽しかった」と言ってくれたので、本当に良かったです。

日 時 令和3年8月18日(水)10時00分~12時00分
参加者 幼稚園~小学5年生 18名
場 所 早岐コミュニティセンター
内 容 英語de出前授業♪「水で遊ぼう!」(つかめる水・カラフルいくら)
担 当 基幹教育科(英語) Ernie KAKEHASHI准教授、尾﨑ちひろ講師
電気電子工学科 柳生義人准教授、日比野祐介助教
グローバルエンジニア育成事業:原口和子(非常勤)

 

令和3年度

「江上コミュニティセンター」で出前授業を行いました

令和3年8月6日(金)に「江上コミュニティセンター」で出前授業を行いました。長崎県五島市沖にある浮体式洋上風力発電について学んだあと、それをモデルにした「ミニ風力発電をつくろう!」にチャレンジしました。今年もコロナ禍でどこにも行けない夏休みだったこともあり、とても楽しそうに出前授業に取り組んでくれました。風の力で電気が光ったときのうれしそうな笑顔が印象的でした。

※ペットボトル風車づくりは、日本財団助成事業「海と日本プロジェクト」の一環として、「海を活かす技術の小中校生向けワークショップ(長崎海洋産業クラスター形成推進協議会)」との共催で実施しました。

日 時 令和3年8月6日(日)10時00分~11時30分
参加者 小学生12名
場 所 江上コミュニティセンター
内 容 「ミニ風力発電をつくろう!」
担 当 柳生義人 准教授(電気電子工学科)

 

令和3年度

スピカ「理系女子セミナー」で出前授業を行いました

佐世保高専と佐世保市男女共同参画推進センター「スピカ」共催の理系女子セミナーで『プログラミングと動くいきものマスコット作り』を行いました。

プログラミングでは、マインドストームを用いてロボットカーがセンサーで障害物を避けて動くようようなプログラムを作りました。
動くいきものマスコット作りでは、振動モーターを用いた回路に、フエルト、モール、ポンポンボール等を用いて個性的なマスコットがたくさん出来上がりました。

アンケートでは「今日のセミナーはどうでしたか?」という質問に、85%の方から「たのしかった」という回答をいただき、お子様には楽しく参加していただけたと思います。

また、保護者の方からは

・子供も夢中になって取り組んでいました。何度も参加させていただいていますが、いつも先生方が優しくわかりやすく教えていただき本当にありがとうございます。
・親が子供に教えてあげられない内容なので、子供は新しい発見をしたような様子で興味を持っていました。
・佐世保高専の学生さん達が優しく教えて下さり、子供も嬉しく安心して参加することができたようでした。
・コロナ禍の中、全てに気配りがなされていてビックリしました。とても良い時間を過ごせました。

などの感想をいただきました。

 

日 時 令和3年8月7日(土)9時30分~12時00分
参加者 女子小学生20名、保護者
場 所 佐世保市男女共同参画推進センター「スピカ」
内 容 【テーマ①】プログラミングでロボットを走らせてみよう!!
【テーマ②】ブルブル動いて、かわいいよ!『動くいきものマスコット作り』
担 当 電気電子工学科 猪原武士 准教授、大島多美子 准教授
技術室 茂木貴之 技術職員

 

おもしろ実験大公開

令和3年度 おもしろ実験大公開”ミニ”を開催します


ロボットや電気、音、光、化学、機械など、様々な実験やものづくりを通じて、自然の不思議や科学の面白さに触れてみませんか?
興味のある方は、是非お越しください!

 

※1人1つを原則といたしますが、応募状況によっては調整させていただく場合がございます。(申込フォームでは、第2希望までご選択できます。)

※ 期間内に定員に達しない場合は、募集期間後も引き続き募集を行います。状況は、このホームページでご確認ください。

※ 新型コロナウイルス感染症による影響や、台風等の自然災害により講座を延期または中止する場合は、本校ホームページにてお知らせいたします。

※ 当イベントへ参加するに当たっての往路・復路移動途中や敷地内、開催時間内において発生した事故や怪我などの責任を負いかねますことをあらかじめご了承ください。

 

 

おもしろ実験大公開“ミニ”ポスター(令和3年度)

 

 

募集要項:実施学科名をクリックすると、募集要項を見ることができます。

申込フォーム:をクリックすると、実施学科ごとの申込フォームが開きますので、必要事項を入力の上、お申し込み下さい。

※申込みの直後に自動返信メールが届きます。「迷惑メール」等のメール受信拒否設定をされている場合は、申込みの前に「kikaku@st.sasebo.ac.jp」からのメール受信許可設定を必ず行ってください。

実施学科名・募集要項 開催日時
対象 定員
テーマ名 募集期間
申込フォーム
1 電気電子工学科(午前の部) 10/23(土) 10:00~12:00
小学生~中学生
※高校生、一般の方は見学のみ
20人
ペットボトル風車で発電、
3Dプリンタでキーホルダー作り、
プログラミングでドローン飛行  など
10/7(木) ~ 10/15(金)
2 電気電子工学科(午後の部) 10/23(土) 13:30~15:30
小学生~中学生
※高校生、一般の方は見学のみ
20人
午前の部(No.1)と同様の内容です 10/7(木) ~ 10/15(金)
3 物質工学科(午前の部) 8/22(日) 10:00~12:00
開催中止
小学生~中学生
※高校生、一般の方は見学のみ
12人
光るイクラ・動くイクラ作り、
ぷにょぷにょカプセル作り
6/7(月) ~ 7/9(金)
定員に達しました
4 物質工学科(午後の部) 8/22(日) 14:00~16:00
開催中止
小学生~中学生
※高校生、一般の方は見学のみ
12人
おもしろ電池作り、
分子のキャッチボール
6/7(月) ~ 7/9(金)
定員に達しました
5 電子制御工学科 8/26(木) 9:30~12:30
開催中止
小学生~中学生
※高校生、一般の方は見学のみ
25人
イジワルAIとゲーム対戦、
VRとAR体験、
傘ラジオ  など
6/7(月) ~ 7/9(金)
定員に達しました
6 機械工学科 9/12(日) 9:00~12:00
開催中止
小学生~中学生
※高校生、一般の方は見学のみ
40人
レゴロボット博士、
指のレプリカ作り、
音でワイングラスを割ろう など
6/7(月) ~ 7/9(金)
定員に達しました

 

公開講座・一般教養講座へのお申込みはこちらから

 

 


※個人情報のお取扱いについて

申込フォームにより取得する個人情報は、本イベントに係る受付事務、これに伴うご連絡及び個人を特定しない統計的集計のみに利用し、他の目的には一切使用いたしません。

 

【申込・問合せ先】
総務課企画係
〒857-1193 佐世保市沖新町1番1号
TEL:(0956)34-8415 / FAX(0956)34-8409
E-mail:kikaku(at)sasebo.ac.jp
※(at)は@に置き換えてください

令和3年度

本校のテレビCMを放映します

下記の期間中、NCC長崎文化放送にて本校のテレビCMが放映されます。
ぜひご覧ください。

なお、本校HPのこちらからもご覧いただけます。

 

【放映期間】令和3年10月1日(金)~令和3年10月31日(日)
【放送局】 NCC長崎文化放送