佐世保工業高等専門学校 > ニュース&トピックス > 令和元年度(平成31年度) > 本校専攻科生が「第11回電気設備学会九州支部賞(全国大会優秀賞)」を受賞しました

令和元年度(平成31年度)

本校専攻科生が「第11回電気設備学会九州支部賞(全国大会優秀賞)」を受賞しました

専攻科複合工学専攻 電気電子工学系 荒木裕太君 および 馬場圭佑君が、令和元年5月17日(金)に開催された電気設備学会九州支部総会において、「第11回電気設備学会九州支部賞(全国大会優秀賞)」を受賞しました。本受賞は、2018年(第36回)電気設備学会全国大会(平成30年9月4日~5日、於 福井市地域交流プラザ)での発表および研究内容が高く評価されたものです。

◆受賞者:専攻科 複合工学専攻 電気電子工学系 2年 馬場 圭佑

指導教員:柳生義人准教授

講演題目:飲料水給水設備用大気圧プラズマ殺菌装置の開発および殺菌特性

発表者:馬場圭佑、柳生義人、川崎仁晴、大島多美子、猪原武士、篠原正典(佐世保高専 電気電子工学科)、脇畑和幸、福島幸男、小山 剛、坂本雅俊、範 暁波(太平環境科学センター)

受賞コメント:

電気設備学会全国大会において、九州支部賞を頂くことができ大変光栄に思っています。電気電子を専攻する私にとって、バイオ分野の知識も必要となる今回の研究は簡単なものではありませんでしたが、多くの知見を得ることができました。また装置を実用化するということの難しさを知り、人の役に立つ研究とは何なのかを考えることが多々ありました。実用化に向けて解決すべき課題はまだまだありますが、これからも真摯に研究に向き合っていきたいと思います。

◆受賞者:専攻科 複合工学専攻 電気電子工学系 2年 荒木 裕太

指導教員:柳生義人准教授

講演題目:活イカの高密度・長距離輸送における輸送水処理用プラズマ源の開発

発表者:荒木裕太、柳生義人、川崎仁晴、大島多美子、猪原武士、篠原正典(佐世保高専 電気電子工学科)

受賞コメント:

電気設備学会全国大会において、活イカ輸送のための輸送水処理用プラズマ源装置の開発を発表し、幸運にも九州支部賞をいただくことができ大変光栄に思います。研究についてご指導いただいた柳生准教授には感謝申し上げます。日頃から「実用化・社会導入」に向けて何をすべきか、現状の課題への対策を考えることを意識しました。これからも意識を高く持ち続け、研究に励む所存です。