佐世保工業高等専門学校 > 学校開放事業 > 出前授業 > 令和元年度(平成31年度) > 波佐見ウェイブホールで出前授業を行いました

令和元年度(平成31年度)

波佐見ウェイブホールで出前授業を行いました

波佐見町立波佐見南小学校第4学年のPTA行事「親子レクレーション」として、理科実験の訪問授業を行いました。みんなとても元気よく、最後まで目を輝かせながら実験を楽しんでいました。

訪問授業終了後、参加した子供たちからは、次のような声が聞かれました。

・カチコチのマシュマロは、氷みたいに固いと思っていたけど、意外とやわらかかった。
・いつか雲を見てみたいと思っていたけど、こんなにすぐに見ることができて楽しかった。
・浮かんだピンポン玉が元に戻るかどうかワクワクして、とても面白かった。

また、一緒に参加して下さった保護者の方々からは、次のような声が聞かれました。

・最初から最後まで「どうなるんだろう?」とワクワクドキドキして、とても楽しめました。
・先生のお話も親しみがあって笑いが絶えず、理科の楽しさも十分に伝わったと思いました。
・「高専に行きたい!」と思った子どもも多かったのではないかと思います。

日 時 令和元年6月29日(土)10時00分~11時30分
参加者 波佐見南小学校4年生(52名)+保護者(約40名)
場 所 波佐見ウェイブホール
内 容 タイトル『マイナス200℃でなんでもカチコチ!』
「カチコチのマシュマロを食べてみよう!」、「フィルムケースロケットを飛ばそう!」、「体育館の中に雲ができる?」、「バナナやバラをカチコチに!」、「シャープペンの芯が電球になる!?」など
担 当 森 保仁 教授(一般科目物理科)、原 久之 技術職員(技術室)