佐世保工業高等専門学校 > ニュース&トピックス > 令和元年度(平成31年度) > 洞窟計測探査シミュレーションプログラム [2019 夏の活動報告1(松江高専編)]

令和元年度(平成31年度)

洞窟計測探査シミュレーションプログラム [2019 夏の活動報告1(松江高専編)]

『洞窟計測探査シミュレーションプログラム』は国立高等専門学校機構の研究ネットワーク形成支援事業の一つであり、日本洞窟学会のご協力により各種の活動を行っています。本記事では、松江工業高等専門学校(電子制御工学科 久間英樹教授研究室)・美祢市教育委員会・秋吉台科学博物館・平尾台自然観察センター・ハートランド平尾台株式会社と連携して9月に山口県秋吉台と福岡県平尾台で実施した、ドローンによる縦穴のレーザースキャナ測定実験等を紹介します。

 

【秋芳洞】
令和元年(2019年)9月13日(金)に山口県美祢市「秋芳洞」において、熱カメラによる洞窟撮影実験とレーザースキャナ測量を実施しました。

[画像1] 左上:「秋芳洞」洞口、右上:「秋芳洞」洞口(熱カメラ撮影)、下:観光洞「千枚皿」の3Dモデル

 

【秋吉台】
令和元年(2019年)9月14日(土)に山口県美祢市秋吉台の秋吉台科学博物館付近(元青少年訓練所跡地)において、ドローン搭載改良型レーザースキャナ装置による3D測定実験(第3回)を実施しました。

[画像2] 左上・右上:準備、下:レーザー測定中
[画像3] 訓練所跡地(3D点群モデルCloudCompare)

 

【平尾台】
令和元年(2019年)9月16日(月、祝)に福岡県北九州市平尾台の縦穴である「こむそう穴」と自然の郷ドリーネデッキ「はる穴」において、改良型ドローン搭載レーザースキャナによる3D測定実験(第1回)を実施しました。

「こむそう穴」
[画像4] 左上・右上:準備、左下:離陸、右下:レーザー測定中
[画像5] 「こむそう穴」
[画像6] 「こむそう穴」(3D点群モデルCloudCompare)

 

「はる穴」
[画像7] 左:ドリーネデッキから離陸、中・右※:レーザー測定中のドローン
[画像8] 左:上空からみたドリーネデッキとドローン ※、 右:「はる穴」
[画像9] 「はる穴」(3D点群モデルCloudCompare)

 

※ドローンによるドローン空中撮影(堤紀文氏(ハートランド平尾台)のご提供)

(詳細は本校の研究報告に掲載予定です。)

 

参加メンバー:
久間英樹教授・松江工業高等専門学校 電子制御工学科
梅木太嗣・松江工業高等専門学校 電子制御工学科5年
岡本渉技師・名古屋大学全学技術センター
村上崇史特別専門員・美祢市教育委員会文化財保護課

眞部広紀准教授・佐世保工業高等専門学校一般科目、
『洞窟計測探査シミュレーションプログラム』代表