佐世保工業高等専門学校 > 学校開放事業 > 出前授業 > 令和元年度(平成31年度) > 佐世保市立日野小学校で出前授業を行いました

令和元年度(平成31年度)

佐世保市立日野小学校で出前授業を行いました

小学6年生理科の「水よう液の性質」の単元に合わせて、3つの実験を行いました。

実験1: 紫キャベツ液に謎の液体を入れるとどうなる?
謎の液体を紫キャベツ液に加えてみて、色の変化とヒントを手がかりに謎の液体が何なのかを考える。
実験2: 酸とアルカリで金属を溶かしてみよう
小学校の授業で使った酸やアルカリよりも濃い濃度のものを使って、アルミ箔が溶ける様子を観察する。
実験3: 色が変化する不思議な液体
ペットボトルに入った液体を振ってみると・・・?

児童の皆さんはグループで実験を行いながら、紫キャベツ液がカラフルな色に変化する様子や、みるみるうちに溶けるアルミ箔を見て楽しんでいました。謎の液体の正解発表の時には、予想が当たったグループも、外れてしまったグループも大盛り上がりでした。
振ると色が変わるペットボトルの液は、みんな驚きの声を上げ、何度もフリフリしていました。

授業の最後には、「紫キャベツの色が変わるのが楽しかった」「いつもの授業ではできないことができて楽しかった」と嬉しい感想の言葉をいただきました。

日 時 令和元年11月7日(木)8時50分~15時35分
参加者 日野小学校6年生 93名
場 所 日野小学校 理科室
内 容 ・紫キャベツ液に謎の液体を入れるとどうなる?
・酸とアルカリで金属を溶かしてみよう
・色が変化する不思議な液体
担 当 藤井奈穂子(技術室)、森晴樹(技術室)