令和元年度(平成31年度)

日宇小学校で出前授業を行いました

体育館の中に5つのエリアを作り、「見る」「作る」「触る」のテーマに関する体験を行いました。

クリップモーターを作ってモーターが回るしくみやプラズマボールが光るしくみなどを学習したり、ライデン瓶では児童、先生、保護者の方も加わって輪になり静電気を体験した際は大きな声でビックリする様子が見られたり、参加者の皆さんに楽しんでもらいました。

学生スタッフとして、電気電子工学科の4年生20名が子供達に電気の楽しさを体験してもらうサポートをしてくれました。本校で取り組んでいる「知識活用型教育」の一環として、電気電子工学科では「知識広報コース」を設け、4年生が各種イベントで広報活動を行っています。

日 時 令和元年11月19日(火)14時10分~16時00分
参加者 小学4年生59名、保護者
場 所 日宇小学校 体育館
内 容 「見る」「作る」「触る」のテーマで、以下の内容を体験してもらいました。

「見る」プラズマボール、マインドストーム
(ライントレースカー、ショベルカー、ベルトコンベア)

「作る」クリップモーター

「触る」ライデン瓶、電気クラゲ、手回し発電機
(カーレース、電球の点灯、綿菓子)

担 当 猪原武士講師、大島多美子准教授(電気電子工学科)
電気電子工学科 4年生20名

 

「見る」テーマ
「作る」テーマ
「触る」テーマ
御礼の挨拶