令和元年度(平成31年度)

公開講座「電気エネルギー」を実施しました

公開講座「電気って何ができるのだろう? 生活を豊かにする電気エネルギーについて学ぼう!!」

【開催日時】令和元年12月21日(土) 10:00~17:00

本校の電気電子工学実験室に於いて、小学5年生から中学3年生まで14名の方にご参加いただき、電気の発生から、電気を利用したプラズマ技術の基礎から最新応用について学ぶ、公開講座を実施しました。

身近な自然現象や技術として利用されている静電気やプラズマについて学び、実習では、小さなプラズマボールと分光器(光の色を分ける装置)を作製し、プラズマの光や、蛍光灯、太陽光に含まれる光について観測を行いました。また、プラズマを利用した最新の研究として、水や空気を綺麗にする技術について実際に実験を行い、その凄さを体験してもらいました。

参加者からは、
「意外と身近にあるプラズマを知れてよかった」
「電気の力で水や空気が綺麗になることがすごいと思った」
など、日頃触れることができない最新の技術を体験することができ、楽しみ満足された様子でした。

 

実施者:猪原武士 講師、柳生義人 准教授、大島多美子 准教授(電気電子工学科)、佐竹卓彦 技術職員(技術室)
補助学生:井上伶、田中葵(専攻科)、内野晟、髙原若葉、堤皓政、朝長翔太、古川雄介、道上竣介、吉居鞠(電気電子工学科5年)

 

なお、本講座は、日本学術振興会の「ひらめき☆ときめきサイエンス」事業の支援を受けて実施されました。
ひらめき☆ときめきサイエンスは、大学や研究機関で「科研費」(KAKENHI)により行われている最先端の研究成果に、小学5・6年生、中学生、高校生の皆さんが、直に見る、聞く、触れることで、科学のおもしろさを感じてもらう事業を支援するプログラムです。
 

身近な炎がプラズマ状態であることについて実験や説明をしました。
静電気やバンデグラーフを使った実験で遊びました。
はんだごてを使って
小さなプラズマボールを作製しました。
「未来博士号」を授与しました。