佐世保工業高等専門学校 > 学校開放事業 > 出前授業 > 令和4年度 > 「相浦児童クラブ」で出前授業を行いました

令和4年度

「相浦児童クラブ」で出前授業を行いました

令和4年8月8日(月)に相浦児童クラブで出前授業を行いました。
この日は約50名の児童の皆さんが参加しました。

まず最初に見てもらったのは、化学実験ショー。
ペットボトルに入った透明な液を振ると、青や赤や緑に色が変化して、みんなビックリ!
「わぁーーー!!!」「えぇーーーー!?!?」と驚きの声でいっぱいでした。
ドライアイスを使った遊びでは、ピンポン球のようなシャボン玉を手に乗せて楽しみました。

次はものづくりタイム。
今回は水で膨らむ高分子吸水ビーズを使って、金魚のインテリアボトル作りをしました。
ガラス瓶の中にぷよぷよとしたビーズと、金魚のおもちゃ、飾り付けのビーズなどを丁寧に入れていきます。
最後に水を入れると、吸水ビーズの輪郭が消えて、まるで金魚が水の中を泳いでいるように見えます。
これは、「屈折」という現象を利用したもので、膨らんだビーズの中身はほとんど水なので、水の中に入れると屈折率がほぼ同じになり、吸水ビーズが消えたように見えるのです。
自分のインテリアボトルの出来映えにみんな満足そうでした。

インテリアボトル作りの後は、バスボム作りもしました。
木の棒でトントンと形を整える時はみんな真剣でした。

たっぷり3時間、実験やものづくりを楽しんだ皆さんはとてもいい笑顔でした。
今回の出前授業でお世話になった相浦児童クラブの皆様、どうもありがとうございました。

 

日 時 令和4年8月8日(月)13時00分~16時00分
参加者 児童約50名
場 所 相浦児童クラブ
内 容 ・化学実験ショー
・ぷよぷよボールでインテリアボトルづくり
担 当 技術室 藤井 奈穂子
技術室 井村 裕亮
総務企画係 山口 詩悦