佐世保工業高等専門学校 > ニュース&トピックス > 平成21年度以前 > 一般教養講座 親子おもしろ実験教室 ‐身近にある科学の不思議‐

平成21年度以前

一般教養講座 親子おもしろ実験教室 ‐身近にある科学の不思議‐

 

 平成17年8月3日(水)、佐世保高専主催で、一般市民を対象とした「一般教養講座 親子おもしろ実験教室 ?身近にある科学の不思議?」を、佐世保高専の物理実験室および化学実験室で実施しました。
 本校一般科目物理科の森保仁助教授が講義と実験を担当し、本校学生課の原久之技術専門職員が実験を担当しました。19家族46名(親19名、小学生27名)が参加し、大変にぎやかな実験教室となりました。

実験講座では、以下の5つの実験を3時間の予定で行いました。
  ?声がきれいに響くエコーマイクを作ろう!
  ?くるくる回るストロー浮沈子を作ろう!
  ?空気の力でアルミ缶をつぶそう!
  ?電気の力でおいしい蒸しパンを作って食べよう!
  ?手作りの牛乳パックカメラで写真を撮ろう!

最後は予定時間を45分もオーバーしてしまいましたが、親子が協力して最後まで楽しみながら工作や実験に取り組んでいました。

講座終了後、参加した子供たちからは、次のような声が聞かれました。
  ・たくさん実験ができてとても楽しかった
  ・空気の力でアルミ缶がものすごくつぶれて驚いた
  ・牛乳パックからこんなに面白いカメラができてビックリした
  ・こんな簡単なカメラなのに本当に写真が撮れるので、家に帰ってやってみたい

また、一緒に参加して下さった親の方々からは、次のような声が聞かれました。
  ・電気で蒸しパンができるのにはビックリしました
  ・家庭では実験などできないと思っていましたが、講習を受けできそうな気がします
  ・作ったものですぐに実験の結果を体感できる点がわかりやすく楽しかったです