佐世保工業高等専門学校 > ニュース&トピックス > 平成21年度以前 > 「第14回 自然は不思議 おもしろ実験大公開!」を開催

平成21年度以前

「第14回 自然は不思議 おもしろ実験大公開!」を開催

佐世保高専の恒例行事である「自然は不思議 おもしろ実験大公開!」を、10月11日(土)に開催しました。今年で14回目となるこのイベントは、普段の生活では気づきにくい自然の不思議や科学の面白さを、実験や観察、ものづくりを通して体験してもらうことを目的として毎年開催しているものです。

 

当日は天候にも恵まれ、佐世保市内やその近郊から、家族連れの小学生や科学に興味のある中学生など、前年よりも600名ほど多い過去最高の約2000名の方々にお越し戴き、大変にぎやかな一日となりました。

 43種類の実験ブースでは、30名の教職員と186名の学生スタッフが実験指導や実験の解説をしました。参加した子ども達は、様々なテーマの実験(振動、静電気、超低温、電波、音、光、熱など)、体験(ロボット鬼ごっこ、空気砲、ホバークラフト、電気自動車など)、ものづくり(竹ひごブリッジ、化学エンジンの船、人工イクラ、押し花しおり、メロディー笛、プラ板アクセサリー、ワンダーズーム万華鏡、ストロー浮沈子、ブーメラン、指のレプリカなど)、観察(魚ロボット、水中ロボット、空中写真など)、食べ物(べっこう飴、電気蒸しパン、ソーラークッキングなど)、を思い思いに楽しみ、驚きや喜びの声をあげていました

 また、一週間後の19日(日)に別府市で開催される「高専ロボコン九州沖縄地区大会」に出場するロボットのお披露目もあり、大いに盛り上がりました。イベントの最後には「空気の力でドラム缶をつぶす実験」が行われ、参加者から大きな拍手と歓声がわき起こりました。