佐世保工業高等専門学校 > ニュース&トピックス > 平成21年度以前 > 「第4回佐世保・中国国際交流フォーラム」を開催しました。

平成21年度以前

「第4回佐世保・中国国際交流フォーラム」を開催しました。

本校では、文部科学省から平成17年度 現代的教育ニーズ取組支援プログラム
(現代GP)として採択を受け、これまで4年間(平成17年度?平成20年度)
実施してきた教育プログラム「日中相互交流による実践的若年技術者の育成」に係る
最終の成果報告会「第4回佐世保・中国国際交流フォーラム」を、2月4日(水)に
佐世保市内のアルカスSASEBOのイベントホールで開催しました。
「日中相互交流による実践的若年技術者の育成」の取組は、佐世保市と
厦門(アモイ)市の姉妹都市関係を利用した産官学一体の交流活動に学生自身を
参加させ、相互の国際的理解を深めることにより日中双方の実践的技術者を育成する
ことを目的として実施するもので、本取組の中心となる事業は、厦門理工学院と
本校の学生が、それぞれ6名の学生を相互に3週間派遣して、授業・実験見学、
工場見学、異文化体験、学生同士の交流などを行う国際相互インターンシップです。
この取組を4年間実施した結果、派遣学生だけではなく、それぞれの学校で彼らの
受け入れに携わった一般の学生(本校では寮生、厦門理工学院では日本語学科の学生
など)にも大きな教育効果をもたらすことができました。
今回のフォーラムは、現代GP支援期間の最終年度ということで、これまで4年間
実施した取組内容及び活動実績を広く社会に公表することを目的に開催したもので、
本取組の協力校である厦門理工学院の教職員をはじめ310人(市民・企業等40人、
厦門理工学院関係者10人、佐世保高専関係者20人、学生240人)が参加しました。
フォーラムでは、最初に、両校の校長から挨拶及び成果報告があり、本校の井上校長
からは、「日中両国がお互いに協力して世界のものづくりをリードしていくためには、
両国の若い技術者たちが、過去の悪い先入観を取り払い、相互理解を深めることが
大切であり、今後もこの取組を継続していきたい。」との挨拶がありました。
続いて行われた基調講演では、佐世保・厦門市青少年交流協会の松本宏一副会長から
「佐世保・厦門市青少年交流20周年を振り返って」と、本校4年生の中国工場見学
旅行で工場を見学させていただいた日本精工(NSK)の中国江蘇省常熟工場の
浦野俊一社長から「中国でのものづくり」と題して講演をいただきました。
最後に、今年度の交流に関わった両校の教員及び学生の代表から成果発表があり、
相互交流の実施により学生の国際的理解が深まったことが確認できました。
また、2月4日(水)から2月8日(日)にかけてアルカスSASEBOの
交流スクエアにおいて、本取組の概要説明、両校の派遣学生及び引率教員の交流報告
など約50点のパネルを展示してパネル展示会を開催し、フォーラム参加者だけで
なく、多くの一般市民にも本取組を紹介することができました。
フォーラムにおいて両校関係者が成果発表を行った後、2月7日(土)に
本校教員及び外部関係者で構成される日中相互交流評価委員会を開催し、
本プログラムに対する評価を受けました。
本年度は現代GP事業としては最終年度となる区切りの年であるため、
4年間を通した事業全体に対する評価をいただき、その結果、学生交流に関しては
非常に高い評価であり、ある委員からは「今後の高専における国際交流の良い見本」
という高評価を受けました。
反面、一部の評価委員からは、当初目的としていた技術者としての
英語力向上の停滞や、“技術”交流や共同研究の不足等の
貴重なご指摘をいただきました。
これらの意見を踏まえ、来年度からは科学技術にテーマを絞った交流を実施するなど、
技術者育成プログラムとして更に改善を図ることとしました。
〔名   称〕 第4回佐世保・中国国際交流フォーラム
〔開催日時〕 平成21年2月4日(水) 14時00分~17時30分
〔開催場所〕 アルカスSASEBO 1階 イベントホール
〒857-0863 佐世保市三浦町2―3
〔対 象 者〕 学生、大学・高専関係者、企業関係者、一般市民
〔参 加 費〕 無料
〔パネル展示会(同時開催)〕
展 示 日: 平成21年2月4日(水)~2月8日(日)
展示場所: アルカスSASEBO1階 交流スクエア
〔主   催〕 佐世保工業高等専門学校
〔後   援〕 佐世保市、厦門理工学院、西九州テクノコンソーシアム、
佐世保北ロータリークラブ、佐世保工業高等専門学校同窓会

〔プログラム〕
○挨拶・成果報告(14:00~)
佐世保工業高等専門学校 校長 井上雅弘
厦門理工学院 院長 黄紅武
○基調講演(15:05~)
『佐世保・厦門市青少年交流20周年を振り返って』
(講師)佐世保・厦門市青少年交流協会 副会長 松本宏一氏
『中国でのものづくり』
(講師)中国・常熟恩斯克軸承有限公司 総経理 浦野俊一氏
○成果発表(16:10~)
厦門理工学院 教員 日本語学科 熊 娟
厦門理工学院 学生  日本語学科3年生 陳小経
佐世保工業高等専門学校 本科4年生 機械工学科 青木成海
佐世保工業高等専門学校 教員 電気電子工学科 三橋和彦
佐世保工業高等専門学校 専攻科2年生 電気電子工学専攻 杵嶋 暁
○閉会挨拶(17:25~)
現代GP事業推進責任者 佐世保工業高等専門学校 教務主事 須田義昭
1.フォーラムの様子
 2.パネル展示会の様子