佐世保工業高等専門学校 > ニュース&トピックス > 平成21年度以前 > 外観検査アルゴリズムコンテストで学生奨励賞を受賞しました

平成21年度以前

外観検査アルゴリズムコンテストで学生奨励賞を受賞しました

     12月3日(木)、パシフィコ横浜アネックスホールで開催された
「ビジョン技術の実利用ワークショップ(ViEW2009)」において、
専攻科の福本洋平君が「外観検査アルゴリズムコンテスト」の「学生奨励賞」
を受賞しました。

外観検査アルゴリズムコンテストとは、
画像を用いた外観検査技術の発展を目的として、
精密工学会 画像応用技術専門委員会が2001年度から実施しているコンテストです。
今年の課題は、「密集する不定形状な泡の計数」でした。
企業や大学から提出された56件の作品の中、福本君の作品「LoGフィルタを用いた気泡検出手法」は、
学生の中で1位、全体でも4位という素晴らしい成績でした。

同ワークショップで行われたインタラクティブ講演(ポスター発表)では、
たくさんの方が熱心に耳を傾けてくれていました。
今後も精進し、さらなる活躍が期待されます。

 

受賞後の福本君 講演の様子

受賞後の福本君

講演の様子

ポスター発表の様子  

ポスター発表の様子

 
LoGフィルタを用いた気泡検出手法 LoGフィルタを用いた気泡検出手法

福本君が開発した「LoGフィルタを用いた気泡検出手法」(左の画像から、右のように泡(赤色)を検出しています。)