佐世保工業高等専門学校 > ニュース&トピックス > 平成23年度 > 「青少年のための科学の祭典2011」に出展しました

平成23年度

「青少年のための科学の祭典2011」に出展しました

 平成23年10月22日(土)に、長崎市科学館で開催された「青少年のための科学の祭典2011 第15回長崎大会」にて、2つのブースを担当しました。

 佐世保高専が出展したブース名は、「イライラ棒で君の手先の器用さを調べよう!」と、「火おこし器で古代人の生活を体験してみよう!の2つでした。
 「イライラ棒」は、森保仁准教授(一般科目物理科)と電子制御工学科の5年生2名(高﨑君、山嵜君)が担当しました。また「火おこし器」は、原 久之技術職員、茂木貴之技術職員と電気電子工学科5年生1名(宮﨑君)が担当しました。

 「イライラ棒」とは集中力をきたえるゲームのようなものです。「イライラ棒」の見本を3~4台用意し、科学の祭典に来場した親子連れの市民の方々に楽しく遊んでいただきました。
 また、「イライラ棒を作って家でも遊びたい!」と思った子ども達のために、工作教室も実施しました。
 1時間に1回(1回あたり4名)ほど計4回実施して,計16名の子供たちが参加しました。
 はんだ付けをするところがあって少し難しい工作でしたが、自作した子ども達は自分でコースを作って、楽しそうに遊んでいました。

 「火おこし器」は、摩擦棒の下の部分に取り付けたはずみ車の回転力を利用して、乾燥した木同士を強く擦り合わせたときの摩擦熱を利用して「火種」を作る装置です。今回は、たくさんの子ども達に「火おこし器」を体験してもらい、とても人気の高いブースとなりました。