佐世保工業高等専門学校 > ニュース&トピックス > 平成24年度 > 九十九島水族館(海きらら)・九十九島工房とのコラボレーション企画を実施

平成24年度

九十九島水族館(海きらら)・九十九島工房とのコラボレーション企画を実施

平成24年5月3日~5日、西海パールシー・九十九島水族館(海きらら)・九十九島工房と「ゴールデンウィーク企画第1弾 タコイカ入浴剤 オリジナル九十九島塩入り」と題したコラボレーション企画を行いました。本校からは物質工学科の田中泰彦講師と学生スタッフが参加しました。
“九十九島の海水を煮詰めて取り出した塩”に、身近な材料の重曹とクエン酸を混ぜ込みます。次に、この混ぜた試薬を特別展示の「タコイカ展」にあわせた“タコとイカの型”に押し込みます。ぎゅーっと押し込み、これを取り出すとタコイカ入浴剤の完成です。
連休中で大勢のお客でにぎわう中、学生スタッフとの連携プレーで、多くの参加者にものづくりを体験してもらえました。
「今晩使ってみる。」と出来上がった入浴剤をさっそく使う計画を立てた人や、簡単な材料でできるので「家でも作ってみよう!」と作り方のレシピをもらって帰る人など、子どもも大人も、みんな満足顔でした。

日時:平成24年5月3日(木)~5日(土) 10時~15時
場所:西海パールシー・九十九島水族館(海きらら) こどもひろば 「あまもば」
参加者:子どもから大人まで 3日:約150名、4日:約200名、5日:約200名
担当者:田中泰彦(物質工学科教員)
学生スタッフ:阿野君、鵜池君、信永さん、廣川さん、本村さん、森浦君(物質工学科)
西村さん、加藤さん(九十九島水族館)