佐世保工業高等専門学校 > ニュース&トピックス > 平成24年度 > 佐賀県伊万里市立滝野小中学校および南波多中学校においてSPP事業を行いました

平成24年度

佐賀県伊万里市立滝野小中学校および南波多中学校においてSPP事業を行いました

 6月12日(火)、6月13日(水)佐賀県伊万里市立滝野小中学校および
南波多中学校において、サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト
連携事業(以下SPP事業)「地理的に不利な中学校への理科教育支援」
を実施しました。今年度のSPP事業の講座は計6回(各校各学年1回)
の実施予定で、今回は中学校3年生を対象に以下の通り実施しました。

 中学校3年生のカリキュラムに合わせ「電池におけるイオンと水溶液の
役割と手作り電池の製作」をテーマとし、近年話題となっているエネル
ギー問題や環境問題について触れ、その解決手段となりうる技術として
燃料電池を例に実験を行いました。その他、簡単に作れる電池の例とし
てレモン電池と備長炭電池を製作しました。どのようすればもっと大き
な電気エネルギーを得られるか等を班の中で話し合い、わからないこと
は積極的に質問をする生徒の姿が印象的でした。

日時、場所  平成24年6月12日(火) 伊万里市立滝野小中学校
       平成24年6月13日(水) 伊万里市立南波多中学校

対   象  中学3年生 滝野中学(3名)、南波多中学(31名)

実験内容   電池におけるイオンと水溶液の役割と手作り電池の製作

担   当  滝野中学 坂口輝明先生、南波多中学 名古屋経昭先生
	   技術室  中原、松尾、原、茂木、白石