平成29年度

「佐世保市立早岐中学校」で出前授業を行いました

<日 時> 平成30年1月23日(火)13:45~15:35
<参加者> 中学3年生2クラス(80名)、先生3名
<場 所> 早岐中学校・多目的室
<内 容> エネルギー問題や環境問題に関した実験・講義
<担 当> 電気電子工学科 猪原武士助教,大島多美子准教授
電気電子工学科4年生14名



「新しいエネルギー技術のお話:プラズマとエネルギーと環境問題」について、猪原武士助教が講義を行ったあと、3グループに分かれて、次の実験実習を体験してもらいました。

・クリップモーターを作ってみよう!
・静電気を学ぼう!
・燃料電池と手回し発電機で遊ぼう!

講義では、プラズマが身近なものから半導体、医療、農業、宇宙などへ応用され、そして新しいエネルギー源としても期待されていることについての話がありました。また、実験実習では、クリップモーターが上手く回ったときやライデン瓶で静電気を体感したときに盛り上がっていました。

出前授業後のアンケートには、次のような感想が書いてありました。
・プラズマや色々な電気のことが実験などを通してよく分かりました。先生や高専の人たちと関わることができて楽しかったです。
・色々な事が知れて良かった。プラズマのことなど、自分の知らないことが学べ、知識が広がったと思う。
・高専に入れば、いろんな実験ができて楽しそうだなと思いました。行ければ高専に行きたいと思いました。今回の授業を受けて、すごくおもしろく、興味を持ちました。

今回は、本校で取り組んでいる「知識活用型教育」の一環として、電気電子工学科の4年生が参加し、サポートをしてくれました。

平成29年度

地域共同テクノセンター報・技術シーズ集(2017年版)を掲載しました

地域共同テクノセンター報・技術シーズ集(2017年版)を掲載しました。

詳しくはこちら

平成29年度

本校専攻科生が「電子情報通信学会九州支部学生会講演奨励賞」を受賞しました

平成29年9月26日(火)に琉球大学で開催された「平成29年度第25回 電子情報通信学会九州支部学生会講演会」において、本校複合工学専攻2年生の石堂 光芳君(指導教員:志久 修教授、手島 裕詞准教授)が発表し、学生会講演奨励賞を受賞しました。

この賞は、全講演者の上位10%程度に入る優秀な論文を発表した学生に対して贈られる賞で、今回は13件選ばれました。

対象講演題目:『CNNを用いた風景画像からの文字列抽出に関する基礎研究』

平成29年度

佐世保高専研究報告第54号を本校学術機関リポジトリに掲載しました

佐世保高専研究報告第54号を発行しました。下記リンク先をご覧下さい。

佐世保高専学術機関リポジトリ https://sasebo.repo.nii.ac.jp/

佐世保高専図書館  https://www.sasebo.ac.jp/~tosyo/index.html

平成29年度

「情報モラル教育研修講座」を開催しました

平成29年12月26日(火)、長崎県教育センターとの共催で「情報モラル教育研修講座」を開催しました。

講演は、まず現状認識としてICTの発展に関しての説明から始まり、その後、近年問題となっている不審メール(標的型攻撃)、マルウェア、ランサムウェア等のセキュリティ脅威について、簡単な実例を示しながら、とてもわかりやすく説明していただきました。特に、セキュリティ対策に関しては、システムの完全防御は困難であるため、最低限セキュリティを守らせることができるように、“サイバー衛生”の考え方について説明があり、参加された先生方は大変興味を示され、熱心にメモを取られていました。

 

 

NRIセキュア 時田氏 時田氏による講演の様子

平成29年度

「平成29年度第5ブロック対サイバー攻撃演習指導者講習会および管理者講習会」を開催しました

情報セキュリティ人材育成事業(K-SEC)の一環として、沖縄高専主催により第5ブロック高専の先生向けに、KIPSの授業活用のための講習会を本校にて開催しました。KIPSとはカスペルスキー社の対サイバー攻撃演習「Kaspersky Industrial Protection Simulation」(KIPS、読み方:キップス)のことで、ゲーム感覚で情報セキュリティの基本を身につけることができます。

このKIPSを第5ブロックの各高専において授業等で活用していただくため、本校電子制御工学科の手島先生が講師となり、KIPSを使った授業法などについて講習会を行いました。各高専の先生方は熱心に聴講されており、活発な意見交換がありました。

講習会後にKIPSの授業を計画している高専や、すでに授業をされた高専もあり、大変有意義な講習会となりました。

 

 

KIPS講習会
CTF講習会および教材紹介

平成29年度

インフルエンザによる4年電子制御工学科(4S)の学級閉鎖について

平成30年1月16日

  関係各位

校  長

 

インフルエンザによる4年電子制御工学科(4S)の学級閉鎖について

 

 このことについて、4Sで8名のインフルエンザ罹患者が出ましたので、4Sを学級閉鎖とすることにいたしました。
なお、閉鎖期間を下記のとおりとし、1月22日(月)から登校することになります。

 

(閉鎖期間)1月17日(水)~1月21日(日)

平成29年度

「平成29年度情報系教員対象情報セキュリティ講習会」を開催しました

情報セキュリティ人材育成事業(K-SEC)の一環として、全国高専の情報系教員を対象とした情報セキュリティ講習会を、本校主催により下記日程で開催しました。
この講習会では、各高専の先生方に最新の情報セキュリティ技術を勉強していただき、授業に生かしてもらうことを目的としています。本校からは電子制御工学科の手島先生が参加されました。
今後、講習会に参加された先生方にそれぞれの学校のリーダーとして、情報セキュリティ教育を推進していただく予定です。

NRIセキュア
時田氏による講義
NRIセキュア
和久田氏による講義
日程1の様子 日程2の様子

 

平成29年度

本校専攻科生が「精密工学会九州支部ベストプレゼンテーション賞」を受賞しました

平成29年12月2日(土)に熊本大学で開催された2017年度公益社団法人精密工学会九州支部学術講演会において、本校複合工学専攻1年生の内田和志君(指導教員:川下智幸教授、坂口彰浩准教授)が発表し、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

この賞は、優れた発表を行った35歳以下の企業の若手研究者及び大学院生等に贈られる賞で、今回は12件が選ばれました。

対象講演題目:『 ディープラーニングを用いた砥粒形状評価手法の開発 』

平成29年度

「水素エネルギー開発に係る勉強会」を開催しました

2017年12月15日(金)に「水素エネルギー開発に係る勉強会」を開催いたしました。本会には九州大学 水素材料先端科学研究センター(HYDROGENIUS)の松岡三郎先生をお招きし、『HYDROGENIUSでの12年間の成果』と題して水素エネルギー開発に関する研究成果を御紹介していただきました。本会には長崎県内の企業や財団の方など多数お越しいただきました。また、本校の東田賢二校長をはじめ教職員、5年生(機械工学科)、専攻科生も参加しました。

松岡先生からは、来たる水素社会に向け、長崎でも水素利用技術の開発を進めていくための貴重な知見を教えていただきました。御講演・質疑応答の後、フリートークを実施しました。そこでは、川崎仁晴教授,西口廣志准教授,柳生義人准教授,猪原武士助教より本校で実施している水素関連技術に関する研究の紹介を行い、さらに長崎県における水素技術の開発に関した意見交換がなされました。そして、今後も定期的に水素利用技術に関するイベントを積極的に開催し、情報共有し、技術開発に向けた連携を継続していくことが決定されました。

松岡三郎先生は今年度でご退官となられますので、今回が本校での最後の御講演となります。これまで本校での機械工学科5年生に対する授業は合計7回、長崎県内企業に向けた御講演は合計3回していただきました。松岡三郎先生、誠にありがとうございました。