佐世保工業高等専門学校 > ニュース&トピックス > 令和元年度(平成31年度)

令和元年度(平成31年度)

アルカスSASEBOで「サイバーセキュリティ講演会・LEGOを使ったプログラミング講習会」を開催しました

長崎県警察本部と協力して取り組んでいるサイバーセキュリティボランティア活動の一環として、佐世保市男女共同参画推進センター「スピカ」と共催で「女性向けサイバーセキュリティ講演会」を開催しました。

 

 

 
今回の講演会では、始めに長崎県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課の中尾亜希子様より「インターネットと性犯罪~女子限定講話~」をテーマに、長崎県の現状と対策について講話していただきました。その後、本校女子サイバーボランティアの3名が「女性に知ってもらいたい!インターネットで気を付けること」をテーマに、ネットの性質・危険性についての講演、また不正アプリによる盗撮被害に関する実演を行いました。
以下、講師を務めた3名の感想です。

・スピーチの練習やテレビのインタビューを受け、相手に伝えることの難しさを学びました。伝え方や用語を調べるうちに知識を深めることができ、スピーチ力はまだまだですが、次に活かせる良い経験になりました。今回の反省点を活かし、もっと伝わりやすく情報リテラシーを高めてもらえるような講演をしていきたいです。(橋田)
・参加者の方から直接「わかりやすかった」「ためになった」といった感想をいただけて、とても嬉しかったです。良い経験になりました(光武)
・発表する立場でしたが、自分自身も勉強になって大変良い経験ができました(川原)

また今回の講演の様子は1月25日(土)にテレビ佐世保で放送、1月26日(日)の長崎新聞、毎日新聞、西日本新聞に掲載されました。

後半の部では、子どもから大人まで楽しめる、LEGOブロックで作ったロボットを動かすプログラミングを体験してもらいました。親子で一緒に取り組まれたり、プログラミングは初めて!という大人の方にも楽しんでいただけたようです。超音波センサを用いて障害物を避けるロボットの動きを見て、「(ロボット掃除機の)ルンバみたい!」という声もあがっていました。小中学校でプログラミング教育の導入が進められていますが、今回のプログラミング講習会を通して、大人の方にも新しい発見が見つかる良い機会になったと思います。

 

(前半の部)サイバーセキュリティボランティアによる講演の様子
(後半の部)LEGOを使ったプログラミング講習会の様子

令和元年度(平成31年度)

地域共同テクノセンター報・技術シーズ集(2019年版)を掲載しました

地域共同テクノセンター報・技術シーズ集(2019年版)を掲載しました。
詳しくはこちら

令和元年度(平成31年度)

本校の取り組みが「日本農業新聞」に紹介されました

日本農業新聞に、本校の研究活動「工学的手法を用いたジャンボタニシ防除法の研究開発に関する取組み」が掲載されました。

 

内 容 : 「2019農業技術10大ニュース」6位 = ジャンボタニシを電気でおびき寄せ、超音波で退治

掲載日 : 2019年12月27日(金)

掲載媒体 : 日本農業新聞(11面 )

令和元年度(平成31年度)

令和2年度前期授業料免除説明会は中止いたします

2月上旬に予定しておりました「令和2年度前期授業料免除説明会」は中止いたします。

詳細はこちらをご覧ください。

令和元年度(平成31年度)

寄贈物品贈呈式を開催しました

佐世保南ロータリークラブ(会長 矢次保夫)様から、本校の教育・研究に役立ててもらいたいと寄附の申し出があり、令和2年1月24日(金)本校において寄贈物品の贈呈式を執り行いました。

初めに、矢次会長から寄贈物品贈呈の御挨拶があり、その後、校長に対して寄贈物品(精密卓上旋盤)の目録が贈られました。

本校の「ロボット工学分野を専攻する学生への教育支援と交流プロジェクト」として贈呈されたもので、ご寄附に対しまして厚く御礼申し上げます。
本校といたしましては、IoT先進技術が発展していくなかでロボット工学をはじめとする工学教育に対して有効活用させていただきます。また工学研究の向上にも役立てたいと存じます。

贈呈式後、ものづくり工房にて寄贈された精密卓上旋盤の切削実演や高専ロボコン2019全国大会へ出場したロボットのデモンストレーションを視察されました。

今後とも本校の発展のために、ご支援とご協力を賜りますようお願いいたします。

 

左 東田校長、右 佐世保南ロータリークラブ 矢次会長
寄贈された精密卓上旋盤 全国大会に出場した「twinSTARs」
佐世保南ロータリークラブの皆様 デモンストレーション視察

令和元年度(平成31年度)

有田町立曲川小学校で出前授業を行いました

曲川小学校放課後子ども教室(さくらキッズ)にて、出前授業を行いました。

液体窒素の実験では、カーネーションがバリバリになる様子を見てもらったり、風船やピンポン玉を入れるとどうなる?熱いお湯を入れるとどうなる?というのを見てもらいました。
予想と違う変化にみんな驚いたようで、「もう1回見たいーー!!」とリクエストもいただきました。

スライムは、コンタクトレンズの洗浄液を使ったスライムづくりに挑戦してもらいました。
なかなか苦戦したようで、ちょっと固めのスライムが出来上がっていましたが、独特の触り心地を楽しんでいる様子でした。
子どもたちはまだまだスライムを作りたかったようなので、ぜひ本校のイベントにも参加してもらえればと思います。

地域サポーターの皆様にもたくさんご協力いただき、誠にありがとうございました。

 

日 時 令和2年1月22日(水)15時30分~16時30分
参加者 小学1~6年生23名、地域サポーター
場 所 曲川小学校 体育館
内 容 液体窒素実験、スライムづくり
担 当 藤井奈穂子(技術室)

 

令和元年度(平成31年度)

新型コロナウイルスに対する本校の対応について

令和2年1月31日

保護者の皆様

佐世保工業高等専門学校長
東 田 賢 二

 

新型コロナウイルスに対する本校の対応について

 

 現在、中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる感染症が発生し、感染者数の急増並びに死亡者の報告もなされ、日本国内におきましても症例が確認されるなど拡大しつつあるところです。

 また、外務省海外安全ホームページにおいて、中国湖北省全体の感染症危険レベルが「レベル3:渡航はやめてください。(渡航中止勧告)」に引き上げられています。

 上記の状況から、本校としましても関連機関からの正確な情報を継続して確認し、下記のとおり対応いたしますので、お知らせいたします。


 
(1) 令和2年3月16日(月)から21日(土)にかけて実施を予定しておりました、EDGE春の研修(中国:広州・深圳研修)は、中国国内の新型コロナウイルスによる感染者拡大の状況から、渡航学生の安全第一を考慮し中止といたします。
 
(2) 上記(1)の研修以外でも、学生個々人での海外渡航の予定がありましたら、不要不急の渡航はできるだけ避けていただき、外務省「海外安全ホームページ」などの関連ホームページにて渡航先の状況を十分確認の上、渡航の可否を判断してください。
 
(3) 本日以後、学生が海外渡航される場合は、必ず事前に本校学生課まで渡航先等の内容についてご連絡をお願いしますとともに、外務省「たびレジ」への登録をお願いいたします。
 
(4) 日本国内においても、人混みを避け、季節性インフルエンザへの対応と同様に、咳エチケットや手洗いうがいなど感染症対策に努めていただくようお願いします。
 
以上

 

【関連ホームページ】

〇コロナウイルスに関する情報

・新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する関係閣僚会議
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/

・国立感染症ホームページ
https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc/2482-corona/9305-corona.html

・厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08906.html

〇海外渡航に関する情報

・外務省海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp (PC・スマートフォン版)
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)

・在中国日本国大使館ホームページ
https://www.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

・外務省渡航登録サービス(滞在期間3カ月未満:「たびレジ」、3か月以上:在留届)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html

・外務省「たびレジ」登録サイト(「簡易登録」サイト)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html

令和元年度(平成31年度)

本校の取り組みが「2019年農業技術10大ニュース」に選ばれました

工学的手法を用いたジャンボタニシ防除法の研究開発に関する取り組み(電気電子工学科 柳生義人准教授)が、農林水産省「2019年農業技術10大ニュース(TOPIC 6)」に選ばれました。
農業技術10大ニュースは、1年間で新聞記事となった農林水産研究成果のうち、内容に優れ、かつ社会的関心が高いと考えられる10課題が選定されたものです。

 

<2019年農業技術10大ニュース>

・TOPIC6[病害虫防除]

・ジャンボタニシを電気で捕獲、超音波で退治-水田の侵略的外来種、薬剤を使わず駆除-

・選定日: 令和元年12月24日(火)

・農林水産省webサイトより:

~「2019年農業技術10大ニュース」の選定について~
https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/191224.html

~2019年農業技術10大ニュース(TOPIC6)~
https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/attach/pdf/191224-2.pdf

 

※本研究の一部は,科学技術振興機構(JST)地域産学バリュープログラムおよび佐世保高専校長裁量経費の支援を受けて行われました。

令和元年度(平成31年度)

吉井南小学校で出前授業を行いました

液体窒素実験では、マシュマロやバラの花、風船を入れた時の状態変化などについて実験を行いました。カチコチになったマシュマロを実際に食べるなど、初めての体験に子どもたちはとても楽しそうな様子でした。
スライム作りでは、親子で協力しながら取り組んでいる様子が見られました。
最後の化学マジックでも大きな歓声や驚きの声が聞こえてきました。
吉井南小学校の先生方や保護者の方にもサポートして頂き、スムーズに出前授業を終えることができました。誠にありがとうございました。

 

日 時 令和2年1月24日(金)14時10分~15時40分
参加者 吉井南小2年生22名、保護者
場 所 吉井南小体育館
内 容 液体窒素実験、スライム作り、化学マジック
担 当 横山温和准教授(一般科目化学)
手光知美(技術室)

 

令和元年度(平成31年度)

本校で株式会社島精機製作所 島 正博会長による特別講演を実施しました

令和2年1月22日(水)、「長崎県令和元年度第2回産学官金連携サロン」(主催:長崎県・公益財団法人長崎県産業振興財団、会場:本校大講義室)において、本科3年生(機械工学科・電子制御工学科 計81名)と参加企業様向けに、ニット編み機のトップメーカーの創業者で“日本のエジソン”と称されるほどの発明家でもある、株式会社島精機製作所 代表取締役会長 島 正博 様にご講演いただきました。
質疑応答の時間では、本校の学生も積極的に質問する姿が見受けられ、大いに刺激を受けたことと思います。

ご講演いただきました株式会社島精機製作所 代表取締役会長 島 正博 様に感謝申し上げます。
 

《長崎県令和元年度第2回産学官金連携サロン》
特別講演 15時00分~16時30分
◆講演者
株式会社島精機製作所 代表取締役会長 島 正博 様
◆講演題
『変革する力、チャレンジする力~愛と創造と氣で挑む~』
会社概要:
株式会社島精機製作所 ホームページURL
https://www.shimaseiki.co.jp/

 

特別講演の様子 講演する島 正博会長