本科入試情報

令和5年度 推薦入学試験合格内定者発表

令和5年度 推薦入学試験合格内定者発表 詳しくはこちら

 
 
 

本日、本校のシステムの不具合により、午前10時以降、公式ホームページが表示されない状況となりました。
定刻通りに合格内定者発表を行うことができず、ご迷惑をおかけいたしました。
心よりお詫び申し上げます。

令和4年度

アフリカにおけるスナノミ感染症予防技術の開発プロジェクト! クラウドファンディングを開始しました!!

本校学生有志で活動する「ファインバブルLab」がアフリカ等で流行している「スナノミ症」という小さな虫(ノミ)が原因で発症する感染症を「ファインバブル」という小さな泡の力で予防しよう!と寄附型クラウドファンディングを令和4年12月21日より開始しました。

「ファインバブルLab」メンバー



 

◆クラウドファンディングの概要

タイトル: アフリカにおけるスナノミ感染症予防技術の開発プロジェクト

受付期間:令和4年12月21日~令和5年3月31日

目標金額: 3,000,000円

資金使途:

①ケニアへの渡航費 一人当たり50万円程度(航空券代、宿泊、移動費、ワクチン代等)×5名

②ファインバブル発生装置の開発費、国内活動費(交通費)等
 

クラウドファンディングサイト:

キャンプファイヤー
https://camp-fire.jp/projects/view/611049

文部科学省寄附ポータルサイト
https://www.mext.go.jp/donation_portal-site/sunanomi.html

 

アフリカを中心に蔓延している「スナノミ感染症」は、乾燥した砂地に生息するスナノミが人や動物の足の皮膚に噛みつき潜り込む皮膚の感染症です。ケニア共和国におけるスナノミ感染症の推定罹患者は約200万人で国民の4%にのぼります。(JICAによる)この感染症に対して治療薬や殺虫剤による予防が行われていますが、普及しておらず解決に至っていません。
本プロジェクトでは清潔な水や安定的な電源が確保できないような環境においても使用可能なファインバブル発生装置を開発し、スナノミの感染予防を行います。
次なる目標は、「スナノミが生息しているケニアでの実証実験を行うこと」です。
この活動にご賛同いただけますと幸いです。

令和4年度

令和5年校長年頭挨拶

 新年明けましておめでとうございます。

 新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大から、既に3年が経過しようとしています。未だ終息する兆しが見えない中、学生の皆さん、そして教職員の皆さんと共に、基本的な感染対策を行い、この困難を共に乗り越え、新年を迎えることができましたこと、先ずは一緒にお祝いしたいと思います。

 昨年、本校は学校創立60周年を迎え、11月には60周年記念式典・記念講演会を挙行しました。学校の60年に及ぶ歴史の中でも、新型コロナウイルスによる教育活動の変化や工夫というのは、特筆すべき大きな出来事であったと思います。

 学生の皆さんは、オンライン授業のために、対面授業とは異なる不自由な部分もあったと思います。教職員の皆さんにおいては、そうした授業準備のために、多くの苦労があったと思います。その一方で、学生と教員が自宅等から移動せずに、通常の授業と同様に授業が行えるという新たな教育を実践し、その方法を習得したことも事実です。私たちは、このような経験を大切にし、まだ終息に至っていないこの感染症に対して、気を緩めることなく、対応していかなければなりません。

 さて、昨年60周年を迎えた本校は、人間で言えば還暦を迎えたことになります。次の10年、またはその先の100周年に向けて、新たなスタートを切ったと言っても良いでしょう。そこで、その新たなスタートとなる年頭に当たり、これからの佐世保高専の未来に向かっての希望と抱負について、皆さんと共有したいと思います。

 高専(KOSEN)は、15歳人口の約1%の生徒を受け入れる学校種ですが、この日本独自の教育システムが、現在、世界的に注目されています。これは、全国の高専卒業生が、国内だけでなく海外でも活躍し、世界で評価されてきたからであります。佐世保高専は、その注目されている高専の中でも、今、特に期待をされている高専と言っても良いでしょう。いくつかその例を挙げたいと思います。

 先ず一つは、昨年4月からスタートした「半導体人材育成事業」です。全国の高専に先駆けた取組は、昨年の5月に高専機構と熊本高専と共同で行った記者会見を皮切りに、本当に多くのメディアで取り上げられ、今なお産業界や地域社会から注目を集めています。

 二つ目に、学生の皆さんがこれまで取り組んできた「サイバーセキュリティーのボランティア活動」が社会的な評価を受け、昨年11月に内閣府特命担当大臣から表彰を受けたことが挙げられます。これは、長崎県警察本部のご指導の下、学生たちが、地域の児童・生徒の皆さんにネット社会を安全に生きるための助言や支援を行ってきた、地道な活動が評価されたものです。

 三つ目に、デジタルと専門分野の掛け合わせによる産業デジタルトランスフォーメーション(いわゆる産業DXです)を牽引する、「高度専門人材育成のための補助事業」に採択されたことです。現在、本校で提案した、高専生と地域企業との共生・共有によるものづくり、DX人材育成に取り組んでいるところです。

 この他にも、学生の皆さんの活躍が、多くのメディアで取り上げられました。このような本校における活動の一つ一つが、より良い教育を行っている学校として社会で認知され、ひいては、少子化の中にあっても受験生が増加していく学校となり、更に教育の活性化に繋がり、教育・研究力のある学校として飛躍していくものと信じています。

 昨年末、政府は、高専全体に対して、約60億円もの補正予算を措置しました。本校では、このような予算を有効に活用し、社会の期待に応えるべく、これまでのEDGEキャリアセンターの取組をさらに進化させ、スタートアップ人材育成のための新たな教育システムと環境を整備していきたいと考えています。このことについては、プロジェクトチームを結成して対応に当たって頂いております。

 また、情報化に対応し得る人材育成が急務であることから、高度情報専門人材育成のための機能強化にも取り組んでいきたいと考えております。これは、これまでの学科の特徴を生かしつつ、新たなコース設置や拡充を検討するものです。これについても、早速、プロジェクトチームを編成し、次代を見据えた人材育成のための教育体制を検討しているところです。

 新しい年は、このように、社会の大きな期待の中で、かつ、避けて通れない改革の大波の中でスタートすることとなります。掲げた目標に向かって着実に取り組み、成果を出していくためには、各学科の教員の力が必要で、加えて、事務職員・技術職員等の全てのスタッフの力を結集させなくてはなりません。皆で知恵を絞り、工夫を重ね、高専界のフロントランナーを目指して、力を合わせて参りたいと存じます。

 このことを申し上げ、令和5年(2023年)の年頭の挨拶といたします。

 

令和5年1月1日

 

佐世保工業高等専門学校 校長  中 島  寛

本科入試情報

令和5年度入学者選抜(推薦による選抜)について

令和4年12月23日

令和5年度入学者選抜(推薦による選抜)受験生の皆様

佐世保工業高等専門学校長  
中 島  寛

 

令和5年度入学者選抜(推薦による選抜)について

 

 令和4年12月24日(土)の推薦による入学者の選抜は、予定どおり実施いたします。
 集合時間は、受験者毎に異なりますので、在籍中学校へお送りしています通知(FAX)にてご確認ください。
 

令和4年度

ホームページサービス停止のお知らせ【12/25~12/28】

佐世保工業高等専門学校公式ホームページをご利用いただき、ありがとうございます。

校内ネットワーク更新工事のため、下記期間中はサイトにアクセスできません。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 

サービス停止期間(時間は前後する可能性がございます)

令和4年12月25日(日) 0:00 ~ 12月29日(木) 0:00

佐世保工業高等専門学校

令和4年度

令和4年度 佐世保市次世代創業者育成事業 成果発表会に参加しました

令和4年12月10日(土)佐世保市次世代創業者育成事業の成果発表会が長崎県立大学佐世保校で行われました。
本事業は佐世保市と長崎県立大学、長崎国際大学、佐世保工業高等専門学校との共同研究により、授業やゼミ等に「次世代創業者育成プログラム」を取り入れ、学生ならではの独創的なアイデアの事業化や、起業に必要な知識の習得につながる講義・演習を行っているものになります。学校関係者のほか、市産業コーディネーター、経営支援の専門家、地元起業家なども講師・アドバイザーを務め、産学官金の連携で実施しています。
成果発表会では9チームがビジネスプランを作成し、プレゼンを行いました。
参加チームは以下のとおりです。

 

チームプランタイトル
県立大A西九州新幹線の佐世保での活用
国際大A稲佐山でビードロカフェ&子供食堂
高専A棚田の水位管理を解決する水位調整デバイス
県立大B長崎発!大学生が手掛ける地域活性プロジェクト
~ドローン活用による地域創造~
国際大BGet New Life~人生にサウナというスパイスを~
県立大C学生版なんでも鑑定団~県立大学のドナー継承~
国際大CWe are OSAKI NIGHT BEER GARDEN
高専B棚田の雑草駆除の省力化とビジネス化
国際大D東彼杵アグリパーク

 

参加した学生は、他校学生の発表を聞き、地域課題を知ることや、発想や考え方の幅を広げることが出来ました。
また、講師・アドバイザーの先生方からいただいた意見に今後の課題を見つける事ができ、大変いい経験ができました。

 

高専A 棚田の水位管理を解決する水位調整デバイス
高専B 棚田の雑草駆除の省力化とビジネス化
会場:長崎県立大 佐世保校

本科入試情報

令和5年度 推薦入学志願者受付状況を掲載いたしました(12/20現在)

令和5年度 推薦入学志願者受付状況を掲載いたしました(12/20現在)

佐世保工業高等専門学校 令和5年度入学志願者受付状況表

本科入試情報

令和5年度 推薦入学志願者受付状況を掲載いたしました(12/16現在)

令和5年度 推薦入学志願者受付状況を掲載いたしました(12/16現在)

佐世保工業高等専門学校 令和5年度入学志願者受付状況表

令和4年度

「白南風小学校」で出前授業を行いました

令和4年11月26日(土)、白南風小学校で開催された『のびのびデー』にて、出前授業を行いました。

実施テーマは「高吸水性ポリマーでジェル芳香剤づくり」です。
高吸水性ポリマーは自重の100~1000倍の水を吸収できるという特性から、紙オムツなどに利用されています。
吸水ポリマーに水をかけて少し待つと、ポリマーが水を吸って膨らみます。
一つまみ程度の白い粉が、あっという間にカップ半分ほどまで膨らみジェル状になりました。
この様子には、お子さんたちも驚いている様子でした。
この後、ジェル状のポリマーの中にビーズを入れたり、飾りを飾ったりして、最後に香りの液を入れたらジェル芳香剤の完成です。
今回は飾りをクリスマス風にしてみました。
みんなとても素敵に仕上がっていて、嬉しそうでした。

白南風小学校育友会の皆様、当日までの準備等で大変お世話になりました。
ありがとうございます。
 

日 時 令和4年11月26日(土)9時45分~10時45分
参加者 児童約160名
場 所 白南風小学校 体育館
内 容 高吸水性ポリマーでジェル芳香剤づくり
担 当 技術室 藤井 奈穂子
専攻科2年 奥谷 京
専攻科2年 津留﨑 優斗
専攻科2年 濵﨑 祥吾
専攻科2年 前田 泰佑

 

令和4年度

360°校内ビューで佐世保高専を探検してみよう!

佐世保高専の校内と西雲寮(学生寮)をWeb上で見学できる「360°校内ビュー」を公開しました!

自分の好きな場所からパソコン、タブレット、スマートフォン等を使って、校内の360°全方向を自由に見渡すことができます。ぜひご覧いただき、本校の魅力を体感してください!