佐世保工業高等専門学校 > 学校開放事業

令和4年度

「重尾町子供育成会」で出前授業を行いました

令和4年9月11日(日)、広田地区コミュニティセンターで出前授業を行いました。
参加してくれたのは重尾町子供育成会の小学生約40名です。

化学実験ショーでは、色の変化を楽しむ実験を見てもらいました。
振ると色が変わる液体。
指示薬を加えると透明からカラフルな色に変化する液体。
二つの液を混ぜると光る液体。
いろんな変化にみんな驚いた様子でした。

冷却剤づくりでは、尿素が水と反応して起こる「吸熱反応」を利用した冷却剤を作りました。
尿素はホームセンターなどに肥料として売ってあります。
これに紙オムツなどに使われている吸水ポリマーを組み合わせると、ジェル状の冷却剤の出来上がりです。
今回は水に水性インクで色づけして、カラフルな冷却剤を作りました。
自分で作った冷却剤を顔や腕に当てたりして、気持ち良さそうでした。

一番盛り上がったのが、シャボン玉遊び。
割れにくいシャボン玉液を使って、シャボン玉の中に入ったり、手作りの道具を使って大きなシャボン玉を作ったり、みんな暑さも忘れて大はしゃぎでした。

今回の出前授業にご協力いただいた重尾町子供育成会の皆様、どうもありがとうございました。

 

日 時 令和4年9月11日(日)14時00分~16時00分
参加者 小学生約40名
場 所 広田地区コミュニティセンター
内 容 ・化学実験ショー
・ひんやり冷却剤づくり
・シャボン玉遊び
担 当 技術室 藤井 奈穂子
技術室 井村 裕亮
物質工学科5年 川嶋 日菜子
物質工学科5年 久保 真由

 

令和4年度

「生月地区まちづくり運営協議会」で出前授業を行いました

令和4年8月24日(水)に生月地区まちづくり運営協議会で出前授業を行いました。

あいにくのお天気でしたが、小学生13名が参加してくれました。
液体窒素実験では、バラなどを凍らせ液体窒素の性質を学びました。初めての体験に大人の方も大変驚かれていました。スーパースライム作りでは様々な色のスライムを作り、持ち帰っていただきました。

子ども達も職員さんもみんなとても元気よく楽しく実験を行うことができました。
ありがとうございました。

 

日 時 令和4年8月24日(水)13時30分~15時30分
参加者 小学生13名、保護者
場 所 生月地区まちづくり運営協議会事務所「海風」
内 容 液体窒素実験、スーパースライム作り、化学マジック
担 当 横山温和准教授(基幹教育科)
手光知美技能補佐員(技術室)
専攻科2年 北野沙樹、物質工学科5年 島﨑匡佑、1年 樋口千榎、津山結衣

 

出前授業について

出前授業申込書

佐世保高専では、地域の小中学校や団体の皆様を対象に、科学技術や人文・数理科学等への興味や関心を高めていただくことを目的として、「出前授業」を実施しています。

 

【新型コロナウイルス感染症対策について】
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴い、出前授業を実施される場合は、次の点にご留意ください。

・参加者の体調を把握すること(事前の検温をお願いします)。
・参加者は出前授業の実施前、実施後に手洗いを行うこと。
・大人数で密集する活動にならないこと。
・ドア、窓を広く開け、普段以上のこまめな換気を行うこと。
・参加者が触れる場所や器具等は、消毒などの措置を講じること。

 

【授業内容】
「出前授業一覧」(PDF ) をご覧ください。
対象者や定員、材料費、備考欄等について必ずご確認ください。

※「出前授業一覧」に記載されている授業テーマ以外で要望する授業等がございましたら、以下問合せ先までご相談ください。

 

<参考動画>

1.授業テーマ「スーパースライム作り」

担当教員:基幹教育科 准教授 横山温和
コメント:
ご家庭でご家族と一緒に実験できるように内容を一部アレンジしております。夏休みの宿題等に活用してください。
※動画に出てくるホウ砂には毒性があります。
誤って口に入れてしまうことの無いよう、必ず保護者の監督下で、安全に注意して行って下さい。

 

【経費】

会場費および材料費については、申込者様によるご負担をお願いいたします。

※材料費については、「出前授業一覧」に記載する金額をご負担いただきますので、予めご了承ください。支出に関するご相談がある場合は、申込時に以下問合せ先までご連絡いただくか、事前打合せの際に担当教職員までご連絡ください。

 

【申込方法】

「出前授業一覧」から希望する授業テーマをお選びいただき、申込用紙に必要事項を記入し、実施予定日の1カ月前までに下記の宛先へメールまたはFAXでお申込みください。
wordiconWORDまたはPDFをクリックするとダウンロードできます。

 

出前授業一覧 PDF

申込用紙 wordiconWORD PDF   記入要領 PDF

 

 

【お申込みから実施までの流れ】

①出前授業のお申込み   (申込者→本校)
②回答文書の郵送     (本校→申込者
※実施不可の場合は、メールまたは電話にて別途ご連絡いたします。
③出前授業 事前打合せ   (申込者↔担当教職員)
④出前授業 実施

 

【注意事項】

◎開催予定日の1カ月前までにお申込みください。
◎申込状況や担当する教職員の業務の都合により、実施できない場合がありますので、予めご了承ください。
◎授業中に撮影した写真は、広報用に本校ホームページ等で使用しますので、ご了承ください。

 

 

<問合せ先・申込書送付先>
〒857-1193 佐世保市沖新町1-1
佐世保工業高等専門学校 総務課企画係
TEL:0956-34-8415
FAX:0956-34-8409
E-mail:kikaku(at)sasebo.ac.jp
※(at)は@に置き換えてください

 

令和4年度

佐世保市男女共同参画推進センター「スピカ」で出前授業を行いました

小学生の早い時期から理工系分野に対する興味・関心を高めてもらうきっかけづくりを目的として、佐世保市男女共同参画推進センター「スピカ」との共催により『理系女子セミナー』を開催しました。
講師は技術室の白石博伸技術職員と藤井奈穂子技術職員が担当しました。また、学生スタッフとして電気電子工学科4年生と物質工学科3年生の学生が協力してくれました。

「トコロボ」では、はんだごてを使ってトコロボを動かす回路を作りました。はんだごてを初めて使うという参加者が多かったですが、小さい部品を上手にはんだづけすることができました。
「アロマジェルキャンドル」では、化学実験で使うガラスシャーレにピンセットを使ってスケルトンリーフ(葉脈)をのせ、好きな香りのアロマでオリジナルのジェルキャンドルを作りました。

アンケートでは、参加した子供たち全員から「楽しかった」という回答をいただきました。
また、保護者の方からは

・はんだは初めてで見るのもドキドキしましたが子供がサクサクと作業をしていたので成長を感じました。
・家庭ではできないことを経験させていただきました。電気のしくみを理解でき興味を持てたと思います。
・アロマジェルキャンドルでは固まる過程を楽しんでいるようでした。
・学生の方とも沢山お話をすることができて良かったです。

などの感想をいただきました。

 

日 時 令和4年8月20日(土)9時30分~12時30分
参加者 女子小学生(3~6年生)13名
場 所 佐世保市男女共同参画推進センター「スピカ」
内 容 ・電気工作でトコロボをつくろう
・アロマジェルキャンドルをつくろう
担 当 白石 博伸 技術職員(技術室)
藤井奈穂子 技術職員(技術室)

 

令和4年度

「江上小育友会」で出前授業を行いました

令和4年8月23日(火)に江上地区コミュニティセンターで出前授業を行いました。

子ども達だけでなく、とてもたくさんの保護者様、江上小の先生方にも集まっていただき楽しく実験を行うことが出来ました。
液体窒素実験では作成したスライムを凍らせ、「おいしそう~」との声があがっていました。
最後は横山先生の新作バルーン「カブトムシ」「クワガタ」争奪クイズで盛り上がりました。

江上小育友会役員の方々には開催場所選定等でも大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

日 時 令和4年8月23日(火)9時30分~11時30分
参加者 児童28名、保護者、江上小の先生方
場 所 江上地区コミュニティセンター
内 容 液体窒素実験、スーパースライム作り、化学マジック
担 当 横山温和准教授(基幹教育科)
手光知美技能補佐員(技術室)
物質工学科5年 島﨑匡佑、3年 武富友希、1年 樋口千榎、津山結衣

 

令和4年度

一般教養講座「氷がにょきにょき」を開催しました

一般教養講座「氷がにょきにょき」

【開催日時】令和4年8月22日(月) 10:00~12:00

 

令和4年8月22日(月)に一般教養講座「氷がにょきにょき」を開催しました。
小学3年生から中学2年生の親子12組が参加してくれました。

この講座はペットボトル、ゴムチューブ等を使って氷生成装置「氷がにょきにょき」を作成します。
この装置を使って、目の前で液体の水がみるみる固体の氷に変わり、さらに氷が柱になっていく様子を観察します。水で氷を作るコツがつかめたら、あとは自由に色々なジュースを使ってジュースの氷柱を作る実験をし楽しみました。
また、学生スタッフとして物質工学科4名、電気電子工学科1名の学生がサポートしてくれました。

 

令和4年度

針尾地区コミュニティセンター「サマースクールわくわく!実験教室」で出前授業を行いました

令和4年8月3日(水)に針尾地区コミュニティセンターにおいて「サマースクールわくわく!実験教室」で出前授業を行い「3Dペンを用いたランプシェード作り」をしました。

講師は猪原武士准教授(電気電子工学科)と大島多美子准教授(電気電子工学科)が担当しました。

まずランプシェード作りの前に、エネルギーについて学習を行いました。白熱電球を点灯する実験では、みんなが一生懸命になって手回し発電機を回すと電球がようやく明るくなる程度で、それを維持するのにも大変な作業であることを体験しました。それに比べてLEDは少ない人数で力を入れずに回しても簡単に点灯したので、参加した子供たち及び保護者の方々から白熱電球とLEDの違いに驚きの声が聞かれました。
そのあとは3Dペンを使ってランプシェード作りを行い、個性的で素敵な作品に仕上がりました。
 

日 時 令和4年8月3日(水)14時00分~16時00分
参加者 小学生8名
場 所 針尾地区コミュニティセンター
内 容 3Dペンを用いたランプシェード作り
担 当 猪原 武士准教授(電気電子工学科)
大島多美子准教授(電気電子工学科)

 

令和4年度

江迎地区コミュニティセンター「サマースクールキッズサイエンス」で出前授業を行いました

令和4年7月23日(土)に江迎地区コミュニティセンター「サマースクールキッズサイエンス」で出前授業を行いました。日本財団助成事業「海と日本プロジェクト」の一環として「海を活かす技術の小中校生向けワークショップ(長崎海洋産業クラスター形成推進協議会)」との共催で実施しました。

講師は柳生義人准教授(電気電子工学科)と大島多美子准教授(電気電子工学科)が担当しました。

最初にクイズを取り入れながら風力発電について楽しく学んだあと、ペットボトルを使って「ミニ風力発電をつくろう!」にチャレンジしました。LEDやモーターの取り付けなど難しい作業もありましたが間違えることなく全員のペットボトル風車が完成しました。風の力で電気が光ったときは嬉しそうな笑顔が見られました。
 

日 時 令和4年7月23日(土)10時00分~12時00分
参加者 小学生(1~5年生)10名
場 所 江迎地区コミュニティセンター
内 容 ミニ風力発電をつくろう
担 当 柳生 義人准教授(電気電子工学科)
大島多美子准教授(電気電子工学科)

 

令和4年度

公開講座「ゲームプログラミング~水滴を避けてハートでメロメロ!」を開催しました

公開講座「ゲームプログラミング~水滴を避けてハートでメロメロ!」

【開催日時】令和4年8月23日(火) 9:30~16:30

 

プログラミングの「楽しさ」や「面白さ」を知ってもらうための講座として「ゲームプログラミング ~ 水滴を避けてハートでメロメロ!」を実施しました。

本講座はブロック系のプログラミングではなく、コードベースのプログラミング(C言語)でゲームを開発します。また、テンプレートを修正するのではなく、ほぼ一からプログラムを記述していきます。

参加者は中学生、講座時間は9:30~16:30です。

 

講座の内容

・ウインドウの座標系と文字列の表示
・グラフィック(ネコ(たりにゃん)とメカアゴ)の読み込みと表示
・グラフィックの移動
ネコ(たりにゃん)の移動(キーボード入力で移動させる)
メカアゴの移動(自動で移動させる)
・ハート&汗の発射
ネコ(たりにゃん)からハートを発射
メカアゴから汗を発射
・当たり判定(衝突判定)
(挑戦課題)画像の入れ替え
・3Dゲーム開発環境やXRシステムの紹介

 

コードを記述していくプログラミングはほとんどの参加者が初めての体験でした。そのため、エラーを修正する作業が思い通りにいかない場合もありましたが、修正が完了してゲームが思い通りに動いたときはとても嬉しそうでした。

長時間の講座ではありましたが、中学生は集中を切らさずに時間いっぱいまで取り組んでくれました。きっと思考をフル稼働して疲れたと思います。お疲れさまでした。
今後もぜひプログラミングを続けてもらって、将来はスーパープログラマーになってほしいです。

 

プログラムの一部と実行結果 挑戦課題に取り組む参加者
3Dゲーム開発の紹介 修了証の授与

令和4年度

「南風崎一区子供会」で出前授業を行いました

令和4年8月21日(日)に南風崎一区公民館で出前授業を行いました。

液体窒素実験では通常の実験に加えヘリウムガスと液体窒素でのデモンストレーションも行いました。
子ども達はもちろん、保護者の方々にも喜んでいただけたようで嬉しく思います。
小さい子の面倒もよく見るとてもやさしい子ども達でした。
 

日 時 令和4年8月21日(日)11時00分~13時00分
参加者 小学生・幼児12名、保護者
場 所 南風崎一区公民館
内 容 液体窒素実験、スーパースライム作り、化学マジック
担 当 横山温和准教授(基幹教育科)
手光知美技能補佐員(技術室)
北野沙樹(専攻科2年)