出前授業について

出前授業申込書

佐世保高専では、地域の小中学校や団体の皆様を対象に、科学技術や人文・数理科学等への興味や関心を高めていただくことを目的として、「出前授業」を実施しています。
なお、令和2年度より受付方法を一部変更しておりますので、ご注意ください。

 

【新型コロナウイルス感染症対策について】

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴い、出前授業を実施される場合は、次の点にご留意ください。

・参加者の体調を把握すること(事前の検温をお願いします)。
・参加者は出前授業の実施前、実施後に手洗いを行うこと。
・大人数で密集する活動にならないこと。
・ドア、窓を広く開け、普段以上のこまめな換気を行うこと。
・参加者が触れる場所や器具等は、消毒などの措置を講じること。

 

【授業内容】
「出前授業一覧」(PDF ) をご覧ください。
対象者や定員、材料費、備考欄等について必ずご確認ください。

※「出前授業一覧」に記載されている授業テーマ以外で要望する授業等がございましたら、以下問合せ先までご相談ください。

 

<参考動画>

1.授業テーマ「スーパースライム作り」

担当教員:基幹教育科 准教授 横山温和
コメント:
ご家庭でご家族と一緒に実験できるように内容を一部アレンジしております。夏休みの宿題等に活用してください。
※動画に出てくるホウ砂には毒性があります。
誤って口に入れてしまうことの無いよう、必ず保護者の監督下で、安全に注意して行って下さい。

 

【経費】

会場費および材料費については、申込者様によるご負担をお願いいたします。

※材料費については、「出前授業一覧」に記載する金額をご負担いただきますので、予めご了承ください。支出に関するご相談がある場合は、申込時に以下問合せ先までご連絡いただくか、事前打合せの際に担当教職員までご連絡ください。

 

【申込方法】

「出前授業一覧」から希望する授業テーマをお選びいただき、申込用紙に必要事項を記入し、実施予定日の1カ月前までに下記の宛先へメールまたはFAXでお申込みください。
wordiconWORDまたはPDFをクリックするとダウンロードできます。

 

出前授業一覧 PDF

申込用紙 wordiconWORD PDF   記入要領 PDF

 

 

【お申込みから実施までの流れ】

①出前授業のお申込み   (申込者→本校)
②回答文書の郵送     (本校→申込者
※実施不可の場合は、メールまたは電話にて別途ご連絡いたします。
③出前授業 事前打合せ   (申込者↔担当教職員)
④出前授業 実施

 

【注意事項】

◎開催予定日の1カ月前までにお申込みください。
◎申込状況や担当する教職員の業務の都合により、実施できない場合がありますので、予めご了承ください。
◎授業中に撮影した写真は、広報用に本校ホームページ等で使用しますので、ご了承ください。

 

 

<問合せ先・申込書送付先>
〒857-1193 佐世保市沖新町1-1
佐世保工業高等専門学校 総務課企画係
TEL:0956-34-8415
FAX:0956-34-8409
E-mail:kikaku(at)sasebo.ac.jp
※(at)は@に置き換えてください

 

【平成30年度地域交流活動等一覧】
【平成29年度地域交流活動等一覧】
【平成28年度地域交流活動等一覧】
【平成27年度地域交流活動等一覧】
【平成26年度地域交流活動等一覧】
【平成25年度地域交流活動等一覧】
【平成24年度地域交流活動等一覧】
【平成23年度地域交流活動等一覧】
【平成22年度地域交流活動等一覧】
【平成21年度地域交流活動等一覧】
平成20年度以前の出前授業については、左のカテゴリバーを参照ください。

令和2年度

「こばと学童クラブ」で出前授業を行いました

今年初めての出前授業を「こばと学童クラブ」で行いました。

長崎県五島市沖にある浮体式洋上風力発電について学んだりクイズをした後、それをモデルにした「ミニ風力発電を作ろう」にチャレンジしました。ペットボトルで羽を作り、扇風機の風の力で発電した電気でLEDが光ると、歓声が上がっていました。

「羽を回して電気を起こすことが楽しかった」、「風力発電のことがよく知れたのでうれしいです」、「こんどはもっと大きなので作ってみたい」といった感動や発見がありました。

 

※ペットボトル風車づくりは、日本財団助成事業「海と日本プロジェクト」の一環として、「海を活かす技術の小中校生向けワークショップ(長崎海洋産業クラスター形成推進協議会)」との共催で実施しました。

 

日 時 令和3年1月5日(火)10時00分~11時30分
参加者 小学生(2年生~6年生)13名
場 所 こばと学童クラブ(佐世保市早岐)
内 容 「ミニ風力発電を作ろう」
担 当 柳生 義人 准教授(電気電子工学科)

 

令和2年度

港小学校で出前授業を行いました

港小学校の小学4年生に対して新型コロナウイルス対策を行ったうえで出前授業を実施しました。
プログラミングの授業は今回が初めてとのことでしたが、積極的に取り組んでくれて楽しい授業となりました。
 

日 時 令和2年12月23日(水)8時50分~12時05分
参加者 小学4年生(2クラス)53名
場 所 佐世保市立港小学校
内 容 LEGOを使ったプログラミング教室
担 当 茂木貴之(技術室:電気電子工学科)

 

令和2年度

波佐見町立東小学校で出前授業を行いました

令和2年12月19日(土)に波佐見町立東小学校にて出前授業を新型コロナウイルス対策を行ったうえで実施しました。
みんなとても元気よく、最後まで実験を楽しむことができたかと思います。
東小学校の先生方にもサポートして頂き、無事に終えることができました。

 

日 時 令和2年12月19日(土)9時30分~11時00分
参加者 小学生57名、保護者、先生方
場 所 東小学校体育館
内 容 スライム作り、液体窒素実験、化学マジック
担 当 横山温和 准教授(基幹教育科化学)、手光知美(技術室)
物質工学科2年 北村龍瑛、白澤碧、松永まひる、本山李夏
電気電子工学科1年 岩﨑吏乃

 

令和2年度

「佐世保市少年科学館」で出前授業を行いました

令和2年12月5日に「佐世保市少年科学館チャレンジ科学教室」で出前授業を行いました。
午前の部では、「ペットボトル風車」と「コイルでトレイントレイン♪」、午後の部では「ペットボトル風車」と「飛ばして遊ぼう♪」にチャレンジしました。

風力発電について学んだりクイズをした後、長崎県五島市沖にある浮体式洋上風力発電の紹介をしました。「ペットボトル風車」では、扇風機の風の力でペットボトルの羽を回すと、LEDが発電機(モーター)によって発生した電気で光る様子を体験しました。それ以外にも、簡単モーターづくり、コイル電池トレイン、凧づくり、ペーパージャイロ、ビニールロケットなどなど、2時間では終わらないほどの盛沢山の内容にみんな大満足でした♪ お家でもできるので、楽しんでくださいネ。

 

当日の様子は、長崎新聞で紹介されました。
内  容:「ペットボトルで風車作りに挑戦 市少年科学館」
掲 載 日:2020年12月9日付
掲載媒体:長崎新聞

 

※ペットボトル風車づくりは、日本財団助成事業「海と日本プロジェクト」の一環として、「海を活かす技術の小中校生向けワークショップ(長崎海洋産業クラスター形成推進協議会)」との共催で実施しました。

 

<午前の部>
日 時 令和2年12月5日(土)10時00分~12時00分
参加者 小学生(3年生~6年生)18名
場 所 佐世保市少年科学館
内 容 ①ペットボトル風車
②コイルでトレイントレイン♪
・簡単モーターづくり・コイル電池トレイン
担 当 柳生 義人 准教授(電気電子工学科)、電気電子工学科 学生3名
<午後の部>
日 時 令和2年12月5日(土)13時00分~15時00分
参加者 小学生(1年生~2年生)16名
場 所 佐世保市少年科学館
内 容 ①ペットボトル風車
②飛ばして遊ぼう♪
・凧づくり・ペーパージャイロ
・ビニールロケット・落ちない飛行機
担 当 柳生 義人 准教授(電気電子工学科)、電気電子工学科 学生3名

 

令和2年度

祇園中学校で出前授業を行いました

祇園中学校で男子バスケットボール部に対して「出張バスケットボール教室」の出前授業を新型コロナウイルス対策を十分に行ったうえで実施しました。

出前授業の内容は、オンボールスクリーン(ハンドオフ)をメインテーマにファンダメンタルからディフェンスに対する対応の紹介、実践練習を行いました。また、本校男子バスケットボール部の部員に出前授業の補助者として中学生へのバスケットボールの指導や見本、ゲームの相手等の協力をしてもらいました。

今回、出前授業を初めて実施させていただきましたが、祇園中学校の顧問の先生やコーチ、保護者の方々、そして、中学生自身が「楽しかった」と話してくれてやって良かったと感じました。
今回、ご依頼いただきました祇園中学校男子バスケットボール部のみなさんありがとうございました。
 

日 時 令和2年10月10日(土)13時30分~17時00分
参加者 祇園中学校男子バスケットボール部
場 所 祇園中学校
内 容 出張バスケットボール教室
(オンボールスクリーン(ハンドオフ)について)
担 当 大山泰史講師(基幹教育科体育)
補助:佐世保高専男子バスケットボール部

 

令和2年度

「こばと学童クラブ」で出前授業を行いました

令和2年8月18日に「こばと学童クラブ」で出前授業を行いました。1年生・2年生は「オリジナルキーホルダー作り」、3年生以上は「コイルでトレイン・トレイン♪」にチャレンジしました。

みんな礼儀正しく元気な挨拶で迎えてくれました。1年生・2年生は、自分の好きな絵や今流行っているマンガのキャラクターの絵を上手にキーホルダーにしていました。また、3年生以上は、磁石と電気の関係について学びながらモーターを作ったり、コイルトレインで遊んだりしました。

「楽しかったのでまたやりたい」、「焼いたらちっちゃくなったからびっくりした」、「モーターは難しかったけど回ったのでよかった」、「不思議だった」といった感動や発見がありました。出前授業の最後にも、みんなで元気にお礼を言ってくれたり、後日、感想文をもらえて励みになりました。

日 時 令和2年8月18日(日)10時00分~11時30分
参加者 小学生(1年生・2年生)20名
小学生(3年生以上)13名
場 所 こばと学童クラブ
内 容 「オリジナルキーホルダー作り」(1年生・2年生)
「コイルでトレイン・トレイン♪」(3年生以上)
担 当 柳生 義人 准教授(電気電子工学科)

 

令和2年度

「愛和学童クラブ」で出前授業を行いました

令和2年8月7日に「愛和学童クラブ」で出前授業を行いました。

長崎県五島市沖に建設されている、洋上浮体式風力発電設備をモデルにした「ペットボトル風車」づくりにチャレンジしました。扇風機の風の力で風車を回して、発電した電気でLEDが光ると、みんなうれしそうな表情になっていました。

ペットボトル風車をつくった後、「ちょっと難しかったけど、楽しかった」、「モーターの働きがわかった」、「扇風機でLEDが光ったのがおもしろかった」などの感想をもらいました。洋上浮体式風力発電のことや、風を使った発電について、興味を持ってくれていたようでした。

ペットボトル風車づくりは、日本財団助成事業「海と日本プロジェクト」の一環として、「海を活かす技術の小中校生向けワークショップ(長崎海洋産業クラスター形成推進協議会)」との共催で実施しました。
日 時 令和2年8月7日(火)11時00分~12時30分
参加者 小学生(3年生以上)16名、 園長先生、支援員の先生
場 所 愛和学童クラブ
内 容 ペットボトル風車づくり
担 当 柳生 義人 准教授(電気電子工学科)

 

令和2年度

「愛和学童クラブ」でリモート出前授業を行いました

令和2年8月7日に「愛和学童クラブ」でリモート出前授業(試行)を行いました。担当講師は本校からオンラインで愛和学童クラブとつなぎ、遠隔で「超かんたんモーターづくり」にチャレンジしました。

双方向で進められるように問いかけに答えてもらったり、作業している手元をWebカメラで大きく写したりしながら進めていきました。画面を通じて手順を説明したり、お互いにコミュニケーションをとりながら進めることが出来たように思います。今回、はじめてリモートで出前授業を行いましたが、「画面が大きくて、声も聞こえやすかったです」、「教室だと遠くて見えにくいけど、遠隔だとわかりやすかった」、「パソコンの向こうでモーターを回すとき、アップで見やすかった」、「回すときのコツが分かり難かった」などの感想や意見をもらいました。リモートではちょっとしたコツなどは伝わり難かったので、これから改善していこうと思います。

 

日 時 令和2年8月7日(火)10時00分~11時00分
参加者 小学生(3年生以上)16名
場 所 愛和学童クラブ
内 容 リモート出前授業「超かんたんモーターづくり」
担 当 柳生 義人 准教授(電気電子工学科)
愛和学童クラブ園長先生、支援員の先生

 

令和元年度(平成31年度)

有田町立曲川小学校で出前授業を行いました

曲川小学校放課後子ども教室(さくらキッズ)にて、出前授業を行いました。

液体窒素の実験では、カーネーションがバリバリになる様子を見てもらったり、風船やピンポン玉を入れるとどうなる?熱いお湯を入れるとどうなる?というのを見てもらいました。
予想と違う変化にみんな驚いたようで、「もう1回見たいーー!!」とリクエストもいただきました。

スライムは、コンタクトレンズの洗浄液を使ったスライムづくりに挑戦してもらいました。
なかなか苦戦したようで、ちょっと固めのスライムが出来上がっていましたが、独特の触り心地を楽しんでいる様子でした。
子どもたちはまだまだスライムを作りたかったようなので、ぜひ本校のイベントにも参加してもらえればと思います。

地域サポーターの皆様にもたくさんご協力いただき、誠にありがとうございました。

 

日 時 令和2年1月22日(水)15時30分~16時30分
参加者 小学1~6年生23名、地域サポーター
場 所 曲川小学校 体育館
内 容 液体窒素実験、スライムづくり
担 当 藤井奈穂子(技術室)