佐世保工業高等専門学校 > 学校開放事業 > おもしろ実験大公開

おもしろ実験大公開

令和3年度 おもしろ実験大公開”ミニ”を開催します


ロボットや電気、音、光、化学、機械など、様々な実験やものづくりを通じて、自然の不思議や科学の面白さに触れてみませんか?
興味のある方は、是非お越しください!

 

※1人1つを原則といたしますが、応募状況によっては調整させていただく場合がございます。(申込フォームでは、第2希望までご選択できます。)

※ 期間内に定員に達しない場合は、募集期間後も引き続き募集を行います。状況は、このホームページでご確認ください。

※ 新型コロナウイルス感染症による影響や、台風等の自然災害により講座を延期または中止する場合は、本校ホームページにてお知らせいたします。

※ 当イベントへ参加するに当たっての往路・復路移動途中や敷地内、開催時間内において発生した事故や怪我などの責任を負いかねますことをあらかじめご了承ください。

 

 

おもしろ実験大公開“ミニ”ポスター(令和3年度)

 

 

募集要項:実施学科名をクリックすると、募集要項を見ることができます。

申込フォーム:をクリックすると、実施学科ごとの申込フォームが開きますので、必要事項を入力の上、お申し込み下さい。

※申込みの直後に自動返信メールが届きます。「迷惑メール」等のメール受信拒否設定をされている場合は、申込みの前に「kikaku@st.sasebo.ac.jp」からのメール受信許可設定を必ず行ってください。

実施学科名・募集要項 開催日時
対象 定員
テーマ名 募集期間
申込フォーム
1 電気電子工学科(午前の部) 10/23(土) 10:00~12:00
小学生~中学生
※高校生、一般の方は見学のみ
20人
ペットボトル風車で発電、
3Dプリンタでキーホルダー作り、
プログラミングでドローン飛行  など
10/7(木) ~ 10/15(金)
2 電気電子工学科(午後の部) 10/23(土) 13:30~15:30
小学生~中学生
※高校生、一般の方は見学のみ
20人
午前の部(No.1)と同様の内容です 10/7(木) ~ 10/15(金)
3 物質工学科(午前の部) 8/22(日) 10:00~12:00
開催中止
小学生~中学生
※高校生、一般の方は見学のみ
12人
光るイクラ・動くイクラ作り、
ぷにょぷにょカプセル作り
6/7(月) ~ 7/9(金)
定員に達しました
4 物質工学科(午後の部) 8/22(日) 14:00~16:00
開催中止
小学生~中学生
※高校生、一般の方は見学のみ
12人
おもしろ電池作り、
分子のキャッチボール
6/7(月) ~ 7/9(金)
定員に達しました
5 電子制御工学科 8/26(木) 9:30~12:30
開催中止
小学生~中学生
※高校生、一般の方は見学のみ
25人
イジワルAIとゲーム対戦、
VRとAR体験、
傘ラジオ  など
6/7(月) ~ 7/9(金)
定員に達しました
6 機械工学科 9/12(日) 9:00~12:00
開催中止
小学生~中学生
※高校生、一般の方は見学のみ
40人
レゴロボット博士、
指のレプリカ作り、
音でワイングラスを割ろう など
6/7(月) ~ 7/9(金)
定員に達しました

 

公開講座・一般教養講座へのお申込みはこちらから

 

 


※個人情報のお取扱いについて

申込フォームにより取得する個人情報は、本イベントに係る受付事務、これに伴うご連絡及び個人を特定しない統計的集計のみに利用し、他の目的には一切使用いたしません。

 

【申込・問合せ先】
総務課企画係
〒857-1193 佐世保市沖新町1番1号
TEL:(0956)34-8415 / FAX(0956)34-8409
E-mail:kikaku(at)sasebo.ac.jp
※(at)は@に置き換えてください

令和3年度

令和3年度公開講座・一般教養講座およびおもしろ実験大公開ミニ(夏季開催分)の開催を中止します

この度の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、8月9月開催予定の公開講座・一般教養講座およびおもしろ実験大公開ミニの開催を中止させていただきます。

参加を予定されていました皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

※開催中止に関する通知メールを8月17日(火)に各参加者へ送信しております。

おもしろ実験大公開

「令和2年度 おもしろ実験大公開”ミニ”」を開催しました ~基幹教育科~

おもしろ実験大公開“ミニ”(基幹教育科)

【開催日時】令和2年12月12日(土) 13:30~16:30

 

基幹教育科では、科学のおもしろさを体験できる以下のテーマで「おもしろ実験大公開“ミニ”」を開催しました。今年は小学生39名が参加してくれました。

①ヘリウムガスを吸って声を出してみよう!
 ②割りばしとひもで作った知恵の輪をはずせ!
 ③長さの違う振り子ひとつだけを揺らせるかな?
 ④紙コプターを作ってあそぼう!
 ⑤針金ハンガーで十円玉を回してみよう!
 ⑥ドラム缶つぶし
 ⑦改良版スーパースライム作り
 ⑧プラバンアクセサリー作り
 ⑨液体窒素の実験
 ⓾虹色時計反応の実験

新型コロナウイルス感染症対策の為、ご来場の皆様にご迷惑をおかけした面もありましたが、会場は笑顔であふれていました。
また、当日は学生16名がスタッフとしてサポートしてくれました。

 

おもしろ実験大公開

「令和2年度 おもしろ実験大公開”ミニ”」を開催しました ~電気電子工学科~

おもしろ実験大公開“ミニ”(電気電子工学科)

【開催日時】令和2年8月22日(土) 10:00~12:30

 

電気電子工学科では、電気の魅力を感じてもらえるよう「体験コーナー」、「ものづくりコーナー」をつくって、遊びながら学んだり発見したりしてもらいました。

①でんき体験コーナー

・プログラミングでドローンを飛ばそう!
・手回し発電カーレース
・カミナリツアー⚡:迫力満点カミナリをみよう!
・光糸電話:音を光で伝えよう!
・エレベーターの仕組み
・レインボーめがね:発光ダイオードLEDでつくっためがねをかけよう!
・プラズマをみてさわってみよう!
・ジャンボタニシの殻(特別展示):電気の力でジャンボタニシをやっつけよう!

②ペットボトル風車づくり

海に浮かぶ風力発電所をつくってみよう!

③手づくりラジオ

自分の手で本物のラジオをつくってみよう!

今年は例年よりも小規模で開催し、小学1年生~中学2年生まで13名が参加してくれました。みんな興味津々にドローンの操縦や手づくりラジオ、ペットボトル風車など楽しんでくれていました。当日は、電気電子工学科4年生9名の学生にサポートしてもらい、分からないところを聞いたり、高専ってどんなとこ?という話もしたりしていました。イベントの最後には、「全部の内容が楽しかった」、「学生さんに丁寧に教えてもらえたので理解できた」、「ドローン最高!」といった感想をもらいました。また、高専に遊びに来てくださいネ♪

ペットボトル風車づくりは、日本財団助成事業「海と日本プロジェクト」の一環として、「海を活かす技術の小中校生向けワークショップ(長崎海洋産業クラスター形成推進協議会)」との共催で実施しました。

 

 

おもしろ実験大公開

「令和2年度 おもしろ実験大公開”ミニ”」を開催しました ~電子制御工学科~

おもしろ実験大公開“ミニ”(電子制御工学科)

【開催日時】令和2年8月21日(金) 9:30~12:30

 

今年度は新型コロナウイルス感染症防止のために、小規模なおもしろ実験大公開“ミニ”を学科毎に開催しました。

電子制御工学科では、

①コンピュータに文字を読ませよう
②仮想現実(VR)を体験しよう
③拡張現実(AR)を体験してみよう
④イジワルAIとゲームで遊んでみよう
⑤ロボットであそぼう
⑥傘でラジオを聞こう
⑦指のレプリカを作ってみよう
⑧テルミンで音楽を奏でてみよう
⑨Toio(卒業生のSony田中さん作)を使って遊んでみよう
⑩3Dプリンタでもの作りを学ぼう

の10個をテーマとして、おもしろ実験大公開“ミニ”を開催しました。

今年は、ソーシャルディスタンスを取り、三密にならないように配慮して、参加人数を絞っての開催でしたが、参加者20名・見学者16名の方々が参加してくれました。来てくれた子供達は初めはみんな緊張していましたが、次第に笑顔になり、最後は歓声があがりました。夏休みの楽しい思い出になればと思います。なお、補助ボランティア学生として、電子制御工学科5年生の12名が手伝ってくれました。

 

おもしろ実験大公開

「令和元年度 おもしろ実験大公開”ミニ”」を開催しました ~一般科目~

おもしろ実験大公開“ミニ”(一般科目)

【開催日時】令和元年8月25日(日) 13:30~16:30

 

令和元年8月25日(日)、一般科目で「おもしろ実験大公開ミニ」を開催しました。
当日は127名の参加があり、以下のテーマでものづくりを体験しました。

・「放射線が飛んでいるところを見てみよう!」
・「ペットボトルでミニ水族館をつくろう!」
・「いろいろなものでドレミファソラシド♪」
・「鏡で映す姿が変わる『変身立体』をつくろう!」
・「改良型スーパースライムをつくろう!」
・「プラバンアクセサリーをつくろう!」
・「レインボーはちみつレモンソーダをつくろう!」

学生スタッフとして27名がサポートしてくれました。

放射線が飛んでいる様子 ミニ水族館作りの様子
「いろいろなものでドレミファソラシド♪」 改良型スーパースライム作りの様子
「変身立体」をつくろう① 「変身立体」をつくろう②
レインボーはちみつレモンソーダ作りの様子 プラバンアクセサリー作りの様子

おもしろ実験大公開

「令和元年度 おもしろ実験大公開”ミニ”」を開催しました ~物質工学科~

おもしろ実験大公開“ミニ”(電気電子工学科・物質工学科)

【開催日時】令和元年8月24日(土) 午前の部/10:00~12:00 午後の部/13:30~15:30

 

令和元年8月24日(土)に電気電子工学科と物質工学科の2学科合同で「おもしろ実験大公開“ミニ”」を開催しました。

当日はあいにくの雨でしたが、午前と午後合わせて122名の参加がありました。参加者は「電気の広場」と「化学の広場」で、それぞれ電気や化学に関するものづくりや展示を体験しました。

「化学の広場」では、参加者が以下の2つのテーマを体験しました。

〇「カラフル透明石けんを作ってみよう!」
・溶かしてかためるグリセリンソープに、自分の好きな色と香りをつけて、カラフルな自分だけのオリジナル石けんをつくりました。

〇「人工イクラを作ってみよう!」
・カルシウムが溶けている溶液に、昆布などに含まれているアルギン酸の溶液をたらすとゼリー状に固まる原理を使って、光るイクラや動くイクラをつくりました。

学生スタッフとして、物質工学科の2年生6名、3年生11名、4年生4名、5年生8名が、実験のサポートをしてくれました。

 

おもしろ実験大公開

「令和元年度 おもしろ実験大公開”ミニ”」を開催しました ~電子制御工学科~

おもしろ実験大公開“ミニ”(電子制御工学科)

【開催日時】令和元年8月27日(火) 9:00~12:30

 

子供から大人までを対象にしておもしろ実験大公開ミニを令和元年8月27日(火)に実施しました。

電子制御工学科では、

①コンピュータに文字を読ませよう
②仮想現実(VR)を体験しよう
③拡張現実(AR)を体験してみよう
④イジワルAIとゲームで遊んでみよう
⑤ロボットであそぼう
⑥傘でラジオを聞こう
⑦指のレプリカを作ってみよう
⑧テルミンで演奏してみよう

のテーマを中心に出展しました。

夏休み中だったので、多くの子供達が参加してくれました。
夏休みの思い出の一つになったかな?

本校の補助学生からは、子供達がとてもかわいく楽しい時間だったと話しがありました。
子供達の笑顔でいっぱいになり、楽しい時間をすごせました。

 

<みんな楽しんでくれたようです>

おもしろ実験大公開

「令和元年度 おもしろ実験大公開”ミニ”」を開催しました ~電気電子工学科~

おもしろ実験大公開“ミニ”(電気電子工学科・物質工学科)

【開催日時】令和元年8月24日(土) 午前の部/10:00~12:00 午後の部/13:30~15:30

 

令和元年8月24日(土)に電気電子工学科と物質工学科の2学科合同で「おもしろ実験大公開“ミニ”」を開催しました。

当日はあいにくの雨でしたが、午前と午後合わせて122名の参加がありました。参加者は「電気の広場」と「化学の広場」で、それぞれ電気や化学に関するものづくりや展示を体験しました。

「電気の広場」では、参加者が以下のテーマを体験しました。

〇ものづくりテーマ
・ペットボトルを使って浮体式風力発電機(ペットボトル風車)を作ってみよう!
(日本財団「海と日本PROJECT in ながさき」様よりキットを提供いただきました)

〇展示テーマ
・手作りモーターでミニ電気自動車を動かそう!
・手回し発電機でレースをしよう!
・人工オーロラを見てみよう!
・LEDの光を観察する
・光糸電話の実験
・電気の力でジャンボタニシをやっつけよう!
・自転車発電でかき氷を食べよう!

学生スタッフとして、電気電子工学科の2年生5名、3年生18名が、ものづくりや展示のサポートをしてくれました。

 

浮体式風力発電に関する講義の様子 ペットボトル風車作りの様子(1)
ペットボトル風車作りの様子(2) 作ったペットボトル風車に風を当てて
発電した電気でLEDを光らせている様子
手回し発電機レースの様子 人工オーロラ
光糸電話の実験の様子 ジャンボタニシ
自転車発電で発電した電気でかき氷を作って参加者が涼を取る様子

平成30年度

「第23回 おもしろ実験大公開!」を開催しました

平成30年11月18日(日)に、本校の一大イベントである学校開放行事「おもしろ実験大公開!」を開催しました。

このイベントは、実験や観察、ものづくりを通し、自然の不思議や科学の面白さを体験してもらうことを目的として毎年開催しており、今年で23回目を迎えました。

前回と同様に来場希望の方には事前登録をお願いしていたため、大きな混乱もなく、53種類のブースはいずれも、子ども達の笑顔であふれていました。

ご来場下さった地域の方々(特に子ども達)は、さまざまな実験(超低温、ヘリウムガス、重さくらべ、光糸電話、手回し発電機レース、音でグラスを割る、など)、観察(放射線の飛跡、人工オーロラ、カミナリ、など)、ものづくり(指のレプリカ、スーパースライム、紙ブーメラン、紙ひこうき、風車、コットンボール、カレンダー、まがたま、七宝焼き、金属キーホルダー、歯車キーホルダー、など)、体験(ロボコン、自分を引き上げる、棒人間、VRとAR、など)を思い思いに楽しみ、驚きや喜びの声をあげていました。

 

改良型スーパースライムをつくろう! ザリガニロボットをつくろう!
ロボットコンテストの迫力を目の前で見よう! 古代のアクセサリー「まがたま」を作ろう!
手回し発電機でレースをしよう! 空気の力でドラム缶をつぶしてみよう!