佐世保工業高等専門学校 > ニュース&トピックス > 令和2年度 > 高専ワイヤレスIoTコンテスト2020に採択されました

令和2年度

高専ワイヤレスIoTコンテスト2020に採択されました

総務省が主催する高専ワイヤレスIoTコンテスト2020(WiCON2020)に、電気電子工学科の学生チームが採択されました。

本コンテストは、総務省が我が国におけるワイヤレスサービスの発展、並びに第5世代移動通信システム(5G)の実現に向けて、研究開発・総合実証試験の推進、国際連携・協調の強化のもと、地域に密接しつつ高度な技術者を育成している高等専門学校で育まれている学生の技術力や独創的なアイデアを、地域におけるワイヤレスIoT及び5Gを含めた電波事業の新たなサービスに繋げていくことを目的に設立されました。

この度、電気電子工学科チームの、長崎県対馬市で問題となっている外来種ツマアカスズメバチをIoT技術を用いて駆除支援を行うシステムを開発、という研究テーマが採択されました。本研究は、虫の羽音(飛行音)をセンシング解析することで飛行している虫を特定、その生息分布を明らかにするという研究です。

本研究は教員ではなく、学生が主体となって進めていくことになります。関係機関との調整や連携など、教室では学べないことを通して大いに成長してくれることを期待しています。

 

【研究テーマ名】音で森を見える化 -羽音センシングによる害虫防除-

【研究期間】  2020年8月から2021年3月まで

【研究助成額】 2,750千円

【チーム名】  iha_labo

【メンバー構成】
複合工学専攻(電気電子工学系)1年  道上 竣介(研究代表)
電気電子工学科5年  矢野 竜之介
電気電子工学科4年  出井 和音
電気電子工学科1年  田中 陽樹

 
参考URL:
高専ワイヤレスIoTコンテスト2020 https://kosen-iot-contest.jp/index.html
総務省プレスリリース https://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/200807-1-0_.html