佐世保工業高等専門学校 > 学校開放事業 > 出前授業 > 平成21年度 > 訪問授業(理科実験教室) 東彼杵町立彼杵小学校にて

平成21年度

訪問授業(理科実験教室) 東彼杵町立彼杵小学校にて

 長崎県が実施している「理科支援特別講師派遣事業」の一環として、
訪問授業(理科実験教室)を行いました。
彼杵小学校では昨年も訪問授業を実施しており、昨年とは異なる内容の授業を計画しました。

授業内容は次のとおりです。

日時 平成21年10月20日(火)14:15~15:30まで
場所 東彼杵町立彼杵小学校体育館
対象 小学校5,6年生72名
担当 一般科目物理科の森保仁准教授

 

(1)

音の不思議を感じよう!

音の高低の違いを知る、声の形を見る、ヘリウムガスを吸う、音速を測る、など

(2)

楽しい工作やびっくり実験をしよう!

ストロートロンボーンの製作、水素エネルギーのパワーを知る

 

訪問授業終了後、子供たちから以下のような声が聞かれました。

  • メロディパイプの音が鳴るしくみがわかって、すごいなーと思いました。
  • ばね電話は、スターウォーズのレーザーガンのような音がしたので、びっくりしました。
  • 「あ、い、う、え、お」の声には、それぞれ形があることがわかって、とても驚きました。
  • ヘリウムガスを吸って声を出したら本当に声が変わったので、とてもびっくりしました。
  • ヘリウムガスを吸うとなぜ声が変わるのか、この授業でわかったのでうれしいです。
  • ストロートロンボーンは、ストローと綿棒だけで高い音も低い音も出せたのでびっくりしました。
  • 水素と酸素を混ぜるとあんなになるとは思わなかった。水素のパワーはすごいなぁと思いました。

写真1 写真2

写真3 写真4