佐世保工業高等専門学校 > 学校開放事業 > 出前授業 > 平成21年度 > 訪問授業(理科実験教室)-佐世保市立中里中学校にて

平成21年度

訪問授業(理科実験教室)-佐世保市立中里中学校にて

      平成21年12月14日(月)午後(13:45~15:35)、中里中学校PTAの依頼により、中里中学校体育館にて訪問授業を行いました。
 講師は、本校機械工学科の福田孝之教授、本校一般科目物理科の森 保仁准教授、本校技術室の原 久之技術職員の3名が担当しました。
 また、保護者の方や中学校の先生方も手伝って下さいました。

 

当日は、中学校3年生の119名を対象として、次のような内容の授業を行いました。
 (1)力学の不思議を体感しよう! (バネの性質、定滑車と動滑車を使って自分を持ち上げる!、力のモーメント、など)
 (2)超低温の世界を体感しよう! (色々なものをカチコチに!、フィルムケースロケット、超伝導体の性質、など)
(1)は福田教授が担当し、(2)は森准教授と原技術職員が担当しました。

 

訪問授業終了後、子供たちから以下のような声が聞かれました。
 ・自分で自分を持ち上げるなんてできるわけないと思っていたから、持ち上がるのを見てびっくりしました。
 ・磁石の上で超伝導体が浮かんだときは感動しました。科学に対してとても興味がわきました。
 ・シャープペンの芯を液体窒素の中で光らせたのは、とても綺麗で幻想的でした!
 ・見るだけではなく、実際に自分も体験することができ、楽しく授業に参加することができました。
 ・理科への興味が一層増したので、高専に行ってからもっともっと勉強をしたいと思いました。
 ・とにかく全部の実験がとっても楽しかったです。高専に行きたくなりました。

写真1 写真2

写真3 写真1-2