佐世保工業高等専門学校 > 学校開放事業 > 出前授業 > 平成21年度 > 九十九島水族館「海きらら」において物作り実験を実施しました

平成21年度

九十九島水族館「海きらら」において物作り実験を実施しました

   平成22年2月6日(土)に、九十九島水族館「海きらら」において
物作り実験を行いました。

 このイベントは、「海きらら」で偶数月に開催している「九十九島
工房」の取組の一環として行われています。
 今回は「ふわふわ電気クラゲ」と「すくすくのびるよ!~人工
サンゴ~」、「うなぎブーメラン」の3つの実験を行いました。

 実験の補助は物質工学科の女子学生3名が担当しました。学生の
ていねいな説明や指導により、子どもたちが楽しそうに取り組んで
いたのが印象的でした。

 また、今回はリピータの方にも参加いただき、少しずつではあり
ますがこの実験の認知度が増えていることを実感しました。

 なお,今回で今年度の取り組みは終わりますが、来年度も同じ
取組を行う予定です。その際は多数の参加をよろしくお願いします。

(九十九島工房のページ)
http://www.pearlsea.jp/umikirara/99_koubou.html

日 時  平成22年2月6日(土) 
      10:00~11:30
      13:00~14:30

場 所  九十九島水族館「海きらら」

内 容  「ふわふわ電気クラゲ」
    「すくすくのびるよ!~人工サンゴ~」
    「うなぎブーメラン」

担 当  澤田 彰、森 晴樹、熊井 悠城(技術室)

補助学生 物質工学科4年生(3名)

写真1 写真2

写真3