佐世保工業高等専門学校 > 一般教養講座

一般教養講座「哲学カフェ」(言葉って何?)

 平成17年10月2日、佐世保市光月町のイタリアンレストラン「Portofino」にて、佐世保で、長崎で、そして九州で(?)はじめての「哲学カフェ」を開催しました。進行役(ファシリテーター)は、本校一般科目哲学科助教授の川瀬雅也が担当しました。

  「哲学カフェ」とは、哲学的なテーマを、哲学の専門用語を使わずに、日常的な言葉で話し合い、対話を通して、考えを深めたり、視野を広げたりしようという場です。しばしば、喫茶店やレストランを会場にして、お茶を飲みながら気楽に話し合いをします。
  第一回目になる今回のテーマは「言葉って何?」。 この奇抜で、目新しく一味違った催しに、三人の方が参加してくれました(申込者は五名)(主催者側世話人二名も参加)。ヨーロッパやアメリカでは盛んに行われていますが、日本ではまだまだ少ししか行われて いない企画のため、参加者は少数でしたが、実に実りある話し合いが持たれ、笑いも交えながら、楽しく、 しかも、真剣な雰囲気で、二時間があっという間に過ぎてしまいました。
 私たちは普段、いつでも「言葉」を使っていますが、その「言葉」について立ち止まって考えてみる機会というのは実に少ないものです。この機会に「言葉」について意見や思いを語り合った結果、「言葉」の様々な局面が浮かび上がってきました。

「言葉は生き物だと言われるが、言葉の乱れを放置していいのか」
「言葉は、プロパガンダにも使われれ ば、人の心を癒す効果も持つ」
「声や文字に表れ、見えたり聞こえたりするのでない言葉、内面的な言葉が大きな力をもつことがある。
 ただ誰かのそばにいてあげるだけで、それが大きなメッセージにもなる」

「でも、言わなければ分かってもらえないこともある」
「身近な人に対してこそ、言葉を大切に扱いたい」
「言葉はコミュニケーションの一部であり、表情や身振りなどの他の手段によって補われるもの」・・・。

 当然、「これこそが言葉だ」という答えはありません。しかし、言葉についてだけで、こんなに話題があり、しかも、言葉がこんなに多様な局面をもつものだとは参加者も思ってもみなかったようです。参加者のみなさんには十分に満足していただけたようです。

「くつろいだ雰囲気で、思ったことを話せた」、「虚心にお互いの思いを述べられた」、「言葉について実に深く考えられた」などという感想をいただき、「哲学カフェ第二弾」への期待も寄せていただきました。

一般教養講座(哲学カフェ)を開催します

佐世保高専   公開講座・一般教養講座 (平成17年度)

一般教養講座(講座名をクリックすると、概要が見られます。)

</ TR

講 座 名

日 時

対象者

募集定員

場   所

講 習 料

概 要

哲学カフェ -言葉って何?-

10月2日(日)

14 : 00 ? 16 : 00

市民一般

15人

Ristorante Portofino
( ホテル Lotus House 1F) 佐世保市光月町 8-17

無料
( 個人の飲食代のみ)

忙しい日常生活の中では、なかなか人間関係の根本的な問題について考えたり話し合ったりする機会がないもの。「哲学カフェ」は、そうした問題を哲学の専門知識なしにお茶でも飲みながら気軽に話し合う場です。私たちが日常使っている「言葉」ってどんな意味があるのか参加者で話し合ってみましょう 。

哲学カフェ受講申込書 ( WORD形式  PDF形式 )

 

 ※ 受講を希望される方は、事前に電話で御連絡の上所定の申し込み用紙により9月22日 ( 木 ) までに下記宛お申し込みください。
なお、定員になり次第 受付を締切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
また、9月28日頃に受講の決定を通知します。

  

【申込・お問い合わせ先】〒857?1193 佐世保市沖新町1番1号
佐世保工業高等専門学校 庶務課企画室
TEL(0956)34?8415 FAX(0956)34?8409

一般教養講座  「ABCシリーズ ?Travel Abroad?」

abc1.jpg abc2.jpg

 平成17年8月22日?26日の 5 日間にわたり、一般市民を対象とした「ABCシリーズ」を本校の談話室で実施しました。講師は、同校非常勤講師のエイダ・ポマレ先生が担当し、補助講師を本校一般科目の松尾 秀樹先生が務め、5名の方が参加されました。
  受講者の方はエイダ先生の講義や、また先生の出身国であるニュージーランドの話、モンゴルからの留学生のブヤン君の話などに熱心に耳を傾け、和やかな雰囲気の中での講座となりました。

講座終了後のアンケート調査では

「熱心に教えていただいた」
「ニュージーランドなどの話が聞けて楽しかった」
「海外旅行へ行きたくなった」
「また受講したい」

等の声が聞かれました。

一般教養講座 親子おもしろ実験教室 ‐身近にある科学の不思議‐

 

 平成17年8月3日(水)、佐世保高専主催で、一般市民を対象とした「一般教養講座 親子おもしろ実験教室 ?身近にある科学の不思議?」を、佐世保高専の物理実験室および化学実験室で実施しました。
 本校一般科目物理科の森保仁助教授が講義と実験を担当し、本校学生課の原久之技術専門職員が実験を担当しました。19家族46名(親19名、小学生27名)が参加し、大変にぎやかな実験教室となりました。

実験講座では、以下の5つの実験を3時間の予定で行いました。
  ?声がきれいに響くエコーマイクを作ろう!
  ?くるくる回るストロー浮沈子を作ろう!
  ?空気の力でアルミ缶をつぶそう!
  ?電気の力でおいしい蒸しパンを作って食べよう!
  ?手作りの牛乳パックカメラで写真を撮ろう!

最後は予定時間を45分もオーバーしてしまいましたが、親子が協力して最後まで楽しみながら工作や実験に取り組んでいました。

講座終了後、参加した子供たちからは、次のような声が聞かれました。
  ・たくさん実験ができてとても楽しかった
  ・空気の力でアルミ缶がものすごくつぶれて驚いた
  ・牛乳パックからこんなに面白いカメラができてビックリした
  ・こんな簡単なカメラなのに本当に写真が撮れるので、家に帰ってやってみたい

また、一緒に参加して下さった親の方々からは、次のような声が聞かれました。
  ・電気で蒸しパンができるのにはビックリしました
  ・家庭では実験などできないと思っていましたが、講習を受けできそうな気がします
  ・作ったものですぐに実験の結果を体感できる点がわかりやすく楽しかったです

一般教養講座 「絵本を味わう」

e1.jpg e2.jpg

 平成17年8月2日、一般市民を対象とした「絵本を味わう」を本校の視聴覚教室で実施しました。講師は、同校一般科目の柴山 仁子助教授が担当し、18名の方が参加されました。
 受講者の方は展示してある絵本を見たり、熱心に先生の講義に耳を傾けていました。

講座終了後のアンケート調査では

「たくさんの絵本を紹介して頂いて参考になった」
「絵本の奥深さが分かった」
「手作り絵本を試してみたい」
「また受講したい」

等の声が聞かれました。

一般教養講座 中高年登山者のための読図教室

cd1.jpg cd2.jpg

 平成17年7月26,27日、一般市民を対象とした「中高年登山者のための読図教室」を本校の視聴覚教室で実施しました。講師は、同校一般科目の牧野 一成助教授が担当し、24名の方が参加されました。
 2 日間という長丁場にもかかわらず、受講者の方は熱心に先生の講義に耳を傾けていました。

講座終了後のアンケート調査では

「コンパスの使い方や地図の見方がよく分かった」
「自己流でやっていた事をきちんと教えてもらい勉強になった」
「また受講したい」
「今度は屋外での講座をお願いします」

等の声が聞かれました。