「PBLを柱としたキャリア教育システム構築」事業評価委員会を開催しました

   本校では、平成22年3月16日(火)14時から「PBLを柱としたキャリア教育システム構築」事業評価委員会を開催しました。
 この事業は、科学技術の更なる発展に貢献し得る創造豊かな人材の育成を目的としたキャリア教育を実施し、特に、工学技術者として必要な、主体性、情報収集、知識活用など実践的な能力の育成を行い、併せて、現実的なキャリアデザイン能力、人間力の向上を目指すもので、平成19年度から本年度まで実施しました。
 今回の評価委員会では事業関連企業の方や本校同窓会長、教員から構成される7名の評価委員から評価を受け、3年間の活動の総括を行いました。

写真1 写真2

写真3 写真4

写真5

仁荷(インハ)大学情報技術工学院と学術交流協定を締結しました

  本校は、韓国仁荷(インハ)大学情報技術工学院と学術交流協定を締結しました。
調印式は平成22年3月11日(木)佐世保高専において実施され、佐世保高専からは、井上雅弘校長、須田副校長らが、仁荷情報工技術工学院からはパク学院長、シン副学院長が出席し、学術交流協定書に調印しました。
本校では平成21年度より【文部科学省大学教育推進プログラム「国際的協業による実践的若年技術者の育成」】事業を実施しており、今回の学術交流協定締結を機に、両校間の「国際的感覚に優れた技術者の育成」を目的とした共同研究や、学術交流、学生交流等事業のさらなる活発化が期待されます。

写真1 写真2

「佐世保高専独自の取りくみ」を更新しました

「佐世保高専独自の取りくみ」を更新しました。くわしくは、こちらへ。

契約一覧表を更新しました

「企業・一般の皆様へ」の契約一覧表を更新しました。くわしくは、こちらへ。

平成22 年度 入学試験合格発表

平成22 年度 入学試験合格発表 くわしくはこちらへ。

学力検査の「理科」における採点上の取り扱いについて

学力検査の「理科」における採点上の取り扱いについて くわしくはこちらへ。

佐世保市体育協会スポーツ優秀賞を受賞しました

  平成22年2月19日(金)、親和銀行本店9階ホールで開催された平成21年度佐世保市体育協会スポーツ表彰式において、本校からスポーツ優秀賞(個人)1名、スポーツ優秀賞(団体)1クラブがそれぞれ表彰されました。
栄えある受賞者は次のとおりです。

 スポーツ優秀賞(個人)
2年 浅田 龍馬  第27回全九州高等学校新人陸上競技大会男子800m 優勝
 スポーツ優秀賞(団体)
女子バレーボール部 平成21年度第44回全国高等専門学校体育大会バレーボール競技 優勝

写真1 写真2

長崎県スポーツ奨励顕彰を受賞しました

  本校女子バレーボール部及び男子バレーボール部が長崎県スポーツ奨励顕彰を受賞

 去る平成22年2月15日(月)、長崎市のホテルニュー長崎3階「鳳凰閣」で開催された「平成21年度長崎県スポーツ教育長顕彰表彰式」において、全国高専体育大会で優勝した女子バレーボール部及び同大会で準優勝した男子バレーボール部が、長崎県スポーツ奨励顕彰を受賞しました。
 長崎県スポーツ教育長顕彰とは、「長崎県におけるスポーツ活動の奨励と普及・振興を図るため、スポーツ活動・生涯スポーツの各分野で成果をあげ、かつ功績のある個人・団体を讃え表彰を行うもの」で、今回は、その中の「各種全国大会で優秀な成績を収めた高校生を除く18歳以上の個人または団体」として長崎県スポーツ奨励顕彰を受賞したものです。
 女子バレーボール部は、少ない部員数にもかかわらずチームワークと粘りで、これまで本校と松江高専が持っていた連覇の記録(佐世保:平成11~12年度・平成19~20年度、松江:平成16~17年度)を更新し、史上初の大会3連覇を成し遂げました。
 男子バレーボール部は、地元大会のプレッシャーを力に変え、昨年度の同大会3位から見事に順位を上げて準優勝を成し遂げ、大会に華を添えました。

写真1 写真2

教員公募「電子制御工学科」を掲載しました

教員公募「電子制御工学科」を掲載しました。くわしくは、こちら

AED救命救急講習会を実施しました

    2月3日(水)、10日(水)のロングホームルームの時間を利用して2年生及び教職員を対象としたAED(自動体外式徐細動器=心臓のけいれんを止める道具)を用いた救命救急講習会を実施しました。
当日は、佐世保市中央消防署日宇出張所から5名の職員の方々にお越しいただき、心肺蘇生法の実施及びAEDの使い方について説明を受けたあと、5班に分かれ人形を使用して実技訓練を行いました。
今回の講習会は、学生主事室と安全衛生委員会で、学生及び教職員が事故や怪我などに遭遇した時に躊躇なく慌てずにAEDを使うことができるようにするために企画したもので、今後は全学生が受講できるように定期的に実施していく予定です。

写真1 写真2

写真3 写真4