伊万里市立滝野小中学校においてSPP事業を実施しました

 平成23年12月9日(金)、佐賀県伊万里市立滝野小中学校において中学生を対象とした「サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト事業(SPP)」及び小中学生を対象としたわたあめ作りを実施しました。

 SPP事業では中学2年生3名を対象とし「電気の作り方」と題して、ネオジウム磁石とエナメル線、光源として発光ダイオードを用いた技術職員手作りの蓄電発行回路を用い、本体を振ることで発光する懐中電灯を生徒自らの手で製作しました。長いエナメル線を筒に捲くコイル製作作業は巻き方などを工夫しながら最後まで頑張っていました。製作した懐中電灯が光ると学生達は大変喜んでいました。

 「鋳造体験」では小学1年生から中学生まで約30名を対象とし、鋳造に関する説明をした後に砂型をみんなで製作しました。まず模型を選び、3人組で一つの枠に仲良く砂を突き固め、次に難しい型抜きにも挑戦しました。出来上がった砂型にホワイトメタルを溶解し流し込むと、みんな初めて見る金属の溶ける様子に驚いていました。難しい作業でしたが、普段なかなかできない体験にみんな“どうなるんだろう”と楽しみながら笑顔で取り組んでいました。

 最後に職員手作りのわたあめ製造機を用い、美味しくて楽しい実験を行いました。中にはわたあめ製造機の構造に興味を持ち、原理などを質問する生徒達もいました。物質の状態変化も学ぶことができ大変好評でした。

 最後は子供達と給食を一緒に食べる機会を作っていただき、寒い中ではありましたが担当職員も一緒に楽しい時間を過ごす事ができて、大変良かったです。

 日   時  平成23年12月9日(金) 8:40~12:30
 場   所  佐賀県伊万里市立 滝野小中学校
 実験内容  (SPP)電磁誘導を用いた手作りライト製作、おもしろ鋳造体験
 担   当   (滝野小中学校)坂口輝明先生
         (技術室)久保川洋幸、山北久枝、茂木貴之、白石博伸

 

 

AED救命救急講習会を開催しました

   本校では、今年も後期中間試験最終日の平成23年12月9日(金)に、AED救命救急講習会を佐世保市中央消防署日宇出張所署員の指導の下に開催し、1年生170名及び新任教員を中心に教職員約20名が参加しました。

 講習会は、1年生を2クラス毎の2回に分けて実施し、最初に「人工呼吸」、「心臓マッサージ」などの心肺蘇生法及びAED使用方法について説明ビデオを観た後、参加者は8グループに分かれてダミー人形及びAEDトレーナーを使用した実技訓練を行いました。

 実技訓練では、参加者は心臓マッサージ及び人口呼吸をする人、消防署に通報する人、AEDを持ってくる人の3人一組で真剣に取り組み、学生のほとんど全員が実技を行うことができました。

 本校では、AED救命救急講習会を1年生及び教職員を対象に来年以降も継続して実施する予定です。

 最後に、消防署員の皆様には、講習会の途中に救急車の出動要請があるなどのお忙しい中、ご指導いただきありがとうございました。

   

   

佐世保市立猪調小学校で出前実験を行いました

 平成23年11月27日、佐世保市立猪調小学校にて出前実験を行いました。

 これは、第3学年のPTA行事の一環として出前実験を依頼されたものです。講師は、本校物質工学科の田中泰彦講師と、本校技術室の森晴樹技術職員の2名が担当しました。

 猪調小学校の3年生と保護者約50名が参加しました。はじめに、森技術職員が「化学マジック・液体窒素を使った演示実験」を行いました。体育館の床に広がってゆく液体窒素の様子の観察では、「アンコール!」の声がかかるほど好評でした。次に、田中講師が「発泡入浴剤づくり」と「風車づくり」を行いました。参加した子どもたちは、出来上がった風車を手に持って体育館内を駆けまわり、風車がクルクル回る様子を見て楽しんでいました。

日  時:平成23年11月27日(日)  9:30~11:30
場  所:佐世保市立猪調小学校
参加者:約50名(小学3年生とその保護者)
担  当:田中 泰彦(物質工学科)、森 晴樹(技術室)

 

図書館イベント情報 第6回ブックハンティングを実施しました

図書館イベント情報 第6回ブックハンティングを実施しました。くわしくは、こちらへ。

波佐見東小学校にて「科学の不思議!おもしろ実験教室」を実施しました

 平成23年10月30日(日) 10:00~12:00、波佐見町立波佐見東小学校の体育館にて「科学の不思議!親子おもしろ実験教室」を実施しました。これは、波佐見東小学校のPTA行事の一環として依頼されたものです。講師は、本校電子制御工学科の重松利信教授と,本校一般科目物理科の森 保仁准教授の2名が担当しました。

 波佐見東小学校の児童58名を低学年と高学年の2班に分け、前半45分は重松教授が低学年班を対象として『マイナス200℃の世界探検!』を実施し、森准教授が高学年班を対象として『音のおもしろ実験!』を実施しました。後半45分は班を入れ替えて、同様の内容の実験教室を実施しました。保護者の方も30名ほど来られ、学校の先生と合わせて約40名の方が実験教室に参加くださいました。小学校低学年の児童には少し難しい内容もありましたが、日頃見ることができない「液体窒素」や「ヘリウムガス」を用いたたくさんの実験を、みんな最後まで目を輝かせながら楽しんでいました。

 おもしろ実験教室終了後、子供たちから以下のような声が聞かれました。
  ・液体窒素の実験では、いろんなものがまたたく間に凍って、不思議だったし、びっくりしました。
  ・液体窒素をまいてみると雲ができて、さわると厚く浮いていたのですごかったです。
  ・ヘリウムガスの実験では、自分の声が想像以上に高くなって変わっていたので、とても面白かったです。
  ・音の速さのしくみがわかったので、楽しかったです。

 また、保護者の方々から以下のような声が聞かれました。
  ・親も笑顔が出る楽しい実験教室でした。子どもが高専に行けるようになってもらいたいです。
  ・子どもに、見たりさわったりさせることができてよかったなと思いました。
  ・わかりやすい説明や図、そして興味をひく実験で、子ども達も集中して楽しんでいたのでよかったです。

   

  

平成24年度 専攻科入学試験(学力後期)合格発表

平成24年度 専攻科入学試験(学力後期)合格発表。くわしくは、こちら へ。

本校ラグビー部 九州沖縄地区高専大会優勝!全国大会12回連続出場!

 2011年11月12日(土)からグローバルアリーナ(福岡県宗像市)で開催された第48回九州沖縄地区国立高専体育大会ラグビーフットボール競技において、本校ラグビー部は優勝し(12年連続、通算18回目)、来る全国大会(2012年1月4日~神戸・ユニバー記念競技場)に出場します。

 試合会場まで応援に駆けつけて下さった保護者、卒業生の皆様に感謝申し上げます。

※大会結果を久留米高専HPにて見ることができます。
 http://www.cc.kurume-nct.ac.jp/ON/S-SAD/sports_2011.html

※試合の様子(写真集)を本校ラグビー部HPに掲載しておりますのでどうぞご覧下さい。
 https://www.sasebo.ac.jp/~rugby/index.html

「第17回 自然は不思議 おもしろ実験大公開!」を開催しました

  本校の恒例行事である「自然は不思議 おもしろ実験大公開!」を、平成23年10月8日(土)に開催しました。
 今年で17回目となるこのイベントは、自然の不思議や科学の面白さを、実験や観察、ものづくりを通して体験してもらうことを目的として毎年開催しているものです。

 当日は好天に恵まれ、佐世保市内やその近郊から、家族連れの小学生や科学に興味のある中学生など、過去最高の2,368名の方々にお越し戴き、大変にぎやかな一日となりました。

 42種類の実験ブースでは、36名の教職員と227名の学生スタッフが実験指導や実験の解説をしました。
 参加した子ども達は、様々なテーマの実験(振動、発電、音、超低温など)、体験(ロボット鬼ごっこ、ブーメラン、ロボットの遠隔操作など)や、観察(シャボン玉、プラズマ、サーモグラフィーなど)、ものづくり(プラ板アクセサリー、指のレプリカ、切り紙アート、光るイクラなど)、食べ物づくり(電気蒸しパン、綿菓子)などを思い思いに楽しみ、驚きや喜びの声をあげていました。

 また、イベントの午前の部と午後の部の最後には、毎年恒例の「空気の力でドラム缶をつぶす実験」が行われ、参加者から大きな拍手と歓声がわき起こりました。 

 

白南風小学校で出前実験を行いました

 平成23年11月12日、佐世保市立白南風小学校『のびのびデー』にて出前実験を行いました。
 のびのびデーは同小学校育友会が主催する行事で、理科実験教室には約100名の小学生が参加しました。「マーブリングで模様を作ろう」、「芳香剤を作ってみよう」の実験を行いました。子どもたちは実験を楽しんでいました。また、本校4年生による化学マジックも好評でした。

 実験後、参加した子どもたちからは、次のような声が聞かれました。
 「マーブリングの絵の具を作れるなんてすごいと思った」
 「きれいな模様が写せてうれしかった」
 「粉と水を混ぜたらゼリーみたいになって不思議だった」
 「自分の好きな色と香りの芳香剤が作れて嬉しかった」

 日  時: 平成23年11月12日(土) 9:30~13:00
 場  所: 佐世保市立白南風小学校
 参加者: 約100名(小学1~6年生)
 担  当: 物質工学科 山崎隆志、越村匡博、5年物質工学科学生、4年物質工学科学生

  

 

平成23年度 第16回高専祭を開催しました

 平成23年11月5日(土)、6日(日)の2日間、「Share the SCT」をテーマに第16回高専祭を開催いたしました。今年は、3年に1度の高専祭で高専祭実行委員や学生会文化局をはじめ、多くの学生が協力して準備を進め、日頃の成果を十分に発揮した素晴らしい高専祭となりました。

 当日は小雨模様の中、多くのご来場者があり、各学科の展示やバザーに足を運んでいただきました。そして中夜祭ではイルミネーションのオブジェを設置したり、文化部の作品をライトアップする新たな企画により、例年と違う魅力的な演出となりました。 また、高専祭恒例のお笑いライブも大いに盛り上がり、多くの来場者は笑いの中、楽しい時間を過ごしていました。

 ご来場いただきました皆様には、最後まで楽しんで下さいましてありがとうございました。